飛鳥・奈良・平安

嫉妬に狂った鬼嫁? 藤原安子はなんだかんだで愛情深い美人では?

応和四年(964年)4月29日は、村上天皇の中宮だった藤原安子が亡くなった日です。

中宮というと、朝廷での「女の戦い」における中心人物……という気がしますが、彼女もご多分に漏れず、強烈なエピソードを持っています。

一生を追いかけてみましょう。

 

藤原安子の父は頭脳明晰で知られた師輔

安子は、延長五年(927年)に生まれました。

父親は藤原師輔(もろすけ)といい、頭脳明晰で知られた人。

その一方で(生涯独身が原則の)内親王に通いつめ、臣下で初めて降嫁を許されたという人物でもあります。

安子の母親は内親王ではありませんが、師輔の出世が早かったため、13歳で成明親王(後の村上天皇)に入内しました。

そして安子19歳のときに村上天皇が即位し、安子も皇太子妃に。さらに23歳で後の冷泉天皇を生み、31歳で中宮となり……と、絵に描いたような順調な出世ぶりでした。

延喜・天暦の治をわかりやすくする人物エピソード! 醍醐天皇・村上天皇ほか

続きを見る

そんな安子にも「強烈なエピソード」という名の波乱が一つだけありました。

 

長い髪を持った美女 藤原芳子はイトコだった

歴代の天皇の例に漏れず、村上天皇も多くの妃を抱えています。

皇后・中宮・女御・御息所・更衣・女院の違いは?天皇「后妃の法則」

続きを見る

その中に、安子のいとこである藤原芳子(宣耀殿女御)という人がいました。

彼女は顔立ちの美しさもさることながら、当時の美人の第一条件である「非常に長い髪」を持っていたといいます。

一説には、「車に乗って出かけようとすると、本人が既に車内にいるにもかかわらず、まだ髪が寝殿にあった」とか。

さすがに誇張でしょうが、「身の丈」どころではない長さの髪だったのでしょうね。それを支えられる頭皮がスゴイなぁ。

村上天皇/wikipediaより引用

通常であれば后妃同士はあまり顔を合わせることはありません。

しかし、ある日、安子がたまたま芳子の顔を見てしまうと、あまりの美しさにジェラシーを爆発させ、食器のかけらを投げつけてしまうほど怒ったそうです。

個人的には「なぜそんなものが中宮ともあろう人の身近にあったのか」ということのほうが気になりますが、当時の人はそうではなかったようです。

これを聞きつけた村上天皇は、いくら寵妃とはいえさすがにご立腹。

安子の兄弟たちに謹慎を命じます。

しかし、安子が直談判して、すぐさま撤回させてしまったのだとか。

 

本当に鬼嫁? むしろ愛情深い美人では?

この話からすると、安子はとんだ「鬼嫁」ですよね。

しかし安子は、村上天皇の后妃で一番子供を産んでいます(三男四女)。

芳子との逸話がいつ頃のことなのか。そもそも事実なのか。真相は不明です。

でも村上天皇の寵愛が消えることはなかった……という可能性が高いですよね。

それを裏付けそうな点があと2つあります。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-飛鳥・奈良・平安
-, ,

© 2020 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)