日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

『大政奉還図』邨田丹陵 筆/wikipediaより引用

スポンサーリンク

日本史オモシロ参考書 その日、歴史が動いた 幕末・維新

大政奉還から戊辰戦争が終わるまでのドタバタが超わかる! 幕末のクライマックスとは?

更新日:

幕末~明治維新って、大河ドラマ等でよく扱われる割に小難しくありません?

おそらくその理由の一つが、次々と情勢が移り変わり、その都度、新しい用語が出て来ることでしょう。幕末からの流れである「戊辰戦争」にしても複数の戦いがありますし、その後の新政府の政策にしたって、王政復古の大号令やら五箇条の御誓文やら版籍奉還やら、色んなことが同時に進みこんがらがってしまいます。

要は、起点をドコに置くか?
それが難しいワケで……。

そこで本日は大政奉還を中心に据え、戊辰戦争のケリがつくまでを見てみましょう。

幕府から朝廷へ政権を返した――そんな認識はおありかと思いますが、この頃の全体の流れとなりますと意外と見落としがちなことも多々ありますので。

 

将軍家から朝廷へ政権をお返しします

ズバリ、大政奉還とは?
言葉の意味としては、十五代将軍・徳川慶喜が「朝廷へ政権をお返しします」という書面を提出し、翌日、明治天皇からの許可が降りたことを指します。

実質的には国王同様の権力を持っていた征夷大将軍ですが、実は、朝廷から将軍に任じられなければその座にはつけません。
幕末になると、開国に関する騒動をはじめとした政治的混乱がアチコチで起き、朝廷では「もう幕府いらなくね?」と考える人が増えていました。一応、親幕府派もいたのですが、こうした流れが大きなうねりになっていったのですね。

現代では「このままではクビ(物理)にされてしまう!」と危機感を抱いた徳川慶喜が、「そうなる前に討伐される名目をなくそう」としたのが大政奉還である……とする見方も強くなってきています。
といっても、単なる命乞いではありません。

幕府からも遣欧使節(ヨーロッパへの視察団)を出しており、立憲君主制や議会などの情報は入ってきておりました。
慶喜はこれを日本に導入し、天皇の下に武家による議会を作り、自分と徳川家がその中心になろうとしたのです。

実質的には「多少権力の弱まった幕府が、天皇の下にくっつく」くらいのイメージだったでしょう。

徳川慶喜/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

坂本龍馬や土佐藩なども……

倒幕派の中にも、土佐藩などが慶喜と同じような意見でした。
これは、坂本龍馬の意見をさらに発展させたものだといわれています。

これを元に前土佐藩主・山内容堂が慶喜に大政奉還を勧める建白書を書き、さらにその説明書きとして土佐藩のお偉いさんが改革意見書をつけて幕府に提出。
広島藩主・浅野長訓からも似たような趣旨の手紙が送られています。

慶喜は京都にいた10万石以上の藩の重臣を二条城に集め、この方針に対する意見を募りました。

が、ほとんどの者はハッキリした意見を出さずに様子見していたといいます。
当時はどっちがどう転ぶかわかりませんから、「もうちょっとどちらが有利か確信できるまで待とう」というわけです。

この後、広島藩や土佐藩はもちろん、薩摩藩や岡山藩、宇和島藩などの重臣たちが慶喜に改めて大政奉還を促しました。有名どころでは、薩摩の小松帯刀などがこの中にいます。

小松帯刀(小松清廉)35で亡くなった幕末の俊才は西郷隆盛と島津久光の仲も取り持った

 

スポンサーリンク

幕府からの謙虚な意見と朝廷からの穏便な返信

全ての藩から意見を聞くことはできなかったものの、再三勧められて、慶喜も政権を返すことを決めました。

このときの文章は極めて謙虚なものです。
おおざっぱにまとめるとこんな感じです。

「先祖家康の代から一方ならぬご寵愛を賜り、二百年以上もの間当家が受け継いで参りました。
昨今のような状況になってしまったのは、ひとえに私の不徳の致すところであり、慚愧に堪えません。
この上は従来の慣習を改め、朝廷に権力をお返しし、皆心を一つに合わせ、この国をお守りしたいと考えております。
そうすれば、海外のどんな国とも渡り合っていけるでしょう。
これが、私が国のためにできることだと心得ております。
また、諸侯から今後についての意見があれば受け入れ、改めてご連絡申し上げます」

一方、朝廷からの返事は?

