歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

徳川慶喜/wikipediaより引用

西郷どん(せごどん)特集 幕末・維新 その日、歴史が動いた

徳川慶喜(一橋慶喜)77年の生涯をスッキリ解説!大政奉還後にも注目【年表付き】

更新日:

大河ドラマ『西郷どん』で「ヒー様」という呼び名で登場する重要キャラがおります。

夜な夜な盛り場に出かけていっては、そこで西郷隆盛橋本左内とも出会う――それでいてまるで暴れん坊将軍のごとく徳川家ではしかるべき地位にいる――。

それが徳川慶喜(よしのぶ)です。

徳川最後の将軍として知られる慶喜ですが、この時代はまだ「一橋慶喜」。
「ひとつばし よしのぶ」の「ひ」から取って「ヒー様」だったんですね。

では、実際の彼は一体どんな人物だったのか?

本稿では、史実における慶喜の生涯をマトメてみたいと思います。

※ドラマでは松田翔太さんが演じられます

松田翔太さんが演じる徳川慶喜(一橋慶喜)イメージ/絵・小久ヒロ

 

水戸藩を先導した藤田の過激な攘夷論

徳川慶喜は1837年、江戸の水戸藩邸にて生誕(幼名は七郎麿)。

父は徳川斉昭(1800-1860年)で、母の吉子女王(よしこじょおう)は有栖川宮熾仁親王(ありすがわのみや たるひとしんのう)の娘でした。
いかにも武家バリバリという印象かもしれませんが、実は皇族の血も入っていたんですね。

幕末における水戸藩は、徳川御三家ながら、少々変わった立ち位置にあります。

というのも同藩は国境に長い海岸線を持っていて、薩摩と同様、早い時期から黒船の来航を認知していました(※ペリー来航の前に何度も外国船は来ている)。

そこで水戸では、過激な「尊皇攘夷」運動が展開されることになります。

その筆頭が藤田東湖(1806-1855年)であり、藤田の影響を受けたのが、慶喜の父・徳川斉昭でした。

藤田東湖/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

阿部正弘の口添えで11才にして一橋家を継ぐ

慶喜は、父・斉昭の方針に従い、江戸ではなく水戸で厳しく教育されました。

水戸と言えば藩校・弘道館が有名ですが、慶喜も同校へ通い、当時から優れた人物だとして知られていたのです。
それはときに「家康の再来」とも称されるものでもありました。

1847年、阿部正弘の口添えによって慶喜は11才で一橋家を相続。

一橋家とは、将軍候補を輩出する御三卿(ごさんきょう)の一つであり、他には田安家と清水家がありました。

※徳川吉宗から一橋家と田安家、徳川家重から清水家が生まれます
【関連記事】御三家と御三卿って何がどう違う?

同家を継いだことから慶喜の運命は、やがて時代のうねりに翻弄され始めるのです。

 

将軍継嗣問題で【一橋派vs南紀派】

1853年。
浦賀にペリー提督の率いる黒船がやってきます。

幕府や日本全体を揺るがすこの混乱の最中に12代将軍・家慶が亡くなってしまい、跡を継いだのが病弱だった13代将軍・徳川家定
島津家・篤姫の嫁ぎ先であり、同時に急務となったのが次代将軍の擁立となります。

跡継ぎの期待できない家定に代わり、誰を次の将軍を誰にするか?

いわゆる「将軍継嗣問題」と呼ばれる問題で、候補に推されたのが
・一橋慶喜
徳川慶福(紀州藩主・過去には徳川吉宗を輩出)
の2名でした。

それぞれの支持者は
一橋派……徳川斉昭&阿部正弘&島津斉彬
南紀派……井伊直弼本寿院
等となっており、最終的には南紀派が勝利します。

徳川家定後の14代将軍は、徳川慶福になりました。このとき徳川家茂(いえもち)に改名しております。

徳川家茂(徳川慶福)/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

火消しの親分・新門辰五郎とも昵懇に

なぜ慶喜の一橋派は負けたのか?
実はこの時期、阿部正弘と島津斉彬が相次いで亡くなって勢力を失い、大老となった井伊直弼に押し切られてしまったのです。

この政治争いから、直後に続けて起きた政治的弾圧事件が「安政の大獄」となりまして。

同騒動では、西郷隆盛も粛清の波に呑まれ、元清水寺の住職・月照と共に鹿児島の海(錦江湾)へ入水。
奇跡的に一人だけ生き還りながら、薩摩藩からは腫れ物のような扱いを受けて奄美大島へ島流しにされています。

一方、慶喜は1858年、日米修好通商条約に調印した井伊直弼を問い詰めて謹慎処分となるのですが、翌1859年の桜田門外の変で直弼が殺されると、1860年には謹慎も解除されました。

ほどなくして将軍後見職となり、再び勢いを取り戻した慶喜。
幕政改革に着手すると、1863年には将軍の名代として上洛し、朝廷との交渉を務め、外国嫌いで知られる孝明天皇にも会います。

ただし、本人は将軍職に乗り気ではなかったようで、かつて父の斉昭(1860年に死亡)に対し「将軍職に興味なし」と伝えております。

ちなみに、上洛のとき慶喜は、側室の芳と、その父にして江戸の人気火消し・新門辰五郎一派を率いておりました。
辰五郎は、いわゆるアウトローたちの親分的存在でもあり、慶喜とは互いに認めあっていたというから、デキる人とは分け隔てなく付き合うという人柄だったのでしょうね。




スポンサーリンク


もしかしたら、徳川の中で本当に暴れん坊将軍キャラに近いかもしれません。

新門辰五郎/wikipediaより引用

 

次のページへ >



-西郷どん(せごどん)特集, 幕末・維新, その日、歴史が動いた
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.