日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

週刊武春 武田・上杉家

三条夫人(武田信玄の正室)は本当に高慢な公家の姫なのか? 書籍『忘れられた正室』より彼女の実像に迫る!

更新日:

三条夫人は高慢ちきで嫉妬深い悪妻なのでしょうか

軍神・上杉謙信と信濃の覇をめぐって合戦を繰り返し、ついには織田徳川を倒すため軍を西へ進めた戦国の英雄・武田信玄。

「甲斐の虎」と呼ばれたその手腕は最強の名を欲しいままにし、配下の者たちも四天王と称されたり、さらには武田二十四将として現代に伝わっておりますが、この武田一族・軍団について語られるとき、どうしても腑に落ちないことがございます。

それは長年の間、ほとんど変化のない、彼の正室・三条夫人についての描写です。

公家の名門出ということを鼻にかけ、高慢ちきで嫉妬深い悪妻――世間では、そんなマイナスイメージが語られてきましたが、果たしてそれは事実なのでしょうか?
一体何を具体的根拠として、夫人はそのように描かれているのでしょうか?

大河ドラマ『真田丸』では、真田昌幸の妻・山手殿を女優の高畑淳子さんが演じられておりました。
真贋のほどはさておき、山手殿は一説に菊亭晴季の娘とされる公家の出。そしてその姿が、ドラマの中でも滑稽に描かれているのは、皆さまよく知るところでありましょう。

一般に、戦国時代の公家というと、揶揄を伴って描写される傾向が強いです。

格式や先例にばかりしがみつき、大名達に寄りかかることでしか生きていけない、無能な旧勢力の象徴。そんな、ステレオタイプの描写と言いましょうか。同じく公家の姫である三条夫人の否定的な描かれ方も、こういった傾向が間接的に影響していると思われます。

しかし、当時の公家は、決して一方的に戦国大名に依存するばかりの存在ではありませんでした。

イラスト・富永商太

イラスト・富永商太

 

スポンサーリンク

近衛前久や寿桂尼、細川ガラシャの侍女だけではないハズ

京都からの情報は、戦国大名が政治・軍事行動を起こす際の情報源として重宝され、また、それぞれに家業を持つ公家は和歌や礼法、学問の知識を請われて、武将たちに伝授。それと引き換えに授業料として報酬を得ておりました。いわば、両者の関係は「共生」と言った方が近いでしょう。

また、信玄などのように公家の姫を娶れば、他より一歩抜きんでた格式と権威だけでなく京都とのパイプを手にできます。それでもなお、各メディアでは紋切り型の否定的・揶揄的なイメージで描写されることがほとんどで、特例といえば以下に記す彼・彼女らぐらいのものです。

信長や謙信などの武将達へ積極的に接近し、意欲的な政治活動を行なった近衛前久

今川氏親の正室にして義元の生母でありながら領国経営に携わり、「女戦国大名」と呼ばれた女傑・寿桂尼。

細川ガラシャが味土野で幽閉生活を送っていた時に、彼女を傍らで支え、信仰でも深く結ばれていた、公家・清原枝賢の娘であるいと(洗礼名マリア)など。

果たして有能な公家は上記の3名ぐらいだったのでしょうか?

いいえ。僭越ながら今回私は、その説に異を唱えたいと思います。

武田信玄正室三条夫人

忘れられた正室 武田信玄正室三条夫人

※編集部より 当記事は、『忘れられた正室 武田信玄正室三条夫人(アマゾンKindle版)』をWEB版に要約させていただいたものです。詳細は本書に譲るとして、その主な内容をピックアップさせていただきます。

 

スポンサーリンク

疑問1 信玄・三条夫妻は仲が悪かった?

信玄と三条夫人の夫婦は、元々何の共通点もないゆえに仲も悪い――と表現されることが多々あります。

しかし実際は、二人とも仏教への深い信仰、という大きな共通点がありました。
信玄の信仰心は、意地悪な見方をしますと「領地拡大のために偽装したもの」という指摘もございますが、それでも熱心に仏教を保護していたのは間違いなく、自身も大僧正としての位も有しておりました。

彼と同様、信仰心の篤い上杉謙信もそうだと思われますが、この時代に生きている戦国武将ならば、合戦での勝利や領土の拡大、軍事力の増強など、「現世利益」は完全には分かち難いものであったでしょう。そこで、政治・軍事のリアルと、自身の信仰心で、バランスを取ろうとしていたのではないでしょうか?