「先祖代々ご苦労だった。
昨今の状況をみるに、そなたの建白書の意見はもっともである。
皆心を一つにし、この国と陛下をお守りしていこうではないか」

上記の内容からして、この時点では武力による倒幕はされないかに見えました。

 

【王政復古の大号令】で徳川家はノーセンキュー!

これで形式的には幕府が終わり、朝廷が政権を担うことになります。

が、まだ実務機関ができていなかったので、しばらくは慶喜を含めた幕府の中心人物が引き続き政治を行わなければなりません。
慶喜はこの状態を保ち、武家議会の発足に持っていこうと考えていたようです。

しかし、それは徳川家や佐幕派を追い払いたい倒幕強硬派にとっては非常に邪魔なことでした。

彼らが作りたいのは「西洋式の新しい国家」なので、旧体制の象徴ともいえる幕府の要人が政権に残ってしまうと、悪影響になると考えていたわけです。
なので、何が何でも徳川家を追い払おうと画策します。

そのために【王政復古の大号令】によって「これからは天皇中心の政府を作るんだから、徳川家はノーセンキュー!」(超訳)と表明し、慶喜に官位と領地を返すよう求めました。

もちろん、慶喜は政治に関わり続けたいのでこれを拒否。
しかし朝敵(朝廷=天皇の敵)にもなりたくはないので、京都を離れて大坂城へ移りました。

二条城は京都のど真ん中ですが、大坂城なら籠城戦もできますし、経済の中心地でもあります。
慶喜についてはあまり良いイメージを持たない人もおられると思いますが、行動ひとつひとつを見ていくと、過去の偉人や地理・情勢をよく把握していることがわかりますね。
一言でいえばアタマが良い。

しかし、慶喜の考えは広く通りませんでした。

夕焼けの二条城

 

慶喜が大坂に出向いたところで鳥羽・伏見の戦いが勃発!

慶喜の行動を是としない倒幕派は、解決(物理)のための工作を始めました。

例えば西郷隆盛は、自身の息のかかった志士たちに命じて江戸で暴れ回らせます。
その報復として江戸の薩摩藩邸が襲撃されたのですが、言わば「肉を斬らせて骨を断つ」というやつでしょうか。

現代から見てもあまり綺麗な方法ではありません。
結果的に新政府軍が政権を取ったため今もクローズアップされることは少ない気がしますが、ぶっちゃけて言えばテロ行為です。

当然ながら、当時を生きていた関係者、特に幕府サイドにとっては、怒髪天を衝く勢いでブチ切れる理由になりました。

大坂城で一連のことを聞いた佐幕派は、慶喜に新政府との戦争を持ちかけます。
慶喜も止めきれず、ついに武力衝突が発生!

これが【戊辰戦争】の始まりである【鳥羽・伏見の戦い】です。

 

開陽丸で江戸へ戻らず白旗を挙げていれば……

このとき、新政府軍が「天皇の軍」であることを証明する「錦の御旗(錦旗)」を掲げたことで、幕府は「天皇の敵=朝敵」になってしまいました。

慶喜としては、これだけは避けたかった。
そのために色々と動いてきたので、その衝撃は計り知れません。
大河ドラマ「篤姫」では、慶喜役の平岳大さんがとても良い演技をしていましたね。

それまで朝廷では「慶喜の言う通り、諸侯による会議を作る形でもいいのではないか」という意見が強まっていたのですが、鳥羽・伏見の戦いによって武力による倒幕派が主流になってしまったのです。

そして元々倒幕派には西国大名が多かったため、西日本では武家や商人が新政府軍に協力する姿勢を見せ、新政府軍の規模は一気に拡大します。

ここで慶喜は最大のミスを犯してしまいました。

多くの兵を置き去りにして、わずかな近臣とともに開陽丸という船で江戸へ逃げ帰ってしまったのです。
もしもここで白旗を掲げて朝廷に詫びを入れていたら、その後は全く変わったものになっていたでしょうね。

ちなみに、佐幕派の代表格である松平容保も、慶喜に半ば無理矢理に同行させられていました。
が、その後養子に当主の座を譲ったり、藩士に詫びたために恨みを買わずに済んでいます。

ほんのちょっとしたことで、慶喜と容保は全く違う評価になったわけです。

 

