日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 寺社・風習

リアル三種の神器は天叢雲剣・八尺瓊勾玉・八咫鏡 それぞれの特徴と由来とは

更新日:

「伝説の武器」とされるものの話は、世界中に伝わっています。
しかし、現存するものはほとんどありません。
その数少ない例外が我らがニッポンにあります。本日はその辺のお話です。

景行天皇四十年(110年)10月7日は、ヤマトタケルが叔母・倭姫(やまとひめ)から天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)を賜ったといわれている日です。

ヤマトタケルについては以前こちらの記事(過去記事:ヤマトタケル女装への旅立ち)で取り上げていますので、今回は天叢雲剣を含む「三種の神器」についてお話しましょう。

 

天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)・草薙剣(くさなぎのつるぎ)


草薙之剣(くさなぎのつるぎ) 黒鉄風(くろがねふう)

草薙剣(くさなぎのつるぎ)とも呼ばれる剣です。天皇の武力の象徴ともいわれています。
スサノオがヤマタノオロチを退治したとき、その尾の中から出てきたという話が有名ですね。
スサノオはこの剣を天照大神に献上しましたが、その後ニニギ(皇室の直接の祖先とされる神様)が天界から下る際に持ってきたといわれています。

しばらくの間皇室が現物を持っていましたが、十代天皇・崇神天皇の時代に別のところで祀られることになったため、形代(レプリカ)が作られています。
ヤマトタケルが授かったのは本物で、後々熱田神宮に祀られました。

レプリカのほうは源平の争いのとき平家方に持ち出され、壇ノ浦の戦いで海に沈んでしまいました。その後もう一度レプリカが作られ、いろいろすったもんだがあったものの、現在も皇居に安置されています。

なんで二つも名前があるのか、はっきりした理由はわかっていません。「当初は天叢雲剣と呼ばれていて、ヤマトタケルが東征中に山火事で燃えている草原を一薙ぎで消し止めた後、草薙剣と呼ばれるようになった」など、いくつかの説があります。
どの説も「ヤマトタケルが草をなぎ払って難を逃れた」という点が共通しているので、何かの比喩かもしれませんね。途中で山賊の一味を征伐したとか、そんなところでしょうか。
また、スパイや忍者のことを「草」と表現することがあるので、その辺も関係あるかもしれません。

 

スポンサーリンク

八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)


八尺瓊之勾玉(やさかにのまがたま)

「瓊」という字が赤い色やメノウをさすといわれています。ですので、この名前を直訳すると「八尺ある赤い色の勾玉」ということになります。
が、八尺という長さがどこをさしているのかがはっきりわかっていません。勾玉の外周または内周なのか、結んである緒(ひも)の長さを示しているのか、あるいはただ単に「八尺くらいありそうなほど大きい」という比喩という説もあります。

八尺瓊勾玉も例によって壇ノ浦の戦いのとき、二位尼(清盛の奥さん)と安徳天皇とともに失われるところでしたが、箱に入っていたままだったので浮き上がったのだそうです。そりゃそうだ。

そして、三種の神器の中で、唯一現物が今も皇居にあります。
ツイッターか何かで「とある国に大都市のど真ん中に緑に覆われ、伝説の宝物を祀っている神殿がある」というような表現を見た覚えがあるのですが、こう書くと日本ってホントすごい国ですよね。

 

スポンサーリンク

八咫鏡(やたのかがみ)


八咫鏡(やたのかがみ)黒鉄風(くろがねふう)

「天岩戸」の話のとき、とある神が作ったものだといわれています。外の騒ぎを怪訝に思い、ほんの少しだけ戸を開けた天照大神の姿を照らし、外界を再び明るくしたのだとか。
最高の瑞兆をもたらしたということになるからか、三種の神器の中では珍しく物騒な逸話がありません。
今は本物が伊勢神宮に、レプリカが皇居にあります。

「八咫」は大きさを表しているともいわれますが、八尺瓊勾玉と同じく「大きい」という形容詞だという説もあります。
どちらにしろやっぱり一般人が見ることはできないので、確かめようがないのですけれども。

三種の神器については、「無理やり見ようとしたら怪奇現象が起きて諦めました」とか「無理やり見た人が発狂しました」なんて逸話がゴロゴロあるものですから、まさに「触らぬ神(の持ち物)に祟りなし」という感じになっています。

もし直に見ても平気な人が現れたら、それこそ歴史が動くときなのかもしれません。厨二すぎ?w

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:天叢雲剣/wikipedia 八尺瓊勾玉/wikipedia 八咫鏡/wikipedia

 

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 寺社・風習

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.