日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 中国

白蓮教徒の乱 世間から異端視されていた宗教団体がついに暴発inチャイナ

更新日:

「gdgdになるもの」といわれたら、どんなものを想像しますか?
ワタクシとしては「国会の質疑応答」と答えt……ゲフンゲフン。まあ、大体の場合「予想外に長引くもの」=gdgdですよね。
本日はそんな感じの、とある内乱のお話です。

1796年(日本では江戸時代・寛政八年)3月4日は、中国・清王朝で白蓮教徒の乱が始まったとされる日です。

あまり知名度が高くない=歴史に及ぼした影響が少ない、というのっけから最大のネタバレをしつつ、事の経緯をみていきましょう。

 

革命思想が強くなりすぎて禁教令

白蓮教とは、これより600年ほど前、つまり12世紀の南宋時代に始まった、中国固有の宗教です。
当時から教団幹部が妻帯者であることなどから、政府・他宗教から異端視されていました。
教義としてはマニ教(中東発祥の善悪がはっきりした宗教)と仏教の弥勒信仰を足して割ったようなものです。

元の時代にはメジャーになりかけたものの、革命思想が強くなりすぎて禁教令を何度も出されていました。
弥勒信仰の中に「下生信仰」があり、この中の「近いうちに弥勒菩薩がこの世に転生し、衆生を救ってくれる」というところが革命と結びついたと思われます。
そりゃ皇帝からすれば面白くない話ですよね。

明の創始者・朱元璋も当初は白蓮教徒で、白蓮教が起こした「紅巾の乱」に参加して元を倒しました。
しかし、皇帝になってから「あれ、これ俺にとって不都合じゃね?」と思うようになったようで、弾圧しています。ひでえ、
ちなみに文字違いで「黄巾の乱」だと後漢末期の話になってしまうので、学生の方は注意したほうがいいかもしれません。某無双ゲームで知名度が増したので、間違える人はだいぶ減りましたかね。

 

スポンサーリンク

リーダーがバラバラなら、神様もバラバラって

時が流れ、清朝になってからも白蓮教は外部から「ヤバイ団体」と思われていました。
この頃には民間信仰が入って教義がかなり変質しており、「無生老母」という神様に近い存在が、「劫」という世界の終末に「使い」を送って特別な信者を救ってくれるというものになっています。キリスト教にも近い感じがしますね。死後の救済を求める宗教はだいたい似通いますけれども。

宗教内では教えが確立しておらず、この「使い」も弥勒菩薩だったり阿弥陀如来だったりバラバラだったそうですが。お釈迦様の立場は一体……。
ついでにいえば、教団のリーダーもバラバラだったり、「白蓮教」という呼び名も教団側が名乗ったものではなかったり……最初から分裂してる宗教ってどうなの。
もしかしたら、教団外の人間が似通った教義の教団をまとめて呼んでいたのが定着したのかもしれませんね。

この頃の清は全盛期でもあったが、官僚の腐敗や地方の貧困という問題もありました。小さな反乱もいくつか起きており、中には白蓮教に吸収された団体もありました。
その代表者の一人・劉之協が当局に捕まって脱走したことが、白蓮教徒の乱の発端となります。

ときの皇帝・乾隆帝は、ヘシェン・ヘリェンという兄弟に劉之協の後始末を任せます。ヘシェンが文字コード制限のせいで表記できないので、兄弟両方ともカタカナで統一しますね。
この兄弟が手段を選ばなさすぎて無実の市民が大勢犠牲になった上、官僚がどさくさに紛れて民衆から金を巻き上げるというカオスに陥りました。ひでえってレベルじゃねーぞ!

 

スポンサーリンク

平和ボケで役立たずな清軍 鎮圧したのは漢民族の自警団だった

1795年に乾隆帝が嘉慶帝に譲位すると、さらに混乱は極まります。代替わりのときってそんなもんですよね。

そんな状況の中で、白蓮教の主導により湖北省で反乱が起き、陝西省・四川省・河南省・甘粛省に広がっていきました。大雑把にいえば、中国の中~西部あたりです。
白蓮教徒たちは「戦って死ねば来世で幸せになれる」と信じ込み、他の農民などにも信じ込ませて数十万人を動員しました。

一方、清の正規軍は平和が長すぎて役に立たなくなっており、鎮圧に手こずります。代わりに鎮圧で功績を挙げたのが、漢民族主体の義勇兵や各地の自警団だったでした。用語では、郷勇(きょうゆう)・団練(だんれん)といいます。
いわずもがな、清王朝の支配者層は満州族です。アチャー(ノ∀`)

元々白蓮教側も一枚岩ではないので、士気の高い郷勇・団練に次々と敗れ、1798年には主導者二人が自害。
翌年にトーチャンの乾隆帝が亡くなった事により、嘉慶帝が親政を始めてヘシェンを追い落としました。さらに、そこから二年のうちに白蓮教側の代表者が相次いで自害したことで、やっと乱は収まります。乱の勃発から6年ほど経ってからのことでした。

こんなgdgdな状況だったので、明王朝に対した影響は与えられませんでした。
しかも、鎮圧までに長引いたせいで軍費が莫大になった上、政府軍の不甲斐なさが露呈します。
それでもこの後半世紀も清王朝はもったのですが。事実は小説より奇なり、とはよく言ったものです。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:白蓮教徒の乱/Wikipedia 白蓮教/Wikipedia 弥勒菩薩/Wikipedia

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 中国

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.