甲州勝沼の戦いに続き上野戦争や市川・船橋戦争も勃発

慶喜は上野・寛永寺で謹慎しました。
が、朝廷からは慶喜追討の命令が出されました。

これにより、有栖川宮熾仁(たるひと)親王が新政府軍の総大将として東へ向かい、各地の旧幕府軍と戦うことになっていきます。
vs新撰組の甲州勝沼の戦いなどが有名ですね。

そしてついに、江戸まで新政府軍が迫りました。
江戸城では慶喜から後始末を命じられた勝海舟や、薩摩出身の篤姫、皇室出身の和宮親子内親王(かずのみやちかこないしんのう)などが新政府軍との折衝にあたりました。

これに西郷隆盛が応じたことにより、江戸城は血を流すことなく新政府軍へ明け渡されます。
しかし、旧幕府軍のうちいくつかの小隊があくまで新政府軍に抵抗しました。

上野戦争市川・船橋戦争などです。

ちなみに、上野戦争が起きた頃、慶喜は水戸に行って謹慎していました。
この「常に後方にいる」あたりが、彼の評判を大きく落としていたのでしょうね。

彰義隊との上野戦争の様子/国立国会図書館蔵

 

五箇条の御誓文と五榜の掲示

一方その頃、この間京都では【五箇条の御誓文】が出され、改めて新政府のモットーが示されました。

さらに、この内容をもう少し庶民向けにした【五榜の掲示】も出されています。

「榜」は立て札のことです。日本では古代から、庶民向けの広報は立て札で示されていたので、その形を踏襲したものでした。
現代でも町内会のお知らせなどが道端の掲示板に貼られることがありますが、そんな感じです。ある意味、歴史的な方法なんですね。

この二つも見分けがつきにくい用語ですが、特徴だけまとめると

(先)五箇条の御誓文 明治天皇による天への誓約 語尾が「~ベシ」(一条だけ例外あり)
(後)五榜の掲示 明治政府から庶民へのお知らせ 語尾が「~事」

こうなります。

「戦線を追いかけるような形で、明治新政府は新しい世の中の下準備を進めていた」といえるでしょう。

五箇条の御誓文・原本/wikipediaより引用

 

旧幕府軍は北へ北へ そして箱館戦争で終焉を迎える

一方、東日本では戦争が続いていました。
東北では「会津藩の朝敵認定を何とか取り消してもらおう」という意見が強まり、仙台藩を盟主とする奥羽越列藩同盟ができます。

しかし、山を超えた先にある越後では、河井継之助の活躍する北越戦争が行われており、その余波で東北でも戦闘が始まってしまいます。
奥羽越列藩同盟vs明治新政府軍の戦いは各所に及びましたが、まとめて東北戦争と呼んでいます。

これまた有名な会津戦争白虎隊の悲劇などもここに含まれるものです。

東北戦争もやはり新政府軍の勝利に終わりましが、同盟側の敗残兵に江戸城の明け渡し等を済ませた榎本武揚らが合流し、箱館(函館)で最後の抵抗を試みます。これが箱館戦争です。
こちらは新撰組副長・土方歳三の最期の戦いとしても有名ですね。

過去に当コーナーで取り上げた中では、幕府に協力していたフランス軍人ジュール・ブリュネらも参加しています。

映画ラストサムライのモデル「ジュール・ブリュネ」 幕末のフランス軍人たちが熱い!

榎本らが降伏したことで、戊辰戦争はようやく終わりました。

関が原以来となる日本全国での大戦だった割に、一年半で全てが終わったのは奇跡的といえるかもしれません。
他の国でこの手の戦争が起こると、数十年かかることも珍しくないですからね……近いのは南北戦争(だいたい四年)くらいでしょうか。

もし、戊辰戦争がもっと長引いていたら、日本も他のアジアの国と同じように、欧米にもっと口と手を出されていたかもしれません。
この解決は、歴史的に見て本当にギリギリのタイミングだったんですね。

長月 七紀・記

明治天皇のエピソードと功績をスッキリ解説! 現代皇室の礎を築いたお人柄とは

版籍奉還と廃藩置県と地租改正の違いって? ややこしい明治の四字熟語をクリアに

スポンサーリンク

参考:国史大辞典「大政奉還」等 大政奉還/wikipedia 五箇条の御誓文/wikipedia

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日のあらすじ感想レビューは……

-日本史オモシロ参考書, その日、歴史が動いた, 幕末・維新

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.