一休宗純/wikipediaより引用

鎌倉・室町時代 その日、歴史が動いた

一休宗純の生涯・人柄・父親は?史実の「一休さん」の素顔に迫る

更新日:

生臭な雰囲気が庶民にも人気? 数々の説話の元となる

まあそんな感じで、史実の一休さんは一筋縄ではいかないタイプです。

「頭がいいのはわかるけど、お坊さんとしてはどうよ?」
って感じですが、一般人からすると親しみを感じられたようで、さまざまな説話の元となりました。

中には真偽の怪しいものもありますが、これはやはり「この人ならこんな考え方や行動をするに違いない」と見なされていたからなのでしょう。

有名どころでは
「”門松は 冥土の旅の 一里塚 めでたくもあり めでたくもなし”は一休さんが詠んだものだ」
という話があります。

これ、一休の作ではない可能性が高いそうで。
よく出来た歌のため、いかにも一休さんが言いそうではありますけどね。

今は定説とされているものでも、こんな感じでいつの間にか作者が入れ替わってたりするのかもしれません。
それこそ「雨が降らば降れ」でしょう。

 

落胤説が有力なためお墓の研究が進められず

大徳寺の住職に任じられたのは悟りを開いてから50年後(!)のことで、後土御門天皇の勅命だったといいます。

少なくとも朝廷には「徳の高さ」や「民衆からの人気」のほうが多く伝わっていたのでしょう。
一休はこれを受けて大徳寺だけでなく、いくつかのお寺の再興に努め、ますます世間に知られるようになりました。

亡くなったのは88歳で、当時としてはかなりの長生き。
上記の通り、思うままに生きたことがストレスを軽減したのかもしれません。体力や運もあったでしょうけども。

それでも最期の言葉が「死にたくない」だったあたり、何ともらしいというかなんというか。

ところで、
「一休さんのお墓」
って聞いたことあります?
たぶん無い方が多いと思います。

それもそのはず、上記の通り落胤説が有力なため、宮内庁の管轄になっていて一般人は入れないからです。
たぶん学術的な研究も無理でしょう。

副葬品から生前の人となりや愛用していたものなどがわかることも多いので、残念ではありますが……一休さんのことですから「何も入れるな」とか言っててもおかしくはないですね。答え合わせのしようもないですけれど。

お墓がある酬恩庵一休寺(しゅうおんあんいっきゅうじ・京都府京田辺市)には入れるので、一休さんの足跡をたどってみたい方は訪れてみるといいかもしれません。

京都駅から電車や自動車で30分程度。
「京都市街の他にもどこか行ってみたい」なんてときによさそうです。

酬恩庵一休寺/photo by Ogiyoshisan wikipediaより引用

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
一休宗純/Wikipedia
酬恩庵一休寺/Wikipedia

 



-鎌倉・室町時代, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.