日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 江戸時代

「幕末の賢侯」と呼ばれた徳川斉昭 たしかに仕事はデキる!されど精力的過ぎて問題も多し

更新日:

「人の振り見て我が振り直せ」なんて言葉があります。
熱中しているとなかなか自分の行動を客観的に見るのは難しいですよね。
良い友人や家族、あるいは上司・部下に恵まれていれば、忠告を受けることもできますけれども……それを受け入れられるかでまた障害がありますし。
本日はその辺がうまくいっていなかったのでは?と思われる、幕末のとある大名のお話です。

寛政十二年(1800年)3月11日は、第八代水戸藩主・徳川斉昭(なりあき)が誕生した日です。

最後の将軍である徳川慶喜らの父親として、また「幕末の賢侯」として有名な人ですが、他の言動にはツッコミたいところもちらほらあったりします。

tomorroweye22

【TOP画像】徳川斉昭/Wikipediaより引用

 

当初は部屋住みとして埋もれていくハズだったが……

斉昭は、第七代水戸藩主・治紀の三男として生まれました。
この生まれ順ですから、当初は藩主の座を継ぐ予定もなく、部屋住み(何かあった時のために実家に残る人。基本的に冷遇される)時代を長く過ごします。

ただし、小さい頃から頭が良いことはわかっていたので、治紀としては「次男を養子に出すのはいいとして、長男だけだと何かイヤな予感がするから三男を家に残しておこう」と考えていたのかもしれません。
まあ、藩主であっても「謎の急死(という名の暗殺)」はままある時代ですからね……。

そしてトーチャンの予感を裏付けるかのように、八代藩主で斉昭の長兄である斉脩(なりのぶ)は、2つの問題を作ってしまいました。
ひとつは、正室と仲が良いにもかかわらず、後継ぎに恵まれなかったこと。
もうひとつは、その問題をはっきり解決しないまま斉脩本人が亡くなってしまったことです。

斉脩の正室が十一代将軍・家斉の娘だったため、「ワシの子供を養子にやろうか?」といわれたこともあったのですが、いざというとき将軍を止めなければならない御三家が、宗家の人を養子にもらっては本末転倒です。
特に水戸家は勤皇をモットーとしていましたので、あまりにも宗家寄りになると、朝廷からの信頼がガタ落ちしてしまいます。

しかも、例によって家臣の間でも意見が割れてしまったため、お家騒動ギリギリのてんやわんやになってしまいました。

結局、「斉脩が”斉昭を養子にして跡を継がせる”という遺書を残していた」ことで、めでたく斉昭が水戸藩を継ぐことになったのですけれども。……その遺書は本当に斉脩の筆跡だったのかどうか、とかはルッコんじゃいけません。ええ。

 

スポンサーリンク

弘道館を作り「学問は一生行うもの」

そんなわけで部屋住みから一転して藩主となった斉昭は、生来の聡明さを活かして藩政に取り組みます。

一番有名なのは、弘道館という藩校を作って、市民からも広く人材を求めたことでしょうか。水戸学の他に自然科学や武道など、広く学ばれていたようです。
「学問は一生行うもの」として、「卒業」という制度がなかったことも大きな特徴です。近年も「生涯学習」という単語が出てきましたが、弘道館では百年以上前からこの概念があったことになります。

また、斉昭は開国には反対でしたが、西洋の文物を取り入れることには積極的でした。
西洋式の兵器を国産化しようと試みたり、国防のための蝦夷地開拓・大きな船の建造許可を幕府に求めるなど、水戸藩や幕府だけでなく、国を守ろうといろいろやってもいます。

が、勢い余ってお寺の鐘や仏像を大砲の材料にしてしまったり、無理やり神社を作らせたり、軍事訓練を推し進めてしまったせいで、幕府から「お前隠居&謹慎な」と言いつけられてしまいました。
水戸藩は御三家の中で唯一江戸に藩主が定住するという特徴を持っていたのですけれども、ただでさえ領地も江戸の目と鼻の先なのに、こんなド派手な動きをしていたら目をつけられますよね。
何で誰も諫言しなかったんや。

 

スポンサーリンク

異人と国交なんてトンデモナイ! 焼き払え!

幸い(?)斉昭は身分の低い藩士にも人気があったため、復権を願う人も多く、謹慎は数年で解除されています。
それからさらに四年ほど経ってから、斉昭がまた政治の表舞台に大きく物申すタイミングがやって来ました。

黒船来航です。

斉昭は半分脅迫じみた交渉をしてくるペリーに対し、「異人と国交を持つなどとんでもない! 焼き払うべきです!!」と主張し、実際にも大量の大砲と軍艦を作って幕府に献上しています。
そういう仕事が早すぎるところが幕閣にウザがられたんじゃないですかね……。まあ、この頃の幕閣は腰が重すぎますけれども。

当然のことながら、斉昭は開国を進めようとする幕閣と激しく対立しました。この頃、開国派の代表格は井伊直弼です。
さらに、将軍継嗣問題でも斉昭と直弼は対立しました。
この辺は大河ドラマ「篤姫」でも割と大きく取り上げられていたので、ご記憶の方も多そうですね。

