北条高時/wikipediaより引用

鎌倉・室町

北条高時の最期は「腹切りやぐら」鎌倉幕府の滅亡で一族ほとんど自害へ

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
北条高時
をクリックお願いします。

 

鎌倉のドタバタに乗じ京都でも倒幕計画

貞顕は身の危険を感じ、自ら執権辞任と出家を長崎氏に申し出。あっさり許可が出て、貞顕はわずか10日で執権職から退いています。

ですが、出家した泰家が返り咲くというのも不格好な話ではあります。

血筋の近い順に候補者が政界から去ってしまったせいで、中継ぎ役にすら困る状態になってしまいました。

逡巡の末、引付衆(裁判担当の人たち・出世コースでもあった)の筆頭だった北条守時が適任と考えられ、十六代執権に決まります。

彼は第六代執権・北条長時のひ孫で、一族内での序列も高かったため、やっと騒動は収まりました。

北条長時(六代目執権)時代はトラブルなし! 血筋は800年以上続く!

続きを見る

ついでにいうと、高時が出家&引退する二年前の元亨四年(1324年)に、京都で【正中の変】という討幕計画騒ぎが起きていました。

簡単にいうと
後醍醐天皇鎌倉幕府を倒す計画を立てていたが、事前に幕府側にバレ、首謀者が処分された」
という事件です。

後醍醐天皇が政治を握ってドッタバタ! かくして南北朝動乱は始まった

続きを見る

このときは事前に六波羅探題が察知し、討幕軍に加わるべく密かに上洛していた武士を討てたので、後醍醐天皇自身への処罰はありませんでした。

しかし、そんな計画が立てられる事自体、幕府が揺らいでいる証拠でもあります。

後醍醐天皇は「中継ぎ」としての役割しか期待されていなかったため、宮中からも幕府からも「早く退位してくださいよ^^」(※イメージです)と圧迫されており、対抗しようとした……なんて理由もありますが。

 

新田義貞に攻め込まれ一族ほとんど自害する

もはや止められなくなった時代の変化。

元弘元年(1331年)には、楠木正成が後醍醐天皇について挙兵しました。

中世合戦の天才・楠木正成がキレッキレ~千早城の戦い【まんが日本史ブギウギ】

続きを見る

新田とは価値観が違う~戦の天才・正成は政治に迷う【まんが日本史ブギウギ】

続きを見る

さすがにこのときは幕府も、後醍醐天皇の強い関与を疑い、隠岐島への流罪にします。

が、タフな後醍醐天皇は、一年もせずに脱走。

西国での討幕勢力はとどまるところを知らず、討幕軍を防ぐために派遣した足利尊氏(高氏)に寝返られ、新田義貞に鎌倉へ攻め込まれ、高時をはじめとした北条一族のほとんどが自害することになってしまうのです、アワワワワ。

その場所は、現代に至るまで「腹切りやぐら」として伝えられています。

東勝寺跡奧にある腹切りやぐら/photo by Tarourashima wikipediaより引用

どうしてこうなった\(^o^)/

と、冷静に考えてみますと、「高時が大人になってからもマトモに仕事しようとしなかったため、幕府の寿命が縮んだ」と言えなくもないでしょう。

ただ……。太平記では「北条氏に従って殉死した者が6000人あまりいた」と書いておりまして。

例によって盛られた数字である可能性が高いものの「末期の北条氏にも、死出の供をしてくれる家臣が多々いた」というところは、後世の我々も認識して良いのではないでしょうか。

まぁ、「生き延びたところで落ち武者狩りに遭うか、処刑されるかのどっちかだから、その前に自ら死を選んだ」という人もいたでしょうけど。

足利尊氏は情緒不安定なカリスマ将軍!? 生誕から室町幕府まで波乱の生涯!

続きを見る

新田義貞の生涯と5つの推しエピソード~尊氏や楠公さんには負けない!

続きを見る

 

後醍醐天皇が尊氏に命じて宝戒寺を建立

何度も討幕を邪魔された割に、最後はあっさり倒幕

その後、後醍醐天皇は尊氏に命じて、腹切りやぐら(東勝寺跡付近)の近くに「宝戒寺」というお寺を作らせています。

高時らの供養のためで、この場所は初代執権・北条義時以来、北条氏の屋敷があった場所でした。

北条義時62年の真っ黒な生涯マトメ!大河『鎌倉殿の13人』主役はどんな人?

続きを見る

地図を見ていただくとわかりやすいかと思うのですが、ここから腹切りやぐらまではほんの5分程度の距離です(以下の地図、上から鶴岡八幡宮→宝戒寺→東勝寺跡)。

鎌倉が義貞の軍によって攻略されたとき、高時と北条一族はこの道をどんな面持ちで歩いていたのでしょう。

なお、以下の記事に鎌倉観光をまとめました。

鎌倉観光は「兵どもの夢の跡ベスト9」がオススメ!武士の最期に思いを馳せ

続きを見る

当時に思いを馳せたい方は、よろしければ併せてご覧ください。

あわせて読みたい関連記事

元寇(文永の役・弘安の役)は実際どんな戦いだった? 神風は吹いたん?

続きを見る

鎌倉将軍・足利将軍・徳川将軍の名前をぜんぶ言えますか?

続きを見る

北条貞時と永仁の徳政令(借金チャラ)戦乱で凹んだ幕府と御家人を救うため

続きを見る

北条時宗~モンゴルに勝った八代目執権は34年の短き生涯~死因はストレス?

続きを見る

日蓮 波乱だらけの生涯61年~他宗派を攻撃し幕府に叱られ、元寇を予言?

続きを見る

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

三法師(信長の孫)こと織田秀信は「清須会議」の後どう生きたのか?

続きを見る

北条長時(六代目執権)時代はトラブルなし! 血筋は800年以上続く!

続きを見る

後醍醐天皇が政治を握ってドッタバタ! かくして南北朝動乱は始まった

続きを見る

中世合戦の天才・楠木正成がキレッキレ~千早城の戦い【まんが日本史ブギウギ】

続きを見る

新田とは価値観が違う~戦の天才・正成は政治に迷う【まんが日本史ブギウギ】

続きを見る

足利尊氏は情緒不安定なカリスマ将軍!? 生誕から室町幕府まで波乱の生涯!

続きを見る

新田義貞の生涯と5つの推しエピソード~尊氏や楠公さんには負けない!

続きを見る

北条義時62年の真っ黒な生涯マトメ!大河『鎌倉殿の13人』主役はどんな人?

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
北条高時/wikipedia

TOPページへ

 



-鎌倉・室町
-, ,

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)