日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

平城京/国土交通省HPより引用

スポンサーリンク

飛鳥・奈良・平安時代 その日、歴史が動いた

日本初の「街路樹」政策は奈良時代 はじめは果物の樹木が植えられ、江戸時代には一里塚に榎の木

更新日:

政治とは「よりよい世の中=最も多数である庶民のため」に行われるべきものです。が、現実には為政者の都合でコロコロ変わるものでもあります。「朝令暮改」なんて四字熟語もありますし。

しかし、歴史をひもといてみると、「こういう考え方が現代にもあったらなぁ」なんてものも見つかったりします。本日はそんな感じの、大昔に行われた政策のお話です。

天平宝字三年(759年)6月22日は、太政官符で並木・街路樹の植栽が決まった日です。

古代に景観を重視した町づくりが行われた……というのは意外な気もしますが、「当時がどんな時代だったか」を加味して考えると、その謎は解けます。

【TOP画像】平城京/国土交通省HPより引用

 

聖武天皇が橘と柳、光明皇后が桃と梨

この施策では、果物の生る木を道沿いに植えることになっていました。

景観の整備目的もあったでしょうが、貧しい人が「もしも」のときに食料を調達できるようにしたのです。
太政官符が出る前の時代から、果樹の植栽は行われていたので、それを「初めて制度化」したといってもよさそうです。

実例としては、聖武天皇が平城京に橘(と柳)、光明皇后が桃と梨の木を植えさせています。この辺は仏教への信仰が篤かった二人らしいですね。

聖武天皇/wikipediaより引用

アナログというか原始的ではありますが、福祉政策としてはなかなかのものではないでしょうか。
果物の木であれば、切り倒すかよほどひどい扱いをしなければ、毎年同じ時期に実をつけてくれるのですから、費用も手間も少なくて済みますし。

その後も街路樹の整備はたびたび行われ、交通量が増えた江戸時代には、各地の街道に杉や松がよく植えられました。

一番有名かつ大規模なのは、やはり日光杉並木でしょうか。あれは東照宮への寄進という面が強いですけれども、元々奥州街道と呼ばれていた道のうち、江戸から東照宮へ向かうあたりに植えられていますから、街路樹といえないこともありません。

現在はどこの国でも、都市の景観のために植えられていることのほうが多いですね。
日本では明治時代にヨーロッパの町並みを真似て、街路樹が増えたといいます。桜やイチョウなどの落葉樹が多いのも、紅葉・黄葉鑑賞のためでしょうか。

また、戦後には10%程度の街路樹が何者かによって切り倒されたとされています。時勢が時勢ですし、一般人が燃料確保のためなどで使ってしまったのでしょうかね……。生きるためには仕方のないことです。

最近は掃除の大変さや日照確保、虫害防止のため、街路樹が植え替えられたり撤去されてしまうこともままあるようですが……(´・ω・`)

植物を見ると目にも心にもいいといわれますし、あってもいいですよね。

 

スポンサーリンク

約4km毎に設置された一里塚には榎の木が植えられた

さて、日本史において「道」に設置されたお馴染みのものが、もう一つありますよね。

一休宗純の作とされる
「門松は 冥土の道の 一里塚 めでたくもあり めでたくもなし」
でもお馴染みの「一里塚」です。

一里塚は主に江戸時代に街道へ設置され、名前の通り「一里(約4km)ごとに塚を設け、距離の目印とする」ものでした。
江戸時代には伊勢参りなどで庶民が長距離を旅することもできるようになったので、街道の整備も重要だったのです。慶長九年(1604年)に江戸幕府から命令が出て、10年程度で全国に設置できたそうですから、幕府の影響力の強さがうかがえます。

一里塚には、榎(えのき)の木がよく植えられました。塚に根を張ってもらって崩落を防いだり、木陰で涼めるようにというねらいだったようです。榎の実は食べられるそうですので、街路樹と同じような食料調達の意味もあったかもしれません。

前述の日光杉並木にも、一里塚が併設されています。今はほとんど目立たなくなってしまっているようですが、現代ではほとんど意味がありませんし、御役目を終えたということでひとつ。

西洋にも「マイルストーン」「キロポスト」など、一里塚と似たようなものがあります。
マイルストーンはローマ帝国時代に作られたもので、1000歩ごとに一つ設置されていました。「人によって歩幅違うじゃねーか」とツッコミたくなるところですが、ローマ帝国に限らず、古代の度量衡は人の指の長さなどを基準にしているのでそんなもんです。

現在ではマイルを用いている国でマイルストーン、km(というよりメートル法)の国ではキロポストという呼び方をしているようですね。

……何だか、古い時代のほうが庶民に対して思いやりのある政策が多いように思えるのは、気のせいですかね……?

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:街路樹/wikipedia 一里塚/wikipedia 街路樹の歴史/東京都建設局 R25

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日のあらすじ感想レビューは……

-飛鳥・奈良・平安時代, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.