歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

飛鳥・奈良・平安時代 日本史オモシロ参考書 その日、歴史が動いた

藤原純友の乱はナゼ起きた? 実は平将門の乱よりミステリアスな貴族の反乱

投稿日:

平安時代の反乱事件で際立って派手なのが平将門の乱
と、もう一つが【藤原純友の乱】でしょう。

読み方はそのまんま「ふじわら の すみとも の らん」でして、平将門の事件と併せて【承平・天慶の乱】とも呼ばれます。
こちらは「じょうへいてんぎょう の らん」と読みます。

セットで語られるからには何らかの関係性がありそうにも思えますが、実際のところ、ただ単に時期がかぶっただけのようです。

「首謀者である平将門と藤原純友は、比叡山で反乱を共謀し、国家転覆を企てた」なんて話もありますけれども、この時代の通信・交通手段からすると、まずありえないかと。
そもそも藤原純友は、藤原道長も輩出した藤原北家の貴族ですしね。

例によって純友の生い立ちからみていきましょう。

 

エリート家系の生まれながら幼くして父を亡くし

前述の通り、彼は、天下の藤原北家一員として生まれました。
しかし、早くに父を亡くしたために出世の見込みがほぼ消えてしまいます。

それでも伊予の掾(じょう・やや身分の低い国司)に任じられ、当初は真面目に仕事をしていました。

そこで何を思ったか。
天慶二年(939年)、突如として伊予守・紀淑人(き の よしと / き の よしひと)に反旗を翻し、瀬戸内海の海賊を従えて暴れだしてしまいます。

瀬戸内海といえば、遣唐使の旅程にも使われる、海運の大動脈ともいえる海域です。
戦国時代に織田信長とモメていた石山本願寺が、毛利元就でお馴染みの毛利家から、瀬戸内海を通じて物資を運搬していた――と言えば何となくイメージも湧くでしょうか。

平安時代にも、西日本からの物資や税の多くが、瀬戸内海を使って運ばれていました。
逆にいえば、瀬戸内海を握ってしまえば、朝廷の力を削ぐことも、自分たちだけ豊かになることもできるわけです。

そのため、納税や工事への参加から逃れたいと考えた農民たちが、地元の資産家と結びついて海賊化してしまいました。

 

スポンサーリンク

海賊の親分に収まり更に暴れ回り

当然、朝廷は税収確保のために、こういった海賊を取り締まるようになります。

本来ならば、純友も取り締まる側だったのですが……何を思ったのか、海賊の親分に収まってさらに暴れ始めてしまうのですから、破天荒というかパイレーツ・オブ・カリビアンというか……。

一時は国司・紀淑人が懐柔しかけましたが、それが効いたのもほんの数ヶ月。
同年(939年)12月には、摂津国須岐駅で、今度は備前介・藤原子高を襲撃しています。

東国でも乱が起きていた上、瀬戸内海や摂津は京都から近距離ですから、当然、朝廷は大いに焦りました。

あらゆる寺社に賊徒平定の祈願をさせながら、京都市中の警備を強める中央政府。
こういうとき真っ先にお祈りを始めるあたりが、まさに古代という感じがしますね。

といっても、幕末に黒船が来たときも朝廷では祈祷をしていましたので、「ずっと変わっていない」というほうが正しいかもしれません。

 

朝廷は位階を授けて懐柔をはかる

朝廷は、天慶三年(940年)2月に純友に従五位下の位を授けて懐柔を図りました。

が、これは決して高い身分ではありません。
藤原北家出身の純友からすれば、「今さら若造と同じような官位をもらっても嬉しくもなんともないわ! ナメてんのか!!」と感じたでしょう。

従五位下が、どのぐらいのランクなのか。
以下に詳しく説明がございますので、ご参照ください(知っておくと、日本史全般が楽しくなります)。

なんだかモヤッとする「位階」と「官位」の仕組み 正一位とか従五位とか、どんな意味がある?

純友は、引き続き各所の国府などを襲い、略奪を繰り返しました。

襲撃した場所は、東は淡路島や紀伊、西は太宰府、南は土佐というかなりの広範囲に渡ります。
その航海技術を活かして唐や朝鮮との貿易でもすれば、もっと資産を増やせて、朝廷から睨まれるようなこともなかったでしょうに。

国家転覆が目的であれば、戦力をまとめて太宰府を襲って根拠地にするなり、都に攻め上るなりしそうなものですし……ぶっちゃけ、行動範囲と計画性が釣り合っていません。

「裏で手を引いている誰かがいて、その人が純友を見捨てた、あるいは急死して計画が狂った」のでもなければ。

 

スポンサーリンク

なぜ反乱を起こしたのか 今なおミステリー

ただ、朝廷でも、叙任(従五位下を与えた)だけでうまくいくとは思っていなかったようです。

小野好古(おの の よしふる)を山陽道の追捕使に任じ、討伐の準備を進めていました。
また、この間に将門の乱が鎮圧できたため、朝廷は純友討伐に全力を挙げることができるようになり、播磨や讃岐に命じて船を造らせています。

藤原純友たちも決して一枚岩ではなかったようです。
天慶四年(941年)二月、純友の副官・藤原恒利が討伐軍の手引きをし、伊予にあった純友の本拠地が攻められました。

純友は一時逃げ延びたものの、同年五月に大宰府を襲って放火・掠奪をしています。
ここで逃げれば生き残れたでしょうに、何がしたかったのか……。

このときは征西大将軍として藤原忠文が任じられています。
実際は、彼より早く小野好古らが陸海から大宰府に向かい、5月20日に博多津で純友軍の船800を奪い、数百人を死傷させています。

このときも純友自身は伊予まで逃げ去ったものの、6月20日に警固使・橘遠保に討たれました。
残党もその年のうちに駆逐され、乱は収束しています。

将門のようなおどろおどろしい逸話がないせいでしょうか。
藤原純友の乱についてはあっさり流されがちですが、こうしてみるとなかなかにミステリーというか、謎の多い反乱といえます。

皆様はどう感じられたでしょうか。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


参考:国史大辞典「藤原純友」「承平・天慶の乱」

 



-飛鳥・奈良・平安時代, 日本史オモシロ参考書, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.