日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

女性 飛鳥・奈良・平安時代 その日、歴史が動いた

母から娘へ皇位継承された唯一の元正天皇 そして聖武天皇へと繋がった

更新日:

受験では軽視されるも重要な役割を果たした元正天皇

近年、男女同権が盛んに叫ばれておりますね。
個人的には、ただ単純に同じ権利や仕事が割り当てられるよりは「それぞれの長短を踏まえて、お互いに得意なことを任せる」のが良いのではないかと思います。
なんせチカラ仕事は基本的に男性のほうが効率いいですし、生活上の細々したことは女性のほうがよく気がついたりしますよね。もちろん、個人差はありますが。
本日はその一端が垣間見える……かもしれない、古代のゴタゴタを乗り切った方のお話です。

天平二十年(748年)4月21日は、元正天皇が薨去した日です。

日本でも数少ない女帝の一人ですが、あまり言及されることはないですね。
でも、実はとても重要な時代に帝位についていた方です。

この辺は皇位継承順がややこしいことになっていますので、先に系図を見ておくと良いでしょう。
見ると余計イヤになるかもしれませんが、教科書で深くやらないところこそ面白かったりしますし。

また、いつもであれば当コーナーでは、位に付く前も上位した後も「○○天皇」と書かせていただいているのですが、今回はそうしてしまうと非常にややこしくなってしまう(気がする)ので、在位中の方だけを「○○天皇」と書かせていただきますね。

前置きが長くなりましたが、そろそろ本題に入りましょう。

 

スポンサーリンク

天武天皇と天武天皇の孫

後に「元正天皇」となる日高(氷高または新家とも)皇女は、天武天皇九年(680年)に生まれました。

父は天武天皇の皇太子・草壁皇子、母は天智天皇の娘・阿閉皇女です。
つまり、壬申の乱で対立した二人の天皇にとっては、どちらから見ても孫ということになりますね。
後世からすると、ここが彼女の人生にとってのキモになるところです。

日高皇女が生まれたとき、母方のジーちゃんである天智天皇は既に崩御していましたが、父方のジーちゃん・天武天皇はまだ存命中でした。
だいぶ可愛がられていたようで、日高皇女が病にかかったとき、天武天皇は198人もの罪人に恩赦を与えたといいます。ちなみに日高皇女はそのとき2歳。なんというダイナミック爺馬鹿(褒め言葉)。

幸い日高皇女は持ち直し、3歳のときには弟・軽皇子(かるのみこ)も生まれました。
この人は後に文武天皇となります。

ややこしくなるのは、日高皇女が9歳のときに父・草壁皇子が亡くなってからです。
本来であれば軽皇子が皇位を継ぐはずでしたが、まだ幼かったため、祖母である持統天皇が即位することになりました。
このとき、天武天皇が亡くなってから既に三年経っています。三年も帝の位が空いていたというのは奇妙に思えますが、これは殯(もがり)という死後の儀式を行う期間が非常に長かったためです。

天武天皇の場合、686年に亡くなって688年にやっと陵(お墓)に葬られました。つまり、その間はずっと地上に棺を置いたまま儀式をしていたわけです。殯の儀式を執り行った人が後継者である、ということを広く知らしめる意味もありました。
もちろんこのときは草壁皇子がやっていたのですが、儀式が終わってさあ即位……となったところで亡くなってしまったというわけです。

ややこしい事態はまだ続きます。

 

スポンサーリンク

文武天皇の息子・首皇子がまだ6歳だったので……

軽皇子は成長してから即位し、文武天皇となったのですが、この方も24歳の若さで亡くなってしまいます。

幸い、息子の首皇子(おびとのみこ)が生まれていたものの、たったの6歳。後の世ではこのくらいの年齢で帝位につかされることも珍しくありませんが、当時は「いやいやさすがに無理でしょ」と考えられました。
古代のほうが常識的ってどういうことなの。

しかし、融通が利くのもまた古代の皇室です。
「首皇子が大人になるまで、私が代わりを務めましょう」と、バーちゃんである阿閉皇女が元明天皇として即位しました。

しばらくはそれでうまくいっていたのですが、元明天皇は既に40代後半に入っており、当時の感覚としてはご老体です。
元明天皇自身も老いを感じていたらしく、和銅八年(715年)に譲位を決めました。

が、このときまだ首皇子は14歳。ついでにいえば、夭折した父の文武天皇が即位したのと同じ歳です。イヤな予感がしますね。
当時もそう思われたのか、「もう少し中継ぎの方がいたほうがいいのでは……」と判断されました。

しかし、他に皇位を継げそうな男子はいません。
そこでお鉢が回ってきたのが、日高皇女改め元正天皇でした。

 

藤原不比等は長屋王に支えられながら

当時、元正天皇は35歳。
当時の感覚でいえば彼女もまた老年ギリギリというところですが、続日本紀に「慈悲深く美しい」と書かれていますので、若々しい感じの女性だったのかもしれませんね。

また、元明天皇→元正天皇は史上唯一の「母から娘への皇位継承」でもあります。
とはいえ、元正天皇の父親は上記の通り草壁皇子=天武天皇の男系男子なので、女系天皇かどうかというのはビミョーなところです。
女系天皇だと、「母親だけが皇族」という意味になりますからね。

こうして母から中継ぎの役目を引き継いだ元正天皇でしたが、藤原氏の始祖・藤原不比等や、いとこかつ義弟(妹の降嫁先)の長屋王に支えられ、9年間位を保つことができました。

そして首皇子が23歳になったところで、位を譲ります。
この人が「奈良の大仏様」こと東大寺盧舎那仏像を作ったり、国分寺を全国に置いた聖武天皇です。
トーチャンの病弱さが遺伝していたから、聖武天皇も体が弱く、仏教への信仰が篤くなったんですね。

元正上皇もその辺が心配だったようで、その後も聖武天皇を「我が子」と呼び、後見し続けました。

そして19年後、天平十五年(743年)に聖武天皇が病がちとなり、政務が難しくなると、再び元正上皇が名代を務めるようになります。
おそらく、元正上皇自身が亡くなる天平二十年(748年)ごろまではそうだったと思われます。

聖武天皇も天平勝宝元年(749年)に、娘の阿倍内親王(孝謙天皇)に譲位していますが。
譲位で気が楽になったのか、その後も7年生きています。
健康上の不安があるとメンタルも弱りやすいものですし、その逆もまた然り。

江戸時代にも後桜町天皇・光格天皇という義理の親子のような関係だった天皇がいます。
もしかすると後桜町天皇は元正天皇をお手本にしていたのかもしれませんね。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:元正天皇/wikipedia

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-女性, 飛鳥・奈良・平安時代, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.