歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

江戸時代 寺社・風習 週刊武春

飼い主の代わりに犬がお伊勢参り!? 江戸時代に意外と流行っていた……って、マジかよ!マジです

投稿日:

日本人なら、一度は行きたい伊勢神宮
時代が平和になり、旅も楽しめるようになった江戸期の人々は、一生に一度はお伊勢参りをしたいと考えていました。

そこに、まるで落語のようなこんな話が。
「う~~~。ワシも死ぬまでに一度はお伊勢参りをしたいもんじゃが……歳も歳だし、脚も悪いし、路銀(お金)も足りんし。ここはひとつ、シロにでも参ってきてもらおうかのぅ」

そうです。
事情があって行けない人が、自身の代わりに犬にお伊勢参りを託した――。
そんなお話があったら、どう思います?

おいおい、2018年の干支が戌だからって話作んなよ。
とツッコミたくもなるでしょうが、実は江戸時代、お伊勢参りをした犬がたくさんいたのです。

なんともワンダフルな「犬のお伊勢参り」を見てみましょう。

 

忠犬、伊勢を目指す

その犬は、首に木札をつけ、路銀もぐるっと巻いていました。
人々はびっくり仰天と同時に感心し、お金を奪ったりはいたしません。

「おおっ、あの犬はお伊勢参りだ!」
「てえしたもんだよ、えらい犬じゃあねえか」
「ありがてえ。ありがてえなぁ……こんな犬を見るなんてありがてえことだよ」

中には犬を呼び寄せ、首の周りに銭を与えてやる者もいます。
犬はそうしてトコトコと、伊勢参拝の人にくっついて適当な宿まで行きます。

宿の者も、犬を迎えてやります。
迎えた人は、首から餌代を取り、犬に餌を与え、また心付けの銭を巻いてやるのです。

時には首に巻く銭が、ずっしりと重たくなることも。そうすると、親切な誰かが銀に替えてやることもありました。

「そうして、何年も掛けて往復する犬が、江戸時代にはいたんですね!」
「それはたいした犬だ、現代ならばネットニュースでバズっちゃう、奇跡の忠犬レベルでしょ」
と、お思いでしょうか。
実はそうでもないんですね。

初めのうちこそ珍しがられていたのですが、時代がくだるとドコの地域でも、お伊勢参り経験がある犬がいたというのです。
いくら江戸期が平和だとしても、この気質は我らが祖先ながら心から微笑ましく思える光景ですよね。

実際、この犬のお伊勢参りは、江戸時代における犬の飼育環境にも関わる、大変興味深いものでした。

 

スポンサーリンク

「ひえーっ、犬が参拝している!」

最初の犬の伊勢参りが記録されているのは、明和9年(1772年)のこと。
この年は式年遷宮であり、大勢の伊勢神宮参拝者が押しかけました。

伊勢参りとは、はじめは成人男性くらいしかできなかったものでした。
しかし、時代がくだると女性、子供、奉公人……大勢の人々が参拝するようになります。

そうなると沿道にも参拝者向けのサービスが整備されまして。ボランティアによる炊き出しなんてのもあったわけですね。

誰が参拝してもおかしくない伊勢参。
しかし二本脚の人ではなく、四本脚の赤と白のぶちの雌犬となれば、記録に残すに十分な奇異でした。

4月16日。
伊勢参りの参拝者のために、握り飯の炊き出しがありました。
そこに犬がふらっと来たので、与えるとむしゃむしゃと食べるじゃないですか。

そのまま犬は、まっすぐ外宮北御門へ走ると、手水を飲みました。

さらに本宮に来ると、ぴったりと身を伏せたのです。

「ひえーっ、犬が参拝している!」

犬は本来、不浄のものとされていました。
神聖な伊勢神宮に入り込むとは、もってのほか。しかし、この犬の神妙な様子を見る人は、追い出すどころか誰もが感心します。

宮人も追い払うどころか、感心な犬であるとして、お祓を首にくくりつけてあげました。

そしてそのままこの犬は、飼い主の元へ無事に帰還した、と記録されています。

これが、記録に残る初めての犬の伊勢参り。
ビックリ、なんともワンダフルですな!

