八月十八日の政変

まんが日本史ブギウギ

八月十八日の政変で京を追われ長州藩ピンチ まんが日本史ブギウギ220話

尊皇攘夷を掲げ、外国人へはテロ行為も辞さない――。

幕末の過激思想の代表と言えば水戸藩と長州藩。

水戸藩は、明治維新後も沈んだまま政治の表舞台から消えていきましたが、その後躍進した長州藩には悲壮感などありません。

ゆえに、シックリ来ないかもしれない。

【下関戦争】や【八月十八日の政変】から続く、失態の数々。

孝明天皇にも嫌われ、京都から追い出され、大ピンチに……ということでマンガ『日本史ブギウギ』第220話スタート!

 

お好きな項目に飛べる目次

馬関海峡

◆文久3年(1863年)そして4年(1864年)の二度に渡り、長州藩は欧米諸国の船を攻撃しました。

下関戦争あるいは馬関戦争と呼ばれますね。

愚にもつかないこの暴挙に対し、幕府も朝廷も……。

久坂玄瑞
幕末一のモテ男・久坂玄瑞~25才で夭折したのは松陰の遺志を継いだから?

続きを見る

 

カモとトシ

◆長州藩というと尊皇攘夷の代表的存在であるからして、天皇のお気に入り――そんなイメージをお持ちの方も多いですが、当時は真逆。

孝明天皇に呆れ果てられていました。

その理由は外国人に対する無謀なテロ行為というより……。

 

偽勅

◆孝明天皇が訝しんでいたのが【偽勅】です。

当時、天皇の偽造文書が発せられるというトラブルが頻発していました。

松平容保
松平容保(会津藩主)の迎えた最期は悲劇だった?天皇と藩祖に捧げた生涯

続きを見る

なぜ、そんなことが起きていたのか?

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-まんが日本史ブギウギ