歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

ウラジーミル1世像 photo by Дар Ветер/Wikipediaより引用

ロシア 週刊武春

ウラジーミル1世の変わり身がパネェ!寵姫800人のハーレム生活から聖人になった君主

投稿日:

ムキムキなワイルドボディや柔道姿。
あるいは北斗の拳・サウザーのようなバイクで何かと話題のプーチン大統領。

本名はウラジーミル・プーチンといいますが、10世紀から11世紀にかけて彼と同名の聖人がキエフ(ウクライナの首都)におりました。

キエフ大公ウラジーミル1世――。

聖人というからには、おとなしくて優しい人物かな、と思われますが、これがまたワイルドな英雄でして。
一体どんな人物だったのでしょうか。

 

祖母オリガと父スヴャトスラフ1世

ウラジーミル1世の場合、祖父よりも祖母のほうが有名です。
なぜなら祖母のオリガもまた聖人になっておりまして。

聖人の祖母というと非常に優しい女性のようにも想像しますが、オリガは夫が暗殺されると、手を下した部族を徹底的に滅ぼしたことでも有名です。

ただし残虐なだけの女性でもありません。
優れた行政手腕とキリスト教を広める努力で聖人と認定されました。

聖オリガ/Wikipediaより引用

そんなオリガの息子であるスヴャトスラフ1世(つまりウラジーミル1世の父)は、父親が暗殺された時わずか3才です。
優れた統治者である母が摂政をつとめておりました。

スヴャトスラフ1世は母を敬愛していたものの、どうしても理解できないことがありました。
キリスト教への信仰心です。

「キリスト教の教えは、“右の頬を殴られたら、左の頬を差し出せ”だという。そんな軟弱な教えを守って国を統治できるのか」

当時のキエフ大公国は、周辺諸国と争うまさしく乱世です。
根っからの猛将であるスヴャトスラフ1世にとって、キリスト教の教えなど聞くもおぞましいもの。

オリガは息子の態度や、キエフにキリスト教の信仰が広まらないことを悩みつつ、969年に世を去りました。

根っからの猛将、戦の申し子であるスヴャトスラフ1世は、各地を征服して回りました。
そして972年、さしもの彼も不覚を取ります。

ドニエプル川で敵対するペチェネグ族の待ち伏せにあい、渡河の途中で殺されてしまったのです。

スヴャトスラフ1世の最期/Wikipediaより引用

彼の頭蓋骨は敵の手にわたり、金箔を張り付けて酒の杯にされたそうです。

織田信長と浅井長政の逸話を思い出しますが、古今東西こうした行為をする人はいたようです。

 

スポンサーリンク

三人の息子たちによる兄弟喧嘩

40手前で亡くなったスヴャトスラフ1世には、三人の息子がいました。

・長男ヤロポルク
・二男オレーグ
・三男ウラジーミル1世

ウラジーミル1世の母はマルーシャという奴隷でした。
ゆえに一段低く見られておりましたが、三人の息子たちは父の王国を三分割し、統治することになります。

しかし、平和は長続きしません。

972年、二男オレーグが、長男ヤロポルクの家臣を射殺。
事故か、故意かはわかりませんが、これは実質的な宣戦布告です。

ヤロポルクとオレーグは兄弟で争い始め、977年、足を滑らせたオレーグは水に転落し、溺死してしまいました。

ウラジーミル1世は身の危険を察知し、スカンジナビアへ逃亡します。
そしてそれから三年後(一年後説も)、軍隊を率いて祖国へ戻るのでした。

強力な指導力のもと、兄の支配地を次々に陥落させて進むウラジーミル1世。
猛将だった父譲りの才が開花します。

長男ヤロポルクは、二男オレーグよりはるかに厄介な弟に困り果てました。

そんなとき、ウラジーミル1世から和睦交渉をしたいと申し入れがあったのです。
「アイツも話が通じるなぁ。兄弟で争いはよくないよねー!」

と、交渉に向かったヤロポルクに、お約束の展開が待ち受けています。

ヤロポルク公の暗殺/Wikipediaより引用

はい、暗殺です。

 

ヒャッハーを楽しむウラジーミル1世

ウラジーミル1世は兄ヤロポルクを始末すると、兄の妻が避難していた修道院へ馬で向かいます。
彼女はギリシャ人の修道女で、スヴャトスラフ1世が遠征中に美貌に目を留め、略奪して息子に与えたという気の毒な女性でした。

