日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

ノルマンディー上陸作戦/wikipediaより引用

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた WWⅡ

ノルマンディー上陸作戦はホントに大成功だったの?

投稿日:

立てることは重要なれど、そうそう思い通りにならないのが計画。
トラブルをいくつ想定しているか。あるいは対処法が関係者全員にキッチリ行き渡っているか。等々、事前の準備の度合いで、最終的な達成度や効力も決まるものでしょう。
では「史上最大の作戦」と呼ばれるアレはどちらだったのでしょう……。

1944年(昭和十九年)6月6日は、第二次世界大戦におけるノルマンディー上陸作戦(オーバーロード作戦)が開始された日です。

上陸自体の作戦名は「ネプチューン作戦」ともいいます。ファンタジー系の小説やゲームが好きな方にはおなじみ、ギリシア神話の海神の名前です。……海の神様は上陸しないと思うんですが、「海神を味方につけて勝ってやるぜ!」みたいな感じなんですかね。
ちなみに海からの上陸だけでなく、パラシュートによる降下をした部隊も多数参加していました。詳しくは下のほうで。

 

【9行でわかるかもしれないヨーロッパ西部戦線】

ただでさえややこしい近現代史の中でも、第二次世界大戦は屈指の難度ですよね。
戦線が広すぎ&同時進行が多すぎるのがその理由ですが、まずはノルマンディー上陸作戦に関することだけを抜き出してみましょう。

【9行でわかるかもしれないヨーロッパ西部戦線】
ドイツがポーランドに侵攻

ドイツがベルギー・オランダ・ルクセンブルク、ノルウェーに侵攻

ドイツがフランスへ侵攻・占領

バトル・オブ・ブリテンでドイツが負ける

ドイツがイギリス攻略を諦めてソ連侵攻(独ソ戦)を開始

ドイツがフランスを封鎖し、イギリスとの連携を断つ

ソ連「ウチがキツイから大西洋側もつついてよ」(超訳)と英米に要求

ノルマンディー上陸作戦計画・実行 ←今日この辺

フランス解放・ドイツ攻略

ポーランド侵攻は東部戦線に入りますが、大戦のきっかけなので入れさせていただきました。ドイツ関連だけだと割とシンプルですね。
本当はここにイタリアとかアフリカ戦線が絡むのですが、今回の話には直接関わってこないので、割愛しましょう。

 

スポンサーリンク

仏元大統領のド・ゴールもヤル気まんまんだったけど

さて、英米軍の上陸作戦における候補地は、アフリカ北西部やノルウェーなど、他にもいくつかありました。
しかし準備が整わなかったり、効果が薄そうということでとりやめられ、最終的にフランス北部沿岸のノルマンディーが選ばれたのです。

当初は英米軍のみで実行されることになっておりました。が、さすがに「当事者に知らせないのはマズくね?」ということで、イギリスに亡命していた元大統領シャルル・ド・ゴールにも通知され、自由フランス軍も加わることに。
ド・ゴールは「フランスを取り戻すための戦いなのだから、フランス人がやるべき!」とやる気満々で参加を決意したのですが、亡命中ということもあって大した兵力は用意できませんでした。

ドイツ側でも「いずれ英米軍はフランス上陸作戦をやるだろう」と想定。
しかし、上陸地点は港町カレーだと思っていたので、そちらに防備を回すという見事なすれ違いが起きます。
計画としても「上陸してくるところを水際で叩く」という単純過ぎるものでした。

また、ドイツがヨーロッパ西部に築いていた「大西洋の壁」も完成とは程遠い状態であり、防御も迎撃も準備が不十分な状態でした。

さらに、チョビ髭は「イギリス軍は、こっちが占領しているチャンネル諸島(ドーバー海峡の東にあるイギリス領の島々)を死に物狂いで取り返すに違いない」と思っていたようです。
そのため、大陸よりもチャンネル諸島の防衛に力を割いていました。

ドイツは、英仏の最短距離にあるカレー(北東に位置)の防御を固めていた/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

リーダーの思考の相違が運命を分けていた!?