このように武将たちには純粋な信仰心だけでは済まない、実利を願う気持ちも付き物です。
象徴とも言える存在が、信玄も陣中の守り本尊としていた、戦いの守護神・勝軍地蔵でしょう。
地蔵菩薩というと、衆生を救う慈悲の化身という印象が強いかもしれませんが、武士が台頭する鎌倉時代になってからは戦勝祈願の軍神である地蔵菩薩が誕生し、数多の武士から尊崇も集めておりました。

信玄正室の三条夫人も、もとは信仰心に篤い公家である「転法輪三条家」の娘です。

しかも彼女は、通常の公家社会で信仰されていた天台宗だけでなく、臨済宗などにも帰依していた様子がうかがえます。
信玄が保護した快川和尚の言葉で、三条夫人の菩提寺が臨済宗・寺円光院に選ばれただけでなく、生前から帰依していたということも、述べられております。

もしも本当に彼女が鼻持ちならない貴族の女性で、夫のことを「甲斐の山猿」などと罵るような女性でしたら、わざわざその信仰までも、摺り合わせる必要があるでしょうか。

 

疑問2 徳川家康正室・築山殿のイメージが踏襲された?

ほとんど具体的根拠及び文献もないまま長年に渡り、悪妻とされてきた三条夫人のイメージは、息子・義信が信玄に歯向かい、そして処罰されたことも、大きく影響しているのでしょう。

神君・家康公の名を貶めないよう、その正室・築山殿と息子の信康が処罰された話が、あたかも完全に2人の責任、特に築山殿が悪女であったことに原因を求めようとする(あるいは織田信長の責任)とされた構図と、似ている気がしてなりません。

信玄を英雄として崇拝するあまりに、義信事件といういわば彼の影の部分を三条夫人になすりつけ、紋切り型の悪女として彼女一人に負わせようとしてはおりませんか?

武田信玄という稀代の英雄の騒乱だっただけに、夫人も、嫡男義信とセットで悪女とされた方が、後に描かれる物語の中で大衆を納得させやすいイメージだったハズです。

これとは対照的に、武田家の跡継ぎ(名代)となった武田勝頼の母・諏訪御料人が、ほとんど関連史料がないにも関わらず、常に美人薄命に描かれ、華奢なヒロインとして現代に伝えられているのも、同時に正室三条夫人の名を貶めるのに、影響している気がしてなりません。
そもそも、彼女達がまるで正反対の善悪形式で描かれているのも、その大きな証拠であると思われます。

すべては、作られた物語が、読者や視聴者にとってスムーズに共感できるよう描かれているからこその悪妻イメージだと見ております。また、こうした諏訪御料人の美人薄命のイメージが、一般読者に好まれやすいということも、大きいでしょう。

©富永商太武田信玄

イラスト・富永商太

 

疑問3 信玄の中央とのパイプも夫人の助力があればこそ

武田信玄というと、専ら甲信越方面における合戦ばかりが注目され、京方面への行動は無視されがちです。

しかし、信玄が中央政界での政治・軍事行動を起こすにあたり、三条夫人の助力は不可欠だったのではないでしょうか。

彼女の親戚筋を通じて得た公家や管領・細川晴元、そして本願寺顕如らとのコネクションは、確たる信頼を築くのに大変有効に働き、かつ信玄自身も、それをフルに利用したことが指摘されています。

そしてその大きな成果が、後年の信長包囲網でしょう。

残念ながら道半ばで死した信玄ですが、武田家が実際の軍事行動(西上)へ繋げるにあたり、三条夫人が姉の管領正室を通じて間接的な働きかけを行い、一役買っていたことは想像に難くありません。

そもそも、公家の姫と言いますと、何もできない、役立たずという見方が多々あります。が、三条夫人にまでそれを当てはめるのは、いささか乱暴ではないでしょうか。

先程も触れましたように今川義元の母・寿桂尼のような女性は、色んな作中で非常に有能な女性として描かれます。実際、息子の義元亡き後、女だてらに同家をまとめた手腕は、素晴らしいものだと思います。

しかしそれは、彼女個人だけの、ごく特別なケースなのでしょうか?

