日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた

近親婚をバンバン繰り返す!? 欧州貴族の危険な結婚観【その日、歴史が動いた】

更新日:

 

古今東西・老若男女、はたまた生まれ育った土地や教育課程で人の価値観は大きく変わってきます。
しかしそれでも汚いものよりは綺麗なものの方がいいというの人類ほぼ共通でしょう。

が、これにこだわり過ぎると自滅の道を歩むことが多いような気がします。
単に顔の造形の話ではなく、特にヨーロッパの王家で頻発したとある問題のことです。

 

フェリペ4世(Wikipediaより)

フェリペ4世(Wikipediaより)

1605年(日本は慶長十年)の4月8日、スペイン王フェリペ4世が誕生しました。

開始早々「誰それ」という声が聞こえてくる予感がひしひしとしますが、本日の主題はこの人ではありません。
が、ご本人を全く無視するというのも罰が当たりそうな話ですので、多分当コーナー初のスペイン史と共にざっくり見ていきましょう。

ピレネーを超えたらアフリカだった

スペイン(とポルトガル)は、ヨーロッパの中では西の果てにあたります。

フランスとの間には最高峰3400m超のピレネー山脈があるため、隣国フランスとの気候差も大きく、かのナポレオン1世が「ピレネーを越えたらアフリカだった」なんて言葉を残しているくらい気候も文化も違う土地として認識されてきました。

が、スペイン・ポルトガルのあるイベリア半島は、歴史的に見るとかなり重要な位置を占めていたことがあります。
イスラム教圏vsキリスト教圏の時代(レコンキスタ)と、大航海時代の二回です。
途中でコロコロ国名が変わるんですが、面倒ゲフンゲフンわかりづらくなりそうなのでもうスペインで統一します。

スポンサーリンク

イスラムの支配下になったことも

前者はローマ帝国が分裂した後、異民族が打ち立てた国がイスラム勢力に滅ぼされたことによって始まりました。
このときイベリア半島は既にキリスト教が多数派になっていましたが、これによってしばらくの間イスラムの支配下に入り、文化的にも大きな影響を受けています。

が、この頃のイスラム教は「同じ(旧約)聖書使ってるんだから、異教徒だけどそのままの宗教でいいよん」という主義が強かったので、+αの税金を課されたりはしたものの、比較的他の宗教には寛容でした。現在もごく一部の派が過激なだけで、ほとんどのイスラム教徒の方は穏やかですしね。

そもそも開祖のムハンマド自身が命を狙ってきた相手を許したりしていますから、決して元からアブナい宗教ではないのです。
どっちかっつーとキリスト教徒の方がアレコレやってます。十字軍とか。

スポンサーリンク

722年から1492年まで続いたレコンキスタ

しかし、一度はイベリア半島を支配したイスラム勢力もやがて衰えていきました。同時にキリスト教を信仰し続けていた人々がいくつかの国を作ります。そして再び半島全土をキリスト教圏にするための戦いが始まったのです。これをレコンキスタといいます。

開始は722年、最終的に勝敗が決したのは1492年のことでした。何世代分なんだ一体。
どうでもいい話ですが、ワタクシめが高校の頃世界史の先生が「ヨーロッパの人ってのは気が長いですね」というコメントをしていたのを鮮明に覚えております。

スペインの勢力はイベリア半島を取り戻すだけでは収まらず、イタリアの南にあるシチリア島などにも及びました。
しかし、ほぼ同時期に黒死病(ペスト)の大流行を受けて一時衰えます。
この時点でイベリア半島には二つの国があったのですが、両国の王と女王が結婚したことにより名目上は一つの国になり、最盛期を迎えました。このときの女王がイサベルで、コロンブスに資金を提供してアメリカ大陸が見つかったりもしています。
その後はハプスブルク家から王様が来て、さらに同じ人が神聖ローマ帝国の皇帝になったため、大航海時代とほぼ同時期”スペイン帝国”が幕を開けました。

スペイン帝国主義 アルマダの海戦で翳りが

が、南アメリカ大陸の人々にとっては受難の時代に入ります。

大西洋を越えてやってきたスペインの人々に国を滅ぼされ、金山銀山で使役され、さらに奴隷として売られるなどの悲惨な運命をもたらされたからです。
スペインの隆盛は帝国主義の始まりでもあったのですね。

そしてあっちこっちの国と戦争を繰り返す時期が続きますが、アルマダの海戦で敗れてからは少しずつ衰退していきました。フェリペ4世はこの頃の王様です。
その後スペインにはさまざまな困難が降りかかり、さらには現在の経済悪化も起きてくるわけですがその辺の話はまたいずれ。
でないと主役が本当にどっかへ行ってしまいますので。

ポルトガルやオランダには独立され

さて、フェリペ4世は16歳で即位してスペイン・ナポリ・シチリアの王様になりました。
少年だったので最初のうちは重臣に仕事を任せていましたが、二十代半ばからは自らの意見もちょくちょく表に出していたようです。やる気があっていいですね。

が、身内だったポルトガル・飛び地だったオランダ・ピレネー山脈付近のカタルーニャ地方の三ヶ所に叛かれてしまいます。フェリペ4世はこれらをうまく収めることができず、ポルトガルとオランダは独立、カタルーニャはフランスとの間で行ったり来たりという、大まかにみればボロ負け状態になりました。

