三国志データベース

『三国志』時代は人が死にすぎ!7割もの人口減で漢民族の滅亡危機だった!?

中国のみならず世界中のあらゆる国で人気のある三国志
ゲーム、小説、漫画……と、数々のエンタメ作品が送り出され、酒の席の話題となれば歴史好きの多くがワクワクしてしまう――まさしくキラーコンテンツの一つです。

しかし三国時代を楽しむ一方で、ある“不都合な真実”があまり注目されないのはなぜでしょうか。

というか、ほとんどの皆さんは気に留めたこともないかもしれません。
実はこの時代、とてつもなく大勢の人々が亡くなった時代でもあるのです。

 

鎧兜にはシラミがわいている 何万人も死んだ

鎧甲生虫[幾]蝨
万姓以死亡
白骨露於野
千里無鶏鳴
生民百遺一
念之断人腸

鎧兜にはシラミがわいている。
何万人も死んでしまった。
白骨が野に散らばり、千里にわたって鶏の鳴く声もない。
生き延びた人は百人に一人ほど。
このことを思えば私のはらわたは悲しみにちぎれそうになる。

曹操の詩『蒿里行』(こうりこう)からの抜粋です。

彼が嘆いたように、この時代は人の命が軽く、多数の犠牲者が出ました。
三国志関連の作品を楽しんでいても、このあたりのことはあんまり意識しなかったりするんですよね。
ゲームだと死体は消えるし、ドラマでも苦しむ民衆なんてあまり映りません。

では、どのくらいの人々が犠牲になったのでしょうか。
これには諸説あり、数値にも幅はありますが想像を絶するような数です。

例えばWikipedia英語版「人為的な要因による死者数ランキング」では、世界の歴史上で第三位に「三国時代」がランクインしています。

 

被害者数の最小推定値は3600万人

被害者数の最小推定値は3600万人で、最大推定値が4000万人。

中国の人口を考えれば大したこたぁない、なんて思うでしょうか。
もちろんそんなこたぁありません。

三国時代の前、漢代の平和な時代において人口は順調に増え続けておりました。

漢代140年の時点で世帯数はおよそ970万、人口はおよそ5,000万人いたとされます。それが280年の調査では、およそ250万世帯で人口1600万人にまで減少していたのだから驚かされます。

単純計算で、720万世帯、3,400万人が戦乱の中で消えてしまったんですね!

これは先ほどのWikipedia の最小値との差は200万人であり、比率にしておよそマイナス70パーセントという途方もない激減っぷりとなります。

全国の数値でこの調子です。
ゆえに曹操が漢詩で述べたように戦乱の激しい地域では「千里にわたって鶏の鳴く声もなく、生存者は百人に一人」という惨状も、決して大げさではなかったのかもしれません。

 

董卓の専横、曹操の台頭、三国鼎立……

何故それほど犠牲が多かったのか。三国志ファンの方でしたらスグにピンと来るでしょう。

十常侍」ら宦官の台頭による政情不安。
絶え間ない戦。
そして三国鼎立による国家分裂。
ありとあらゆる条件が重なり合いました。

中国の王朝崩壊は莫大な犠牲が出るものですが、後漢は、とりわけ酷かった。三国時代を舞台にした物語が常にスリリングであり、手に汗握る展開であるのは、その日常が常に死と隣り合わせだったからなのです。

戦乱は中国の中央部である中原にとどまらず、184年の「黄巾の乱」の時点で全国展開しました。
この時点でもし争乱が終わっていたとしても、甚大な被害が出ていたはずです。

乱が鎮圧されたあとは、董卓の専横、反董卓連合の戦い、曹操の台頭、赤壁の戦い、三国鼎立……三国ファンにはおなじみの戦ですね。

この間、戦乱に巻き込まれた庶民はどんな生活を送れたのでしょう?
※続きは次ページへ

次のページへ >



-三国志データベース

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.