実は著名な戦国武将の公家出身の正室で、最後まで添い遂げているのは、寿桂尼とこの三条夫人くらいのものなのです。
朝倉義景正室の近衛前久の娘と大内義隆正室の万里小路貞子は離婚しております。武家での生活に適応できない。正室としての存在感を示すことができない。たしかに武家に嫁いだ公家の姫達が、そんな傾向を持っていたことを否定はしません。

ただ、それと三条夫人までを一律に混同するのは、何か違うと思うのです。

彼女は寿桂尼と同様、公家の姫として陰ながら信玄に貢献していた様子が何かと窺えます。そして夫人は悪妻どころか、実際には仏教の教えに従って、自分を厳しく律するタイプ。そんな高潔な女性でありながら、周囲の人々には温かな印象を与える和やかな女性像が、調べれば調べるほど垣間見えてくるのです。

 

疑問4 信玄は本当に好色なの?意外に少ない側室達

いまだに、武田信玄というと、歴史小説などでの描写もあり、好色な印象が強いのかもしれません。
しかしそれは、諏訪頼重の娘・諏訪御料人が美人であるため信玄が信濃に攻め入り側室にしてしまったという話が拡大解釈されたのではないでしょうか。

しかし、信玄の結婚は三条夫人のように京都とのパイプを作る公家の姫であったり、ご親類衆で重臣の娘だったり、諏訪御料人のような征服地の娘であったり、冷静に考えれば全て政略結婚ばかりです。彼が女好きゆえに、手を出しまくったというコトはありません。
信長・秀吉・家康などのように侍妾あるいは側女などいう、非公式な形から、側室になったような女性達はおりません。

彼は自らの結婚を政略の一環として、徹底的かつ効果的に利用しました。仮に諏訪御料人が美人ではなくても、おそらく諏訪の地の支配を正当化するため、側室に迎えたのではないでしょうか。

実際、史実における信玄の正室及び側室達の数は、むしろ少ない方です。

三条夫人に諏訪御料人、禰津夫人、油川夫人。これは父・武田信虎と比べても、明確にわかる少なさであり、他の大名と比べても何ら特筆すべき数ではありません。

にも関わらず、信玄があたかも側室だらけというイメージなのは、正室の三条夫人と不和だったからだという論理展開に結びつけやすく、従ってそれは正室たる公家の彼女が高慢である、という人物像にすり替えられてしまった要因となった気がしてなりません。

何と言っても伝統と格式ある守護の家系である、名門武田家の当主らしく、信玄は、あくまで正室を尊重し、保守的で秩序を重んじる人物であったように思われます。そして三条夫人もまた、それに過不足無く添い遂げた有能な女性であったと感じずにはいられません。

photo by お城野郎(R.FUJISE)

photo by お城野郎(R.FUJISE)

 

まとめ

この度は、一方的に三条夫人の人物像を語ってしまい、申し訳ありません。

しかしあまりにも彼女の一方的かつステレオタイプに思われる公家姫像が、いつもいつも物語に登場する度、私は疑問と反発心を覚え、ついには自ら電子書籍まで発行するに至りました。

なぜ、そこまでするのか?

というと自分でも確たる答えは出せませんが、一歴史ファンとして、あまりにも一方的かつ紋切り型に見える武田信玄像・夫人像が語られる度に、どんどん自身の中で消化しきれない違和感が大きくなり、ついには自らの手で、少しずつ調べていった彼女の人となり、自分の考えを一冊にまとめてしまったのです。

また、出自の良い正室が常に上から目線で夫を見下し小馬鹿にする様が、これも不仲夫婦として知られている「家康・築山殿夫妻」にそっくりな感じがしてならず、各メディアで信玄・三条夫人夫婦が同様に描かれると、安易な模倣はいかがなものか、と常に疑問を抱いておりました。

なんせ2017年の大河ドラマは、徳川家康や今川義元の話を避けては通れない、井伊直虎が主人公です。

今後も戦国の女性たちが注目されていくことは、間違いないでしょう。そんな時、少しでも彼女達の実像に迫る描写が広まっていけば嬉しいなぁと思いながら、今回は筆を置かせていただきます。

スポンサーリンク

ご静聴、ありがとうございました。

 

 

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日のあらすじ感想レビューは……

-週刊武春, 武田・上杉家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.