歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

週刊武春 剣豪・武術・忍者

戦国武将と馬の切っても切れない関係~名馬マニアの織田信長は100頭以上を揃えていた!?

投稿日:

武士にとって、弓や刀と同様、絶対に欠かせないもの。

それが馬です。

馬には様々な用途がありまして。
・合戦
・移動
・スポーツ
・イベント
・贈呈品
・権威の象徴
と、物理的な使い方もさることながら、他にも武士ゆえの付き合いや見栄にも欠かせないものでした。

その最たる例が、織田信長の「京都御馬揃え」でありましょう。

信長配下の者や親しい者たちを京都に揃えて行われた豪華絢爛の軍事パレード。
一番部隊から十一番部隊まで、その中には近衛前久らの公家衆や、細川氏や伊勢氏など室町幕府の幕臣衆も参加しておりました。

当然ながら、柴田勝家や明智光秀、前田利家、豊臣秀吉など、お馴染みのメンツも参加しております。

『京都御馬揃え』 織田信長、真の狙いは何だった?

一方で、馬と言えば、武田家が誇った騎馬隊などが戦場での華であり、当時から信長が恐れるほどに有名でしたが、同時代の北条家の方が騎馬数が多かった――なんて記録もあったりします。

今回は、戦国武将に欠かせない「馬」を見て参りましょう。

 

馬は高級車以上のステータスシンボル

戦国武将にとって、どんな時でも大切な馬。
現代人が愛車自慢するように、彼らは何としても人よりよい馬を手に入れたいものだと願っていました。

愛馬とは、すなわち自身を魅せるためのステータスシンボルでもあるのです。

とりわけ当時は、奥羽の馬、中でも福島県中通りの生産馬が最上とされていました。

必然的に奥羽の大名にとって、それは大切なものとなります。
馬は、中央の権力者に贈呈するため、鷹と並んで大事なもの。奥州を治めていた伊達輝宗は、信長に名馬を献上して、彼を喜ばせています。

伊達輝宗/wikipediaより引用

もらった側の嬉しさたるや。
現代で喩えるならば、ランボルギーニやフェラーリなどの高級車をもらった以上の喜びかもしれません。

 

スポンサーリンク

傅役・平手が切腹したのは馬をめぐるトラブルから!?

馬をめぐっては、心温まる贈り物だけでなく、トラブルも多々ありまして。

「お前の馬いいなあ。俺にくれよ」
「絶対にイヤ!」
こんなやりとりがあると、人間関係がこじれます。当たり前ですが。

著名な例では、武田信玄が父・信虎の愛馬である「鬼鹿毛」を譲ってくれと頼んで断られた話がありますね。

あるいは、織田信長の傅り役であった平手政秀が切腹した理由は、
【政秀の長男・五郎右衛門と信長の諍いが原因】
そんな話もございます。

一説によると、五郎右衛門が持っている駿馬を信長が欲しがったところ、相手が悪態をついて断ったことが一因とされているようで。

平手政秀が切腹した理由は? 織田信長の傅役「じい」の功績

駿馬の恨みは、なかなかおそろしい……。
駿馬=現代の高級車と想像すると、確かに他人に向かって「それ、チョーダイ」というのは、たしかに強引な気がします。

ただ、稀代の権力者となった織田信長さんが、茶器と並んで駿馬のコレクターでもありまして。
大名から贈呈されるだけでは飽き足らず、合戦で打ち倒した敵の馬も手に入れます。

武田家滅亡の折、武田勝頼の愛馬大鹿毛と仁科盛信秘蔵の葦毛馬が確保されると、すぐに進上させました。
これは『信長公記』等にも記されているほどです。

こうして信長が生涯に手に入れた馬は、三桁は越えるそうです。
全部乗りこなせたとも思えませんから、手に入れて眺めてニヤニヤしていただけの馬もいたことでしょう。
ガレージに並んだ愛車を眺めるコレクターのようですね。

 

御馬揃えは自慢のイベント

そんな名馬コレクター信長にとって、御馬揃えはコレクションを自慢する晴れの舞台でもありました。
このとき、信長の愛馬六頭が披露されています。

・鬼葦毛
・小鹿毛
・大葦毛
・遠江鹿毛
・小雲雀
・河原毛

誰もが驚くほどの名馬は、遠くは奥羽から集めた名馬です。
観客が驚きの声を上げる様子を、信長は満足げに眺めたことでしょう。

馬具も美しく素晴らしい古今の名物であり、見る者を驚かせたそうです。
現代風に言えば、高級スポーツカーを、著名なチューンナップ会社で特別仕様に仕上げたカスタムカーみたいなものでしょうか。

集めるのが好き、乗るのも大好き、馬揃えや競馬も大好き、信長さん。
そんな彼が普段から馬で野山を駆け回っていたからこそ、『戦場の高低差を意識して勝利に持ち込めたのではないか?】という「桶狭間の戦い」レポートは以下の記事をご覧ください。

桶狭間の戦い「正面奇襲説」がよくわかる現地リポート!【マンガ解説付き】

スポンサーリンク

戦国時代の馬は、本当にポニーサイズ?

大河ドラマ等では、サラブレッドのように見目麗しき馬に乗って騎馬武者が突撃してゆく場面が見られます。

ここでよく言われるのが、
「そうはいっても戦国時代の馬はポニーみたいなものでしょ?」
という話です。

確かに当時は小型の馬ではありました。
宣教師は「西洋の馬と比べて見栄えが悪い」と記録しています。

ただしこれは戦国時代の馬に限った証言ではなく、フン族やモンゴル人の馬も、ヨーロッパ人からすると「醜い」と記録されています。

西洋人からすると、馬具の形状が見慣れないもので、たてがみの整え方が異なるため、「なんだか変で醜い馬だ……」と思ってしまった可能性もあるでしょう。
醜い=小さいとは言い切れないわけです。

ちなみに現在の規定ではポニーとは体高147センチ以下のものをさします。
戦国時代の記録では、この規定ではかるとポニーではない馬もいたことになります。

武田信虎の愛馬「鬼鹿毛」 147.8センチ
伊達輝宗が織田信長に贈った馬 154センチ
最上義光徳川家康に贈った「大河原毛」 155センチ

たしかにヨーロッパや中東原産の馬よりは小型ですが、ポニーと一括りにはできないでしょう。

更には、小型だから必ずしも力が劣っているわけでもなく、前述したフン族やモンゴル人は、小型の馬でヨーロッパ大陸を荒らし回りました。

ヨーロッパ人から見て日本の馬は、「醜い馬」「小さい馬」ではあったのでしょうが、それでも勇猛果敢で、武士たちを乗せて立派に戦ったことは確か。その歴史を考えれば、日本刀のように、突如、ブームがやってきてもフシギではありません。

『駿馬乱舞』――。
マジでありかもしれませんね。

文:小檜山青




スポンサーリンク


【参考文献】
馬の博物館『平成28年度秋の特別展 信長の馬・秀吉の馬』

 



-週刊武春, 剣豪・武術・忍者

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.