当時の将軍は十三代・家定。十二代・家慶の子供の中で唯一成人した人ですが、家定も病弱だったため子供ができるかどうか危ぶまれており、早いうちから「十四代将軍をどうするか」という問題が起きていました。
実は、家慶は「病弱な家定に将軍という重責を負わせるよりは、健康な他の者に継がせるべきではないだろうか」と言っていたこともあります。

そのとき候補に持ち上がったのが、斉昭の息子・慶喜でした。

黒船来航時の横浜/Wikipediaより引用

 

直弼らは、慶喜と張り合える血筋の家茂を担ぎあげる

慶喜は既に御三卿の一つ・一橋徳川家の養子に入っていました。そもそも御三卿は「宗家もしくは御三家に跡継ぎがいなかったときに養子に行くため」に作られた家なので、再度養子に行くことには問題がなかったのです。
しかし、家慶の代では「直系のお世継ぎがいらっしゃるのに、わざわざ遠い血筋の方を将軍にするのはおかしいではありませんか」と反対されたため、家定が将軍になったのでした。

斉昭からすれば、「ワシの息子のほうがデキもいいし健康なのに! キーッ!」(※イメージです)と、モンスターペアレント的なことを考えたくなるのも無理のない話です。
しかし、ここで慶喜が将軍になってしまえば、斉昭が大御所のような権勢を持つことは火を見るより明らかでした。直弼らからすれば「マジ勘弁」ですよね。

そんなわけで、直弼らは慶喜と張り合えるだけの血筋の人物を担ぎ上げます。

それが、最終的に十四代将軍になった家茂です。

家茂は家定の従弟でしたので、家康まで血筋を遡らなければ宗家とのつながりがない慶喜よりもはるかに血筋が近く、理由付けとしては十分でした。
さらにここでは、大奥の動きも大きく影響します。
というのも、斉昭は大奥の女性たちに非常に嫌われており、彼女らが影響を及ぼす幕閣や大名たちにも自然と嫌われたといわれているからです。

その原因は、主に斉昭の女性問題でした。

 

女好きの斉昭、禁忌に触れて、大奥に嫌われる

最たるものは、斉昭の兄嫁付きの女中(しかも大奥では「上臈御年寄(じょうろうおとしより)」というお偉いさんだった)唐橋という女性に手を付けたことです。
上臈御年寄は生涯に異性関係を持たない決まりで、唐橋はかつて家斉からの求愛も謝辞したほど、厳格に掟を守っていました。大奥から出た後はその決まりに従う必要はなかったはずですが、唐橋は律儀に貞操を守り続けていたのです。
そのプライドを斉昭が踏みにじったのですから、大奥からのウケが悪くなるのも無理はありません。

また、斉昭は正室との仲が良く、子供にも恵まれているのに女好きが過ぎました。

ほぼ毎年子供が生まれているくらいですから、余程ですよね。ちなみに、末っ子の二十二男&十五女は亡くなる二年前、58歳のときに生まれています。しかも同じ年に生まれているということは、「同時期に複数の女性に手を付けるのは、斉昭にとって当たり前だった」&「跡継ぎの心配がなくなっても、子作りに熱心だった」ということになります。どんだけ(ドン引き)

つまり、正室との関係が悪いことによる腹いせ混じりの漁色ではなく、単純に夜も元気すぎたからということになるわけで……そりゃ、大奥からすれば好意は持てませんよね。
「夜の生活は必要最低限でいいし、それで別段困ったこともない」(意訳)と言っていた松平定信あたりが化けて出て説教してもいいレベルです。

しかも自分はぽんぽこ子供を作る=金を使うくせに、大奥には「今は幕府が苦しい時なので節約しろ」と言ってくるのですから、ダブルスタンダードにも程がありました。ジャイ○ンも驚くレベル。
これでは、自ら敵を増やしているも同然です。

 

安政の大獄で永蟄居を命じられ、桜田門外の変の年に死亡

篤姫の義父・島津斉彬など、他にも慶喜を推す大名は複数いました。

が、業を煮やした斉昭らが直弼に直談判を図ったことで、かえって追いつめられてしまいました。
結局、十四代将軍の座は家茂のものになります。

さらに、孝明天皇から水戸藩に直接「幕府を何とかせい」という命令が下った(戊午の密勅)ことで、直弼は「もう斉昭公を放っておけない!」と考え、安政の大獄で攘夷派とともに慶喜推進派や水戸藩へ処分を下しました。

首魁である斉昭は水戸での永蟄居を命じられ、その後は政治に関わることができないまま、桜田門外の変と同じ年に心筋梗塞で世を去っています。
タイミングがデキすぎているので、「桜田門外の変の犯人は水戸の浪士(と薩摩藩士)」であることから「斉昭は病死ではなく、彦根藩士に復讐されたんだ」なんて噂も流れたとか。
政治のパワープレイダメ絶対。

斉昭は直弼とは対立しても、彦根名物・牛肉の味噌漬けは好きだったそうなので、たぶん公私を完全に分けて考える人だったんでしょうね。それが悪い方向に働いて、ダブルスタンダードになりやすかったのかもしれません。
何というか……仕事がデキる人なのは間違いないのですが、もうちょっと隠すべきところを隠せば、敵が減ったんじゃないかなという気がしますね。

 

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:徳川斉昭/Wikipedia

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 江戸時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.