悲劇は繰り返されます。
ウラジーミル1世は修道院に乗り込むと、兄嫁を引きずり出して陵辱し、そのまま妻にしてしまいます。

さらにウラジーミル1世は7人もの妻を娶りました。
その中には神聖ローマ皇帝オットー1世の孫娘もいました。

それだけではありません。
彼は800人もの寵姫(ちょうき)が侍るハーレムを作ったのです。

領土内の各所に寵姫を置き、いつでもどこでも好みのタイプの女性と楽しむ日々。

ウラジーミル1世と妻の一人ログネダ/Wikipediaより引用

ウラジーミル1世は大神殿を建てると、地元で信仰されている様々な神の巨大な像を祭りました。
それだけでは飽き足らず、キリスト教徒の戦士とその幼い息子を神殿に引きずり出すと、人身御供として捧げたのです。

こうしたウラジーミル1世の蛮行の数々を聞き、周辺諸国の人々は震え上がりました。
一方で、彼に宗教を勧めるチャレンジャーもいました。

イスラム教徒はこう語ります。
「割礼をし、酒を飲まず、豚肉を口にしなければ、死後天国で美女たちと楽しむことができます」

ウラジーミル1世は美女とのお楽しみについては興味を示しましたが、飲酒禁止と聞いて、興味を失いました。
「酒を飲めない人生なんて、つまらなすぎるだろ」

ユダヤ教徒には、
「キリスト教徒にイスラエルを支配されているくせに、布教するとかおまえらなめてんのかよ」
と全否定発言をします。トランプ大統領も真っ青の問題発言ばかりですね。

 

スポンサーリンク

嗚呼美しきコンスタンティノープルの教会よ

かくして手の付けようのない恐ろしい男として、名前を知られたウラジーミル1世。

そんな彼も、とある家臣の報告には興味を持ちました。
コンスタンティノープルを偵察してきた者でした。

「おう、コンスタンティノープルはどうだった?」

ウラジーミル1世が尋ねると、家臣はうっとりと語り出します。

「コンスタンティノープルの教会は、まるで地上の楽園のような美しさでした。あぁ……この地上に、あのような栄光と美しさに満ちた場所があるなんて……」

コンスタンティノープルの聖ソフィア聖堂内部/Wikipediaより引用

思い返せば、ウラジーミルの祖父・イーゴリ1世は、コンスタンティノープル攻略の際、原始的な火炎放射器「ギリシャの火」で撃退されてさんざんな目に遭い、その帰路で暗殺されました。

イーゴリ1世の妻である祖母オリガは、コンスタンティノープルに赴き洗礼を受け、キエフにキリスト教を根付かせようとしました。

ウラジーミル1世には、祖父母とコンスタンティノープルの因縁が蘇ったことでしょう。
そしてその縁は、やはり終わりではなかったのです。

 

皇女との縁談と洗礼

ウラジーミル1世のヒャッハーぶりを固唾を呑んで見守ってた周辺諸国。
その強大な力を無視出来なくなりつつありました。

そして988年。
コンスタンティノープルから使者が到着します。

東ローマ皇帝バシレイオス2世からの使者でした。

「ブルガリア人殺し」を意味する“ブルガロクトノス”という異名を持ち、軍神とされるほどの皇帝バシレイオス2世。
彼はバルダス・フォカスはじめ、反抗的な軍事貴族に手を焼いておりました。

「陛下は貴殿が憎きフォカスを滅ぼすためにご助力くだされば、妹君アンナ皇女を嫁がせたい……と仰せです」

これはまさしく、驚天動地の申し出でした。
バシレイオス2世側ではなく、はじめに皇女を妻に欲しいと言い出したのはウラジーミル1世だという説もあります。

いずれにせよバシレイオス2世と皇女アンナは「緋色の生まれ」(ポルフュロゲンネートス)、つまりは宮殿で生まれ育ったという特権階級です。
結婚相手となれるのは身分の高いギリシャ人のみのはずでした。

そんな彼女が、蛮勇で知られ、ハーレムで荒淫にふける異教徒。
しかも奴隷の母から生まれた庶出子に嫁がされるのです。
まさに悪夢でした。

皇女和宮が徳川将軍家に嫁ぐこと。
ハプスブルク家のマリー=テレーズがナポレオンに嫁ぐこと。
それに匹敵するような衝撃です。

コンスタンティノープルの貴族や聖職者は大反対し、アンナ本人も涙ながらに兄を罵ります。

「あんな男と結婚するのならば死んだ方がマシだわ。兄上は私を奴隷として売り払うおつもりですか!」

しかし、兄は妹に懇願します。
「お前の結婚に、この国の未来がかかっているのだ」

アンナもやがて運命を受け入れ、ウラジーミル1世の妻となることに同意しました。
ウラジーミル1世は、相手の翻意を警戒したのか、クリミア半島まで軍勢を進め、豊かな町ケルソネソスを支配していました。

