トリノ王宮図書館が所蔵するレオナルドの自画像/wikipediaより引用

イタリア その日、歴史が動いた

天才レオナルド・ダ・ヴィンチの生涯!意外と知らない素顔を絵画と共に振り返る

更新日:

1452年(日本では室町時代・享徳元年)4月15日は、「万能人」レオナルド・ダ・ヴィンチが誕生した日です。

万能すぎて何から書けばいいのか?
あまりに多才すぎて困るお人です。

が、意外と知られていないのがその生涯。

なぜ、ダ・ヴィンチという名前なのか?
どんな人物だったのか?

画家としての足跡を中心に、その生涯を辿っていきましょう。

 

ヴィンチ村に生まれたからダ・ヴィンチ

ダ・ヴィンチは、イタリア・トスカーナの【ヴィンチ村】に生まれました。

フィレンツェの西にある小さな村です。
だから「ダ・ヴィンチ」(英語だと「オブ・ヴィンチ」=「ヴィンチ村の」)なんですね。

つまり、元々は名字がないようなごくごく普通の人だったということになります。
ダ・ヴィンチの両親も芸術家だったわけではありませんし、どこに天才が生まれるかわからないものですね。

そんなわけで幼少期のことはあまりわかっていませんが、ラテン語・幾何学・数学を習っていたらしいということは間違いないといわれています。

ダ・ヴィンチの経歴がはっきりしてくるのは、14歳のときアンドレア・デル・ヴェロッキオという芸術家の工房に入ってからのこと。

アンドレアも絵画や彫刻など、複数の分野で活躍した人でしたので、このお師匠様の元に行けたことが、彼の才能を開花させる土壌になったのかもしれません。

そこで様々な経験を積むと、さっそく「万能人」としての才能を現し始めます。

 

医学的なスケッチが多いのは?

絵画や彫刻だけでなく、設計や機械工学など。
芸術から少し離れた分野でも、この時期に活動し始めたと云われています。

これは私見ですが、おそらくは絵画や彫刻の完成度を上げるために、物や人体の構造に着目し、やがて設計・機械の分野に興味を広げていったのではないでしょうか。

著名なこの一枚は『ウィトルウィウス的人体図』と言います/wikipediaより引用

ダ・ヴィンチは医学的なスケッチを多く残していることでも有名です。
それも絵画の延長とみれば、何となく興味を持つのもわかる気がします。

もしも、人体の中身や病気の構造などへの興味が絵画への情熱を上回っていたら、そのまま石になっていたでしょうし。

 

同性愛で逮捕されていた?

20歳になる頃には、ギルドから親方として認められている程です。
脳みその出来自体はもちろん、よほど学習や技術習得の効率が良かったのでしょうね。

どうせならその方法も書き残して欲しかったものですが、ガチで頭のいい人のやってることって常人には理解できないことが多いですから、結果としては同じでしょうかね(´・ω・`)

しかし何事も、全てがうまく行かないのが人生です。

24歳の頃、ダ・ヴィンチを含めた4人の男性が同性愛でしょっぴかれたという記録があります。

カトリックだと同性愛は罪なので、残念ながら、仕方がないことでもあります。
ダ・ヴィンチには生涯を通じて女性との交友関係が非常に少ないので、存命中からいろいろ言われていたのでしょう。

この時点から約2年ほど記録が消えていることからして、当時の世論はかなり厳しく責めたのでしょう……。

 

「東方の三博士」の絵から個人で仕事依頼

工房のメンバーとしてではなく、ダ・ヴィンチ一個人として仕事を請け負うようになったのは、この事件(不起訴)からしばらく経った後でした。
とある修道院から受けた、東方の三博士の絵です。

「東方の三博士」とは、イエス・キリストが生まれたとき、はるばる東の国からお祝いにやって来たと言われている三人の賢者のこと。宗教画のモチーフとしてよくあるものなので、画像を見ると「ああ、これか」とわかる方も多いかと思います。

『東方三博士の礼拝』/wikipediaより引用

ダ・ヴィンチはなぜかこの仕事をすっぽかしてミラノへ行ってしまったため、記念すべき初仕事は未完のままになってしまったとか……(´・ω・`)

この頃から、お偉いさんの間ではレオナルドの名が取り沙汰されるようになってきているので、政治的な理由も何かあったのかもしれません。

 

フランスから攻めこまれたときはヴェネツィアへ

30歳から47歳の間は、ミラノで活動していました。

最も有名な「最後の晩餐」や、「断崖の聖母」といった代表作は、この時期に描かれたものです。
他にもミラノ大聖堂や、ミラノの主だったフランチェスコ・スフォルツァの騎馬像なども手がけました。

騎馬像については、何故か実際の製作開始までにかなりの期間が空いたようですが……気が乗らなかったんですかね。

しかもこの像、フランスがミラノに攻めてきたときに大砲の材料として供出されてしまったそうで。あれれー? どっかで聞いた話ダナー?

ダ・ヴィンチ本人は親しい人々と一緒にヴェネツィアへ避難していたので、戦争に巻き込まれることなく済みました。
その後は故郷・フィレンツェに戻り、とある修道院から工房を提供されて「聖アンナと聖母子と幼児聖ヨハネ」というデッサンを残したといわれています。

「聖アンナ」はイエス・キリストの母方のおばあちゃんで、「聖母子」は聖母マリアとイエス・キリスト、「聖ヨハネ」は、これまた母方の従兄弟であり、「洗礼者ヨハネ」とも呼ばれる人のことです。
ここでも徹底的にハブられるイエスの(義理の)父・ヨセフが哀れでなりません(`;ω;´)
※続きは次ページへ

次のページへ >



-イタリア, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.