アフリカ その日、歴史が動いた

子供180人で90才まで長生きのラムセス2世が偉大過ぎ(統治期間60年以上)

投稿日:

紀元前1279年5月31日は、エジプト第19王朝のファラオ・ラムセス2世が即位したとされる日です。

暦も変わっていますし、文字通りはるか古代のことなので、本当にこの日かどうかは疑わしいのですが……。
ともかくこの方の経歴がハンパない!

子供が180人おり、寿命は90前後、60年以上もの間、エジプト王朝の統治をしていたというのです。

更には後世になってミイラが発見されたおきには、その運搬に際してパスポートが……って、一体どんな方なのよ!

まずはエジプト王朝の概要から確認して参りましょう。

 

31王朝から更に続くよエジプト史

「第19王朝」というのはギリシアの学者が作った便宜的な分け方で、実際にはそんな頻繁に王家が変わっていたわけではありません。

エジプト史をものすごく乱暴にまとめるとこんな感じです。

【ややこしいエジプト王朝の歴史】

先王朝時代 まだ統一されてなかった頃

第1~2王朝 ファラオが登場し、少しずつまとまり始める

第3~6王朝 ファラオが強権化し、ギザの3大ピラミッドが作られる

第7~11王朝 王様がいるのに大混乱期

第11~12王朝 中央集権しかける

第13~17王朝 大混乱セカンド

第18~20王朝 現代でも有名なファラオが数多く出た時代 ←今日この辺

第21~25王朝 大混乱サード

第26~31王朝 ゴタゴタしてたら三方向(全部別の国)に攻められて王朝終了

アレクサンドロス3世(大王)に滅ぼされる

プトレマイオス朝 アレクサンドロス3世の部下の子孫たち

ローマ帝国の支配下に入る

イスラム圏に入る

エジプト革命

そして現代へ

第1王朝から最後の第31王朝までだけで3700年もあるんですね。
こんなに長かったら、そりゃあどこかで分けないと学術界では不便で仕方ない。

日本で古代エジプトの話をするときは、だいたい
◆ギザの3大ピラミッドの時代(第3~6王朝)
◆男装のファラオハトシェプスト・今回お話するラムセス2世・少年王ツタンカーメンの時代(第18~20王朝)
◆絶世の美女・クレオパトラ7世(プトレマイオス朝)
この辺りが主でしょうか。

 

スポンサーリンク

子供の数は180人だと!? ただし養子含む

ラムセス2世はその中でも、突出した偉業とエピソードを多く持つ人物です。
パーソナルデータがまずスゴイ。

・ミイラから推測される身長183cm
・同じく推定される死亡時の年齢は88~92歳
・妻妾の数は不明ながら180人程の子供がいた

当時の成人男性の平均身長が160~165cm、平均寿命が35~40歳だったといわれていますので、一般人には神の一員としか思えなかったかもしれません。

乱暴に現代日本で換算してみると、「身長2mの超高身長の人が人類の寿命新記録を出した」みたいな感じでしょうか。
すごいというかむしろ怖い?

ラムセス2世のトーチャンであるセティ1世も大柄で文武両道だったといわれていますし、顔もよく似ているので、血筋だったのでしょう。

子供についてはさすがに多すぎるので、「半数は”王の息子”という称号を与えられたか、養子かどちらかだろう」ともいわれています。

もしも全員が実子だとしたら、エジプト人の大半はラムセス2世の子孫ということになりそうです。
まぁ日本も似たようなものですが。

また、ラムセス2世は自らも優れた戦士であり、戦の際はその存在だけで兵の士気が上がったといいます。
ヒッタイト(現在のトルコ東部にあった国)と戦ったときは、情報撹乱を受けつつも互角に戦い、平和条約を結んで休戦するという柔軟さも見せました。

このときラムセス2世はヒッタイトの王女の一人を妃に迎えたといいます。
世界最初の平和条約・和解のための政略結婚かもしれません。

ラムセス2世にとって非常に誇らしいことだったらしく、あっちこっちに戦勝の記念碑を作りまくりました。

 