ここで花嫁を待ち受けていたウラジーミル1世の前に、アンナが姿を見せたのです。

皇女アンナの到着/photo by Ефошкин Сергей Николаевич wikipediaより引用

婚礼と同時にウラジーミル1世は洗礼。
ケルソネソスの町は、義兄となったバシレイオス2世に差しだします。

怖いぐらいに低姿勢なウラジーミル1世。

それでも、アンナ本人だけでなく周囲の者たちも、
「あのウラジーミル1世が改心するわけがない」
と半ば諦めておりました。

洗礼を受けるウラジーミル1世/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

北の大地に訪れたキリスト教文明の夜明け

しかし、ウラジーミル1世は周囲の予想を裏切るのです。
多数のイコン、礼拝用の道具、聖遺物を買い求め、さらには聖職者を雇ってキエフに連れ帰りました。

そして990年。
キエフにたどりついたウラジーミル1世は、いきなり大神殿を破壊。
神像は馬の尾にくくりつけ、ドニエプル川に叩き込むと、こう告げました。

「愛しい妻よ、あなたに贈り物を捧げたい。家臣領民をドニエプル川に連れて参れ!」

ウラジーミルi1世は、家臣と全住民をドニエプル川に集め、洗礼を受けさせたのです。
これこそが、彼の言う妻への贈り物でした。

キエフの人々に洗礼を受けさせるウラジーミル1世/wikipediaより引用

次に待っていたのは、アンナ以外の妻とハーレムの寵姫を追い出すことです。
これはなかなか大変でした。

妻の一人であるログネダは、ウラジーミル1世が滅ぼした部族から略奪した姫です。
「フン、あんたなんか奴隷の子よ!」
かつて高飛車に言ってきたログネダは、気が強い女性。
怒り鎮まることなく「離婚されるくらいなら、あの人を殺すんだから!」と暗殺を決意します。

ログネダによる暗殺未遂/wikipediaより引用

間一髪で妻の凶刃を避けたウラジーミル1世は激怒し、妻を殺そうとします。

「パパやめて! ママを殺さないで!」
息子であるイジャスラフが間に入り、ギリギリのところでログネダは助かりました。
しかし事件以降、この母子は追放されます。

ここまで徹底した行為を見て、皆は確信しました。

どうやらウラジーミル1世は、本気で改宗するつもりなのだ……。

それだけではありません。
ウラジーミル1世は宮殿で、病人や貧者に食料を配り始め、さらには食料を満載した荷車を町に送り込みました。

「貧しい者、歩けない物乞いはおらんかね〜」
荷車を押す者はそう叫んで、食料を配りました。

さらにさらに、です。
ウラジーミル1世は、なんと死刑を廃止したのです。

前半生の世紀末覇王じみた生き方とは正反対の、聖人そのものの改革。
神殿の跡地には巨大な教会を建設し、学校、修道院、女子修道院も揃えました。

文字のなかったキエフに、文字も持ち込みました。
道徳、暦、芸術、建築……西側の洗練された文化が、キエフにもたらされたのです。

それまで飲酒や略奪を楽しみに生きてきた人々は、洗練された文化や信仰心という人生の喜びを見つけました。

周辺国はもはやキエフを野蛮な国とはみなしませんでした。
キリスト教文明の国家として、敬意が払われるようになったのです。

そして1015年にウラジーミル1世が世を去るまでに、キエフはキリスト教の根付いた国となりました。
キエフこそ、ロシアのキリスト教が産声を上げた美しき町なのです。

聖人となったウラジーミル1世/wikipediaより引用

 

ウクライナの国民的英雄に

ウラジーミル1世はウクライナの国民的英雄であり、祖母オリガとともに聖人になりました。
今日も彼の肖像画は、コインや紙幣で見ることができます。

ウラジーミル1世の肖像画が描かれた紙幣/wikipediaより引用

2016年には彼の生涯がイケメンで実写映画化されました。

猛将としても名君としても優れたウラジーミル1世にあやかったのか、彼と同じのウラジーミルは、男性名として今でも人気があります。

兄を暗殺。
兄嫁を陵辱。
部族から姫を略奪。
人身御供を捧げる。

そんな殺伐とした前半生から、名君への変貌を遂げたウラジーミル1世。
世界史を見ても、ここまで振り幅の大きい人物もなかなかいないのではないでしょうか。

歴史を調べると、本当に凄い人がいるものだと、思わされる偉人です。

なお、ウラジーミル1世を描いた映画が、2016年ロシアで公開されて、大ヒットとなりました。
日本でも『 VIKING / バイキング 誇り高き戦士たち 』というタイトルで、見ることが出来ます。

前半生のヒャッハー時代を描いていますが、中身はややマイルドにされています。

 




スポンサーリンク


文:小檜山青

【参考文献】
図説 蛮族の歴史 ~世界史を変えた侵略者たち』トマス・クローウェル

 



-ロシア, 週刊武春

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.