日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

イラスト:富永商太

スポンサーリンク

歴史・戦国NEWS

外国人が選んだサムライTOP10~海外でもやっぱりあの武将が1番人気?

更新日:

 

日本文化を好きな外国人って、ニンジャやサムライに憧れている方って少なくないですよね。私の想像ですけど、まぁ、そうは大きくは間違っていないハズ。
では、実際にどんな戦国武将が人気なのか?
気になっていたところ、様々なテーマのトップ10を紹介するListvarseという海外のサイトで、「魅力的なサムライTOP10」が取り上げられていたのを発見しました。
今回はそのTOP10をざっくりとご紹介したいと思います!

 

10位 巴御前

武と美を兼ね備えた巴御前(Wikipediaより)

木曽義仲を支えた女性武者としてお馴染みですね。
討死を覚悟した義仲との別れ際、最後の奉公として戦った敵将・恩田八郎師重との一騎打ちで、怪力で評判だった八郎師重の首をねじり切って倒したという逸話が有名ではないでしょうか。
海外サイトでは、平家物語での描写を引用し、肌の整った長い黒髪の美女で“悪魔や神とも対峙する心構え”がある弓と剣の達人と紹介しています。

 

スポンサーリンク

9位 源為朝

「誰?と言わないで……」(Wikipediaより)

源頼朝・義経兄弟の父である源義朝の弟、つまり兄弟の叔父にあたる人物です。
海外の方は“サムライ”といえば剣豪という印象をお持ちのようですが、この為朝については類まれなる弓術の達人として、右腕より6インチも長い左腕を持ち、一発の矢で平家の船を沈めたとされる逸話などが紹介されています。
また記録の上で、切腹をした最初のサムライの一人であると言われていることも述べられていました。

 

スポンサーリンク

8位 楠木正成

楠木正成像(Wikipediaより)

鎌倉幕府滅亡後に後醍醐天皇が成立した「建武の新政」の立役者である楠木正成ですが、天皇に対する絶対の忠誠心がとても印象に強いようです。
忠実に仕えてきた天皇との関係が絶たれ、絶望的だと知りながらも足利尊氏との戦いに挑んで敗れ、切腹して果てた正成の清廉さに人気が集まったようです。

 

7位 宮本武蔵

「武将じゃないけど入ったぜ!」(Wikipediaより)

「兵法者?剣豪? いーえ、侍です」(Wikipediaより)

浪人の事を英語で「men of the waves(波の人)」と訳すこと、そして、浪人について何らかの理由で主人を持たず、傭兵として自分で仕事を探していたサムライだと定義しているところが面白いです。サムライの一種だと考えているようですね。
サムライの中でも最も面白いエピソードを持つ浪人、それが宮本武蔵だと述べています。

 

6位 本多忠勝

「わしを選ぶとは、外国人はわかっておるな」(絵・富永商太)

「ここは立花じゃなくてワシで正解」(絵・富永商太)

並びなきその武勇から織田信長に「花実兼備の勇士」と讃えられた本多忠勝。
海外サイトでは"The Warrior who surpassed Death"(死をも超越した勇士?)と呼ばれたと紹介されています。
徳川四天王の一人として活躍した大変な猛者であり、生涯無敗というだけでなく傷すら負わなかったというところに、インパクトがあったのかもしれません。

 

5位 伊達政宗

「うまれるのがあと10年早ければ1位だった?」(絵・富永商太)

「うまれるのがあと10年早ければ1位だった?」

まず、戦国時代の多くのサムライを指す言葉として“Ruthless”(無慈悲な、冷酷な、無情な)が用いられており、それは天下統一の為に必要な資質だったからと紹介されていることに驚きました。
その上で、戦の際にその暴力的な性質と無謀な姿勢により、目の当たりにした者全てに恐怖を与えた政宗ほど、その資質を持ったサムライはいないと評しています。個人的に、正宗に対する印象が最も意外に感じました。

 

4位 徳川家康

「う◯こ漏らさなければ……」(富永商太・絵)

「う◯こ漏らさなければ……」

「織田がつき、羽柴がこねし天下餅、座りしままに食うは徳川」
この風刺の歌を引用し、信長や秀吉ほどの力は無かったもののリスクを回避しながらシッカリ土台を固めつつ天下を取った人物と評価されています。
「ボードゲームでもするように、封建社会でうまく立ち回った」
「人の弱点に敏感」
そんな表現があるように、人気は高いものの家康の「狸オヤジ」と揶揄される側面については、海外の方も同じような印象を持っているようです。

 

3位 武田信玄

©富永商太武田信玄4

「あれ? 謙信はおらんの? フフッ」

力を求めて激しく時には非情な戦いが繰り返される戦国時代において、稀な存在と評されています。
非常に大きな力を持っていたにも関わらず、天下統一よりも自分の納める国の問題を解決するために尽力することを選んだと紹介されているように、大きな力で相手をねじ伏せ誇示することだけが強さの証明ではないという思いは、万国共通かもしれませんね。

 

2位 豊臣秀吉

「家康をこえたならよいじゃろう」(絵・富永商太)

「家康には勝てた……」

秀吉については冒頭で、農民出身の下級足軽でサムライの血筋ではなかったので、血統を重んじる戦国時代に偉大な将軍かつ革新的指導者となるのは不可能なはずだったと述べられています。
サムライの家に生まれなかった者が自分の力でのし上がり、サムライの頂点である天下統一を成し遂げたというところに、秀吉の人気があるように思いました。

 

1位 織田信長

天下布武!富永商太

海外でも天下布武!

やはりというべきでしょうか。日本でも人気の高い織田信長が第1位でした。
ただ、織田信長の人物像について、“no samurai was stronger or more cunning that Oda Nobunaga.”(織田信長ほど強く、抜け目のないサムライはいない)と表現されているのが意外でした。“cunning”には、狡猾や悪知恵、ずる賢いなどの意味があるのです。
しかしその一方で、身分や血統によらない昇格システムや、楽市・楽座や外国との交易といった政治面などでの功績について高く評価されています。

 

まとめ

いかがでしたか? 各戦国武将に対する海外の方の印象や着眼点にはとても興味深いものがあります。
海外の方が運営する日本文化についてのサイトやブログなども色々ありますので、辞書やネット翻訳を頼りに覗いてみてはいかがでしょう(※ちなみに、筆者は英語が得意ではありません)。
新たな面白さや魅力が発見できるかもしれませんよ。

オギ ヤスエ・記

スポンサーリンク

参考:Top 10 Fascinating Samurai-Listverse

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-歴史・戦国NEWS
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.