アブ・シンベル神殿を守るために世界遺産が始まった

ラムセス2世は建築にも熱心で、テーベからベル・ラメセスへの遷都や、数多くの神殿を建てています。

中でもアブ・シンベル神殿は世界遺産の第一号として著名ですね。
そもそも、1960年代にこの周辺にダムを建設するための移転工事が行われた際、「優れた文化的遺産を残そう」ということで世界遺産という概念が生まれたのでした。

アブ・シンベル神殿には大神殿と小神殿があり、前者はエジプトの太陽神ラー、後者は豊穣・幸運・愛・美を司る女神ハトホルを祀ったものです。

こちらがアブ・シンベル大神殿

また、小神殿は王妃ネフェルタリのために建てられたとされているので、ラムセス2世にとってネフェルタリはハトホルのような存在だったということを表しているのかもしれません。

ネフェルタリは比較的早いうちに亡くなっているのですが、ラムセス2世は彼女の墓の玄室(棺を安置する部屋)でべた褒めし、「かの人は死によって、余の魂をはるか遠くに奪い去った」とまで評しています。

そしてこちらがアブ・シンベル小神殿

ラムセス2世はかなり長命だったこと、多くの子供をもうけたことから、寵愛を受けた女性は他にもいたでしょう。
けれども、それでもネフェルタリが一番だったということですね。

他のファラオの妃と違い、ネフェルタリは壁画でラムセス2世と同等の大きさに描かれているなど、その立場の強さがうかがえます。
タージ・マハルといい、王様の愛は物理的にもビッグになるようです。

大神殿には、ラムセス2世自身の像が四体並んでいます。
青年~壮年期の時系列順になっているそうだが、現在は左から二番目の像が地震で損壊したままになっているとか。
修繕の費用や技術者が用立てられないんですかね……?

小神殿にもラムセス2世の像とネフェルタリの像、他に王子・王女の像があります。
ネフェルタリは少なくとも三人の息子と二人の娘を産んだとされているので、この王子・王女の像は彼女の子供たちを模したものでしょうか。

こうしてみると、大神殿がファラオとしてのラムセス2世、小神殿が理想的な神の家族としての王家をアピールするようにも思えますね。

ちなみに統治期間は諸説ありますが、大体60年以上は王の座にいたようです。

まぁ、その点は、日本でも負けてない方がおります。
加賀藩の前田綱紀で、80年間の藩主生活を送りました。規模が小さいとか言わない。

80年間も藩主をしていた5代目前田綱紀~加賀百万石を大飛躍させる

 

スポンサーリンク

渡航目的は?「ミイラ処理です!」職業は?「ファラオです!」

強くて背が高くて愛情深い。
ラムセス2世は「ぼくのかんがえたさいこうのおうさま」みたいなファラオなわけですが、現代においても特別扱いされたことがあります。

ミイラが1881年に発見され、20世紀後半、劣化防止処理のためフランスへ運ばれたときのことです。
生きているエジプト人同様にパスポートが発行されたのだとか。

職業は「ファラオ」だったそうです。
シュールだけど本当だから仕方がない( ・ิω・ิ)

フランスへ到着したときも、儀仗兵によって各国の王と同等の儀礼で迎えられました。

後にアメリカでラムセス2世のジーちゃんであるラムセス1世のミイラが見つかったときも、孫と同様にパスポートが発行され、エジプトに戻されたそうです。
今後どこかで研究や修繕がされるときは、常にパスポート付きなんですかね。

ほかエジプト陸軍の戦車にもラムセス2世の名を冠したものがあります。

ファラオが量産されて戦場で砲撃するのか……と思うとビミョーな気がしなくもありませんが、ラムセス2世は他の誰も引けないような強弓を一人で扱えたそうなので、そのイメージからかもしれません。
日本でいうと、承久の乱で知られる後鳥羽上皇も実は武の御仁で凄まじい怪力だったという話があります。それに似てますかね……。

ラムセス2世のミイラ/wikipediaより引用

長月 七紀・記




スポンサーリンク


【参考】
ラムセス2世/wikipedia
セティ1世/wikipedia
ネフェルタリ/wikipedia
アブ・シンベル神殿/wikipedia
カルナック神殿/wikipedia

 



-アフリカ, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.