鎌倉・室町

鎌倉武士・佐々木定綱~無名で地味なれど子孫たちは日本史上で大活躍

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
佐々木定綱
をクリックお願いします。

 

その罰当たりこと定綱の次男・定重は、配流先に向かう途中で首を落とされることになりました。

一人の犠牲で済んだと思えばまだいいほうでしょうか。

定綱は息子を失いましたが、3年で元の地位に戻ることができました。

上洛した頼朝のお供を務めたり、彼の信頼が揺らぐことはなかったようです。

頼朝ってとかく部下に厳しいイメージがありますが、やはりデキる人はきちんと評価して大切にしていたんですね。

その後は問題なく役目に励んだらしく、亡くなる直前に出家したということの他に目立った記録はありません。

 

近江の京極家に商人・今井家 さらには間宮林蔵まで

さて、そんな感じで地味な定綱ですが、実はこれより後の時代から見ると結構スゴイ人だったりします。

複数の戦国武将や歴史上の人物の祖先なのです。

近い時代では、足利尊氏に良い評価をしてくれた夢窓疎石(むそうそせき)というお坊さんがいます。定綱からするとひ孫です。

京都・天龍寺が造営された切ない理由と天龍寺船 怨霊に悩まされた尊氏が……

続きを見る

また、苗字が変わっているのでわかりにくいのですけども、近江の大名・京極家や六角家の祖先に当たります。

京極家は「蛍大名」こと京極高次の家ですね。

近江の戦国武将・京極高次が「蛍大名」と呼ばれた切ない理由とその生涯

続きを見る

六角家は浅井長政織田信長と戦っているので、名前を見かけたことのある方もいるのではないでしょうか。どっちにしろ地味ですけど。

他には商人かつ茶人の今井家や、医師の曲直瀬道三、樺太が島であることを発見した間宮林蔵などなど。

名医・曲直瀬道三の患者が凄い 信長、元就、正親町天皇などビッグネームだらけ

続きを見る

江戸期のラッキーボーイ・間宮林蔵! 樺太を探検&幕府のスパイも務める

続きを見る

あらゆる分野へ多岐にわたり、子孫が活躍しており、もともと佐々木家は戦以外のことに才能がある一族だったのかもしれませんねぇ。

鎌倉時代にはなかったものも多いですし、これこそ後世からの視点だからこそ言えることですけども。

「家を存続させること」が武士の最大の目的。

そう考えれば、定綱は立派にそれを成し遂げたことになります。

あわせて読みたい関連記事は以下へ

源頼朝53年の生涯まとめ! 出生から鎌倉幕府の設立 死因 その素顔に迫る

続きを見る

富士川の戦いで源氏と平氏が大激突!するかと思ったら大逃亡の理由とは?

続きを見る

開戦、壇ノ浦の戦い! 源氏 vs 平家の最終決戦はいかにして行われたか

続きを見る

平治の乱ってオモロイじゃん! 清盛vs義朝以外の争いに注目すると見えてくる

続きを見る

保元の乱がわかる!平安時代版「関が原の戦い」と考えればよいのだ

続きを見る

源平時代の最強武士は源為朝でOK?身躯2m超・暴れん坊の豪快伝説とは

続きを見る

平清盛が平安末期に絶大な権力を握れたのはナゼ?院政と合わせて確認だ

続きを見る

清和源氏とその他の源氏 ややこしい源氏軍団をスッキリ整理してみよう

続きを見る

桓武平氏とその他の平氏 盛り上がったのは将門&清盛の伊勢平氏だけ?

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
佐々木定綱/wikipedia

TOPページへ

 



-鎌倉・室町
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.