彼の時代にはベラスケスなど文化人が多く登場しており、決して落ち目一直線ではないのですけどね。美術品のコレクターでもあり、現在のプラド美術館(マドリード)の収蔵品に多く残されています。

性格的にも良い人だったようで、国民には親しまれていたそうです。
王様には珍しく?射撃を得意としていたことから「強く優しい王様」と見られていたのかもしれませんね。

ハプスブルク家で繰り返された血族結婚

で、冒頭に述べた「問題」とは何ぞやといいますと、ズバリ彼の家族のお話です。

厳密に言えば、彼が生まれたスペイン・ハプスブルク家と本元のオーストリア・ハプスブルク家共通の話で、これ以前から始まっていたことなのですが。
長ったらしいので以降は”スペイン家”と”オーストリア家”とでも呼びましょう。

この二つの家は上記の通り親戚筋なわけですが、さらに悪いことに血族結婚を繰り返していました。これは皇帝や王様の奥さんや母親の実家から影響を受けないためという目的でしたが、それどころじゃない大問題が起こります。
病弱もしくは何らかの身体的異常を持った子供が多くなってしまったのです。

流石に兄と妹とか姉と弟のような古代の近親結婚ほどではありませんでしたが、現在でいう3親等くらいの親族と代々結婚していたため、生物学的に大変マズイことになります。

フェリペ4世も2番めの奥さんが姪っ子のマリアナだったりするのですが、こんなことを繰り返していればどんどん次世代=子供に悪影響が出続けます。現にフェリペ4世とマリアナとの子供はは5人中2人しか成人していません。
ちなみに年齢差実に29歳。よく子供を作れたものです。

血族同士の結婚は遺伝がより強く働く

そもそも現在の法律で近親婚がダメなのは、倫理とか宗教がどうのという話ではなくこうした理由によります。

よく「うちはがん家系だから」とか「お父さんハゲだからアンタもいつかハゲるよ」とか言いますが、血族同士の結婚で生まれた子供はこうした遺伝がより強く起きやすいのです。

ちなみにこれ、人間だけでなく犬や猫でも起こります。当たり前といえば当たり前ですが。
犬・猫などの純血種に特定の疾患が起きやすいのは、ただ単純に血筋が近いからです。

ひどいブリーダーでは親子兄弟で交配させるのが当たり前だったそうですからね……。今も多分いるんでしょうけど、命でなくモノ扱いするならそもそも生き物に関わる仕事をするんじゃねえとぶん殴りたくなります。

結婚は高貴な人同士でするものという概念のもと

話を戻しまして、スペイン家とオーストリア家の間ではこうした3親等以内での結婚が代々日常茶飯事でした。

当然あっちこっちで血が濃くなり、フェリペ4世の次の王・カルロス2世は子供を作ることができず、さらには精神的にもマズイ点が多々あったそうです。そしてスペイン家はあっさり断絶。
高貴な血と領土、国を守るために繰り返した一族内での結婚が、かえって家を滅ぼす原因になったという実に皮肉な話です。

その後はフランス王の一族ブルボン家から王様が来ることになったため、王制自体は続きます。現在のスペイン王フアン・カルロス1世もブルボン家です。
一時期「黙ったらどうかね?」という名言で話題になった方ですね。

ついでに言うと、ヨーロッパの王家では「結婚は高貴な人同士でするもの。できれば他国の王族」という概念が長らくあったため、他の国でも近い血筋での結婚は多々行われていました。
血縁がある=相続権がある=戦争の原因になるわ、子供がまともに育たないわでどう考えてもデメリットのほうがデカイと思うんですが、なぜ誰も指摘しなかった。

日本では何となく危険性を認知していた?

ちなみに中国や日本では、儒教等の影響により近くてもイトコ婚くらいだったため、ここまで悪い結果にはなっていません。古代には兄妹婚の例もありますが。

日本の場合、もしかしたら神話の「イザナギとイザナミは兄妹」で「最初の子供がヒルコ(血を吸うアレみたいな骨のない子供)だった」ことから「兄妹で結婚するとあんまり良くないんじゃね?」というのが何となくわかっていたのかもしれませんね。

もしかしたら、この話自体が「どこかのお偉いさんが近親婚をした結果、カルロス2世のような子供が生まれたので、近親婚を戒めるための比喩」として作られていたりして。
もちろんただの偶然の可能性のほうが高いですけども、どちらにしろ興味深い話ではあります。

たまに「禁断の恋」的な小説などで親戚筋のカップルの話があったりしますが、あくまで想像の世界に止めておいたほうがよさそうです。

子供作らないで事実婚状態なら問題ないかと思いきや、今度は相続が面倒になってきますし。
それすらも放棄して愛を貫くというのなら、それはそれで一つの生き方ですかね。

 

 

長月 七紀・記

 

スポンサーリンク

参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/フェリペ4世
http://www.afpbb.com/articles/-/2592887?pid=4035719
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E8%A6%AA%E5%A9%9A
http://homepage2.nifty.com/matsue-jo/matue_itou/izanagi_izanami_episode.html





わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 史実の真田幸村とは?


3位 長篠の戦い 注目すべきは…


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.