日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

おんな城主直虎レビュー

『おんな城主 直虎』感想レビュー第10回「走れ竜宮小僧」 ブレイク!高橋一生さんの小野政次

更新日:

 

瀬名の命を救うため、今川の女領主へ直訴!するも……

瀬名は次郎にとって、たった一人の同性の親友です。
駿府についた次郎の前に、すっかり白髪になってしまった佐名がよろめき現れます。短い出番で可能な限り最大のインパクトを残す佐名。白髪に変わり、取り乱した姿から悲嘆と混乱が見てとれます。
佐名は、どうにかして瀬名を救って欲しいと懇願します。一方で井伊谷に残った政次は、次郎の性格で命乞いができるのか、疑念を抱くのでした。

次郎は早速、亡き義元の母である寿桂尼に面会します。
一瞬だけ次郎の成長に目を細めた寿桂尼ですが、あっさりと助命は無駄だから帰るようにと突き放します。この「大きくなったのう」から「去ね」と発する一瞬の間に、貴婦人から迫力に満ちた女大名に変貌する寿桂尼。彼女はとても怖い人です。

次郎は瀬名の書状を見せ、夫はともかく瀬名は忠義にあついのだから見逃して欲しいと頼みます。
寿桂尼は、岡崎の元康の元へ次郎が向かい、和睦に応じたら褒美に瀬名とその子は助命しようと持ちかけます。あまりに厳しい条件にひるむ次郎ですが、切り返しを思いつきます。
岡崎まで向かうからには瀬名とその子も同行させるべき、自分の留守中に瀬名とその子を殺されたら意味がないのだから、と啖呵を切る次郎。寿桂尼は次郎の覚悟をおもしろがります。

これが駄目な大河なら、この無茶苦茶な提案がそのまま通るかもしれません。次郎がお手製のお菓子を土産にしていて、それで寿桂尼がほだされるかもしれません。女性ならではの優しさとやらが突然発動されて、寿桂尼がほろりと次郎を許したかもしれません。
しかし、本作は簡単にはいきません。
ここで使者が、鵜殿長照が元康に責められ自害したとのしらせをもたらします。

長照は寿桂尼にとっては孫。静かな怒りに燃える寿桂尼は、次郎に「瀬名に引導を渡してやれ」と言い放ち、次郎を捕らえ瀬名の元に放り出します。次郎は親類を救って欲しいと情に訴えようとしましたが、寿桂尼もまた息子の義元をはじめ、同じ血を引く大切な人たちを失っているのです。
肉親への愛情は刃となって相手を切り裂くこともあるのです。孫の死を知った寿桂尼は、静かに激しく、その刃を次郎たちに向けました。

スポンサーリンク

せめて竹千代と亀姫だけは助命して欲しい

こうして、複雑な事情ながらも久々に再会した次郎と瀬名。もはや助からないと絶望の底にある瀬名を、次郎は励まします。
そこへ使者が参り、明日龍泉寺で自害することになったと瀬名に告げます。せめて竹千代と亀姫だけは助命して欲しいと嘆願し、泣き崩れる瀬名でした。

翌朝、朝食を前に瀬名を説得する次郎です。まだ引導を渡していないとゴネたならば助命ができるはず、その間に今川館が焼け落ちるかもしれぬ、逃げ出す隙もあるかもしれぬ、元康が救出に来るかもしれぬ、とたたみかける次郎に瀬名はあきれます。
しかしその友を思う熱意に動かされた様子です。次郎の、このうまくいくかはわからないけど、相手を救うためにまっすぐに立ち向かってゆく姿は、先週テレビ放映された『アナと雪の女王』のヒロイン・アナを思わせるところがあります。
同性相手にマウンティングをしたり、男受けばかり気にしているのではなく、友情のためならばいてもたってもいられずに走り出す、そんなヒロインが見たかったんだよなあ、としみじみ思いましたね。2010年代の女性大河として、あるべき姿を本作は見せていると思います。お姫様でもなければ、誰かの母や妻でもない、一人の女性として困難に立ち向かう。そんな次郎の姿は実に爽やかです。

そしてついに、寺へと瀬名を運ぶ駕籠が到着します。
まだ引導を渡していない、瀬名にちゃんと引導を渡さないと祟るぞ、怖くないのか、と脅しながら粘る次郎。家臣に突き飛ばされ、ハラハラする場面ではありますが、セコム傑山が待機しているので安心感があります。