一方のイギリスですが、同国は昔から伝統と同じくらい「実用性」を重んじる国です。
チャンネル諸島を取り返しても、この時点で戦略的なメリットはほとんどなかった上に、民間人を多く巻き込む恐れがありました。そのため同諸島の奪還は考えておりません。

対して、チョビ髭は、ねちっこいというか恨みを忘れないタイプ。
だからこそ「イギリスが自国領土を放置するなんて、自国の沽券に関わるようなことをするわけがない」と思っていたようです。

ここらへん、価値観の違いというか、戦術的センスや知識の差というか、「自分がこう思うんだから、相手もそうに違いない」という思い込みのせいというか……。

ちなみに、チャンネル諸島に送り込まれたドイツ軍(※約4万)はイギリスによる海上封鎖で食糧も物資も不足して悲惨なことになっていました。
つまり「戦略的に意味のない場所に行かされた上、食うや食わずの苦しみを味わわされる」という最悪の事態に陥ったわけです。

ついでにいうと、この頃のドイツは独ソ戦のためにかなりのドイツ兵を東部戦線に送っていて、西部戦線には寄せ集めの非ドイツ語圏出身者ばかりでした。

指示がスムーズに行き渡らないばかりか、一部の戦場では
「ポーランド人部隊がドイツ人指揮官を射殺して連合軍に投降した」
「3人のアメリカ兵に40人が投降した」
なんてケースもあったそうです。どんだけgdgdなんだよ。
上にセンスがないとやっぱり下が苦労するもんですね。

さすがにチョビ髭以外の幹部は「ノルマンディーのほうがヤバくね?」と気付いており、ロンメルも急ピッチで地雷などを用意しています。

 

最大の激戦地オマハ・ビーチ 映画の如き凄惨な現場に……

これに対し、英米軍も完璧ではなく、上陸作戦開始の暗号がドイツ軍にバレるなどのポカがありました。

そもそも暗号が発せられてすぐ実行というわけではなかったことや、直前にドーバー海峡付近で暴風雨が起きてずれ込んだため、6月6日実行に至っています。
ちなみにドイツ軍ではこの暴風雨が9日まで続くと考えており、幹部が休暇要請を出すほど楽観視していました。絵に描いたような死亡フラグですね。

そして運命の6月6日。
英米軍は、日付が変わると、数カ所に分かれて作戦を開始しました。

上陸直前の連合軍兵士たち/wikipediaより引用

まず英米軍の空挺師団(飛行機で現場近くに行き、パラシュートで降下して作戦を始める部隊)が内陸部へ侵攻するための橋を確保するために動きます。
同時進行でノルマンディー西部のコタンタン半島にも別の空挺師団が降りましたが、この方面ではドイツ軍が川をせき止めて沼地を作っており、そこにハマって溺死した兵も多かったとか。
しかし、フランスで最初に街を開放したのもこの方面だったりします。

そして最も有名なのが、オマハ・ビーチをはじめとした文字通りの上陸部隊です。
最大の激戦地としてもよく知られていますね。

映画「プライベート・ライアン」が公開されたとき、当時この上陸部隊にいた元兵士のご老人が「これに風と匂いがあれば、本物の戦場だ」と評した――なんて話をどこかで見たような気がするのですが、どこだったやら。
それでも5分ほどカットしてあるそうです。その5分間をカットしなければ、同作はR18Gになっていたとか。
カット後でもあんな感じですから、その5分間はどんなシーンだったのか知りたいような、知りたくないような……。

 

パリ解放で上陸作戦も成功ということになってますが

閑話休題。
こうして油断しきっているところに、多方面から攻めこまれたドイツ軍。
6月の前半は何とか粘りましたが、22日には東部戦線でソ連軍が反撃を開始したため、完全に挟撃される形となります。

最終的に、8月25日には英米軍がパリを解放したため、ノルマンディー上陸作戦も成功ということになっていますが、各所での段取りの悪さや犠牲の大きさからするとなかなか厳しいところがあります。
ドイツ国内では、1944年のクリスマスシーズンに「実用性からすると(プレゼントには)棺桶が一番だ」とまで追い込まれたそうですから、心理攻撃としては大成功だったかもしれませんけど。

フランス全土の解放は、1945年にイタリア戦線が進んで、南東方面からの挟撃ができてからのことです。
ヨーロッパ戦線の最終目標だったドイツ降伏はさらに後、1945年5月初旬でした。日本が降伏する約3ヶ月前ですね。

この辺からすると、アメリカが太平洋戦線の終結を急いだのもわかるような気がします。
それにしたってやり方が最悪ですけども。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:ノルマンディー上陸作戦/wikipedia

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, WWⅡ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.