歴史戦国ジャンルでアクセス日本一!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

イラスト・富永商太

織田家 その日、歴史が動いた

えっ、信長は比叡山を焼いてない!? 比叡山延暦寺焼き討ち事件の真相とは?

更新日:

 

今回は信長の戦の中でも一番悪名高いあのお話です。
元亀二年(1571年)9月12日、織田信長比叡山延暦寺の焼き討ちを行いました。
老若男女問わず数千人を焼き殺したと言われているこの事件、最近の研究でいろいろとツッコミどころが見つかっています。
果たして焼き討ちの真相やいかに?

 

女を連れ込んだり金貸しやったりのクソ坊主ども

そもそも何で信長が延暦寺と敵対したのかという理由から見てみましょう。
当時の延暦寺はいわば僧兵集団。
決して大人しく無力なお坊さんだけが暮らしているところではありませんでした。
中には「ワシに逆らうやつには仏罰が下るぞよ!」なんてデカい顔をしている生臭坊主もいたのです。
お寺というイメージとは正反対に、権力を振りかざして本来入れてはいけないはずの女性を連れ込んだり、金貸しに手を染めて荒稼ぎしたりとやりたい放題になっていました。
さらに殺生厳禁のはずの仏教徒だというのに、浅井家や朝倉家に協力する始末。
これでは仏様も「いやいやお前らにこそ罰当てたいわ」とツッコんでいたのではないでしょうか。

信長は信長で敬虔な仏教徒でもなんでもありませんでしたが(かといって神仏を否定などは一切せず普通に保護してたりしたのですが)、延暦寺のように軍事拠点化しており、京都の脅威ともなれば、「叩き潰すしかない!」と思ったのでしょう。

とはいえ、流石にいきなり放火してヒャッハーしていたわけではありません。
往生際の悪いことに、信長がやってきてから比叡山側は「お金あげるのでどうか勘弁してください」という使者を出してくるのですが(金で解決とかそもそも僧侶の考えることじゃNEEEEEEE)、信長はこれを受け取らず追い返しました。
その時点で逃げ出した人も多かったのです。
逆に言えば、これでも比叡山に残った人たちは徹底抗戦するつもりだったということにもなります。

 

スポンサーリンク

燃えた木材も人骨も出土せず ナゼ、ホワイ?

逆らう僧兵達だけでなく、オンナ子供も殺しに殺して、果ては比叡山に火を放ち……というのが従来の延暦寺焼き討ち事件説です。

が、最近の発掘調査で意外なことがわかりました。

焼き討ちをしていたとしたら当然出てくるはずの燃えた木材などがごくわずかにしか見つからないのです。
加えて、何千人も殺していたとしたらこれまた出てくるはずの人骨も全く出土しなかったといいます。
もし本当に「全山焼き討ち」及び「数千人を殺害」していたら、ブルドーザーも埋め立て技術もない時代にどうやってそれらを片付けたのでしょう?
この結果からすると、信長は延暦寺を攻めて僧兵と戦っただけで、ちまたで言われているような全山焼き討ちはしていないのでは……?とも考えられるのです。

延暦寺の根本中堂/wikipediaより引用

この説には二つ根拠があります。
一つは記録について。
延暦寺焼き討ちの悲惨さを記録した資料を書いた人は、ほぼ全員その場にいない人なのです。
「言継卿記」を書いた公家の山科言継(やましなときつぐ)も、「御湯殿上日記」を代々書いてきた朝廷の女官達も、皆伝聞を書いたにすぎません。
伝言ゲームで話が誇張・脱線するのは今も昔も変わらないんですね。

一応信頼度が高いといわれている「信長公記」にも書かれていますが、作者の大田牛一は「文才がありすぎて誇張が激しいのでは?」という傾向があります。
その場にいなかったのに、本能寺の変については異常にリアルに書かれていますしね。
だからといって延暦寺焼き討ちの記述が丸ごと嘘っぱちということにはなりませんが、ここでもう一つの根拠を合わせて考えてみましょう。

 

信長が残虐であればあるほど得をするのは誰か

それは、延暦寺は朝廷ととても深い繋がりがあったということ。
信長が焼き討ちを行ったとされる頃、延暦寺のトップは天皇の弟さんでした。
いくら信長が「神をも恐れぬ」とはいえ、そんな人のいるところを丸焼きにしていたら、当然朝廷からお咎めがあるはずです。
朝敵にされていてもおかしくありません。
信長は既に周辺の大名達から包囲されていたので、朝廷がその大名たちに「信長は朝敵だから協力して討つように!」とさえ命令すればすぐ討てたでしょう。
なのに、そうしていないということはやはり全山焼き討ちがあったかどうかが疑わしくなってくるのです。

信長が残虐であればあるほど得をするのは誰か?
そう仕立て上げる必要があるのは誰か?
何だか推理小説みたいになってきましたが、そういうところを考えるとまた違った見方ができそうです。
もしかしたら、本能寺の変にも繋がっていたりして……?




スポンサーリンク


長月七紀・記

 




注目 西郷が沖永良部島で
出会った川口雪篷とは


1位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


2位 ついに登場!
坂本龍馬の生涯マトメ


3位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


4位 この人こそが幕末王!?
天才・吉田松陰


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-織田家, その日、歴史が動いた
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.