 

犬の次は牛や豚 ただし猫は記録に残らず

この記録のあと、犬の伊勢参りの話は伝聞として、あるいは目撃談として記されます。

首に木札をつけ、出身地と飼い主の名前をつけると、伊勢に参拝して戻って来るのです。

犬は、行く先々で路銀を首にくくりつけてもらいました。
人々はたとえ犬であっても、いや犬だからこそ、伊勢参りであれば邪魔をしないのです。
そんなことをしたら罰が当たると考えていたのでした。

餌を与えて路銀を恵む。かくして親切のリレーで伊勢にたどりつき、往復ができるのです。

伊勢参りをする犬は、白い犬がほとんどでした。
日本では伝統的に、白犬は神聖であるとみなされていたのです。

イヤイヤ嘘でしょ、ありえないでしょ、と思うかもしれません。
しかし犬の帰巣本能は大変優れていますし、十分にありえることではないでしょうか。
当然ながら、伊勢への参拝者が一緒に歩き、先導していったのではないか、ということも考えられます。

現代も盲導犬、介護犬、探知犬、ありとあらゆる犬がいます。
犬の知能をもってすれば、人の協力があれば、伊勢参りは可能だったのでしょう。

犬の伊勢参りは、全国的なブームになりました。
遠いところですと、なんと津軽と伊勢を往復した、という記録も。

そうなると、犬の参拝は記録するほど珍しいことでもなくなってきまして。

「これはレアケース!」
として新たに記録されるようになったのは、豚と牛の伊勢参りです。
いやいや、コントやろ……と口をアングリさせたくもなりますが、豚や牛の知能も犬に匹敵するとされています。
ありえないことでもないのでは……。

ただし、猫の参拝は記録に残っていないとか。
これもなんだか納得できるような。

 

スポンサーリンク

悲しき失敗例もありまして

もちろん、失敗例もあります。

伝言ゲームをしながら、すごろくのように犬を進めていくわけです。
道中のチェックポイント同士のやりとりが失敗したり、札が判別できなくなってしまったりすると、迷い犬になってしまいます。

路銀をつけた犬を見て、よからぬことを企む輩もいたようです。

参拝をするような忠犬を手に掛けるというのは、神罰がありそうでちょっと怖いですよね。
しかし、世の中にはそんなことを気にしない人もいました。

失敗した犬のその後を想像すると、なんとも胸が痛みます。

 

日本人と犬のゆるやかな暮らしがあった

犬の伊勢参りが成立した背景に、江戸時代における日本特有の、人と犬のなごやかな暮らしがあります。

もし今、犬がリードもつけずにふらふらと街中をうろついていたらば?
保健所へ連絡されてしまう可能性も否めないでしょう。

ところが江戸時代の場合、首輪も、リードも、個人の所有権すらない犬がいたのです。
現在でいうところの「地域猫」のような飼育方法で、集落単位で所有権がありました。

このような犬の飼育方法は、「里犬」と呼ばれていました。人々は、犬が往来をうろうろしている光景に慣れきっていたのです。

これが変わったのが、明治維新以降でした。

首輪とリードをつけ、主人と一対一で飼育される西洋犬を見た人々は、「里犬」は非文明的だと考えるようになりました。

「里犬」は治安、街の美化、狂犬病予防といった名目で駆除されたのです。
日本固有の犬種が激減、あるいは絶滅にまでおよんだのは、そのような変化が背景にありました。

かくして明治の文明開化とともに、終焉を迎えた犬の伊勢参り。

明治時代、西洋犬を見た人はその賢さに驚いたと言います。
しかし現代からすれば、伊勢参りをする日本の犬たちも、かなり賢く素晴らしい資質を備えていたと思えるのです。

忘れてしまうにはあまりに惜しい、犬の可能性を示した話ではないでしょうか。

文:小檜山青




スポンサーリンク


【参考文献】



-江戸時代, 寺社・風習, 週刊武春

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.