そこへ、早馬が駆けつけてくるのでした。先週に引き続き、この終わり方は気になります。

 

スポンサーリンク

MVP:寿桂尼

先週、桶狭間の泥の中で踏みつけられた扇からは、義元の死と今川の失墜が見てとれました。
そして今週、この人の姿を見た時、まだまだ今川は死んではいないと思えました。見た瞬間にただ者ではないと思わされるのは、実のところ義元以上に彼女ではないかと思った次第です。

そしてこれは彼女だけではありませんが、本作は「女性だから」優しいとか、慈悲深いとか、そういうことは特にないのです。
「彼女だから」優しい、ということはあっても、性別がこうだからそうなるだろう、というわけではありません。寿桂尼もまた、短い出番から苛烈な性分を見せ付ける、強い女性の一人です。

次点は瀬名。ツンツンした序盤は奈々緖さんの十八番というところでしたが、今週は我が子を思い必死ですがる姿、悲嘆と諦念、友を信じる心の動きを絶妙に演じわけておりました。今後の彼女の運命を思うと辛いものがありますが、その時の奈々緖さんの演技を見るのが楽しみになってきてもいます。

 

総評

「日日是好日」という言葉が今週、そして本作のキーワードであると思います。
日々穏やかに生きてゆきたいというささやかな願い。次郎の死は、実は織田信長の「本能寺の変」と同年(1582年)ですので、その願いは死後にしか叶いません。しかも『真田丸』で語られたように、幾多の犠牲があって成り立つわけです。

そんなわけで、本作の人物たちは今週生まれたばかりの井伊直政も含めて、ほんとうの意味で穏やかな日々を見ることなく世を去るわけですが、それでも何事もない日はあったわけです。
写経に励む政次、弓を鳴らして我が子の誕生を待つ直親らの日常はそうした貴重な瞬間であると思えます。

何故こんなことを書くかと言いますと、来週以降今週の穏やかさがきっと懐かしくなるだろうと思うからです。この穏やかさは嵐の前の静けさなのでしょう。

そして今週気になったのが、松平元康の描き方です。井伊家にとっては救世主ともいえる存在ですが、本作はそう素直に描くつもりはないようで、瀬名と我が子をあっさり見捨てる冷酷さ、三河・遠江をひっかき回す恐ろしさが表現されていました。

こういう描き方はなかなか珍しいと思います。
元康は井伊家を救うのですが、同時に次郎にとって大切な人の命を奪う存在でもあります。昨年の家康は老獪さで主人公たちと苦しめましたが、今年の元康は若さゆえの鋭敏さで、次郎とその周辺をかき乱すことでしょう。

昨年とはひと味違う黒い家康像が楽しみです。

武者震之助・記
霜月けい・絵

登場人物の史実を解説!

井伊直虎(柴咲コウさん)
井伊直盛(杉本哲太さん)
新野千賀(財前直見さん)
井伊直平(前田吟さん)
南渓和尚(小林薫さん)
井伊直親(三浦春馬さん)
小野政次(高橋一生さん)
しの(貫地谷しほりさん)
瀬戸方久(ムロツヨシさん)
井伊直満(宇梶剛士さん)
小野政直(吹越満さん)
新野左馬助(苅谷俊介さん)
奥山朝利(でんでんさん)
中野直由(筧利夫さん)
龍宮小僧(ナレ・中村梅雀さん)
今川義元(春風亭昇太さん)
今川氏真(尾上松也さん)
織田信長(市川海老蔵さん)
寿桂尼(浅丘ルリ子さん)
竹千代(徳川家康・阿部サダヲさん)
築山殿(瀬名姫)(菜々緒さん)
井伊直政(菅田将暉さん)
傑山宗俊(市原隼人さん)
番外編 井伊直虎男性説
昊天宗建(小松和重さん)
佐名と関口親永(花總まりさん)
高瀬姫(高橋ひかるさん)
松下常慶(和田正人さん)
松下清景
今村藤七郎(芹澤興人さん)
㉙僧・守源

スポンサーリンク

おんな城主直虎 感想レビュー一覧





わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 史実の真田幸村とは?


3位 長篠の戦い 注目すべきは…


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-おんな城主直虎レビュー

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.