ヴィクトリア女王/wikipediaより引用

イギリス

ヴィクトリア女王ってどんな人?大英帝国全盛期の象徴 その人物像に迫る

更新日:

イギリスの全盛期といえばヴィクトリア朝(1837年に即位)。

なんとなく華やかな時代というイメージで、同時代を舞台にしたフィクションは多い。
シャーロック・ホームズシリーズは現在も日本に多くの愛読者がおりますね。

しかし、ヴィクトリア女王その人には、あまりはっきりしたイメージがないかもしれません。

思い浮かぶ彼女の像は、戴冠式を描いた華麗な肖像画。
あるいは晩年の喪服を身につけた気難しい様子の肖像画……。

彼女が在位中の時代背景や事件については以下の関連記事に譲り、今回は、ヴィクトリア女王の人柄等も見てみたいと思います。

在位なんと63年7ヶ月!大英帝国を躍進させた世界一の女帝ヴィクトリア

1 ...

続きを見る

 

ヴィクトリアという名前は実は「英国王室」らしくない

ウィリアム王子とキャサリン妃の間に王女が生まれるとき、ブックメーカーたちが、王女の名前が何になるか賭けをしていたことを覚えている方もいることでしょう。

結果はシャーロット・エリザベス・ダイアナとなりました。
祖母からとった「ダイアナ」は例外として、シャーロットとエリザベスは実に「英国王室」らしい名前です。シャーロットもエリザベスも、過去に同じ名の王族女性がいました。

英国王室には男女ともに、王室伝統のファーストネームがあります。
無難なのが親や先祖にちなむもので、通常過去一族にいた名前が選ばれます。「ダイアナ」の場合、祖母由来とはいえ史上初なので、意外性とウィリアム王子の母への強い思いがこめられた名前といえます。

「ヴィクトリア」の由来は母親でドイツ貴族出身のヴィクトワールの名を英語読みしたものでした。

ヴィクトリア女王在位後は有名になる「ヴィクトリア」という名は、英国王室らしからぬ例外的なものでした。

 

ハノーヴァー朝の王室はほとんどドイツ人

君主というのは国をまたいだ政略結婚をするため、他国出身の親を持つことが少なくありません。

イギリスの場合、「ほとんどドイツ人」という時代が続きました。
ドイツのハノーヴァー選帝侯ゲオルクから、イギリス国王となり、ドイツ語しか話せなかったというジョージ1世から、ヴィクトリアの前に王位についたウィリアム4世まで、5代にわたり妃がドイツ出身でした。

ヴィクトリア自身も、母と夫がドイツ人です。

ハノーヴァー朝 英国君主の親と配偶者に占めるドイツ出身者
ジョージ1世:両親、配偶者ともにドイツ出身
ジョージ2世:母、配偶者ともにドイツ出身
ジョージ3世:母、配偶者ともにドイツ出身
ジョージ4世:母、配偶者ともにドイツ出身
ウィリアム4世:母、配偶者ともにドイツ出身
ヴィクトリア:母、配偶者ともにドイツ出身

確かに「ほとんどドイツ」です。

 

輝ける治世になるとは、誰も想像できず

イングランドの皇太子は「プリンス・オブ・ウェールズ」と呼ばれます。

そのため、女性の王位継承候補者は女性形の「プリンセス・オブ・ウェールズ」と勘違いされることがありますが、この称号は皇太子妃のものであるため、ヴィクトリア女王やエリザベス二世は該当しません。

即位前の彼女はあくまで「王位継承権第一位の王女」でした。

年老いて奇矯なところがあったウィリアム四世が崩御し、僅か18歳の若き女王が即位した時、イギリス経済はどん底で誰もが不安を抱いていました。
産業革命でリードしていたイギリスですが、戴冠式が行われた1838年は他国も追いついて来ました。

さらに全国的な不作も追い打ちをかけ、イギリスはどん底ともいえる経済状況だったのです。
ディケンズが貧民の窮状を描いた『オリヴァー・ツイスト』を発表したのもこの頃。本作を愛読していた女王は民の困窮に心をいため、政治家に改善を訴えたこともあったそうです。

とはいえこの貧困層への感心は一時的なものだったようです。即位50周年の際にスラムを視察した時には、不快感を示すだけで、そこで生活する人々の苦境に対しては無関心でした。

そこから一転して大英帝国は黄金期を迎えますが、これはヴィクトリアの政治的手腕によるものではありません。ヴィクトリアは政治的なセンスはそれほど優れておらず、頑固で人を好き嫌いで判断し、ウィリアム・グラッドストンのような有能な政治家を疎外したこともあります。また後年、喪に服して公務を軽んじていると国民に不満を抱かれました。あくまで彼女は大英帝国の象徴であり、舵取りを担ったわけではありません。

 

最愛の夫・アルバートとの結婚

ヴィクトリアの結婚相手は、ザクセン=コーブルク=ゴータ公子アルベルトでした。彼女はイケメンに弱く、相手が美形だと評価が甘くなることが、彼女の日記を読むとわかります。

アルベルトのイケメンぶりに、ヴィクトリアはすぐに惚れ込み、亡くなるまでの17年間、熱烈に愛し続けたのでした。

ヴィクトリアとの結婚で英語読みのアルバートと名乗るようになった彼には、自由も妻との新婚生活を楽しむ余裕もありませんでした。生真面目なヴィクトリアは政務を優先してしまい、新婚旅行も甘い生活もおあずけだったのです。おまけに外国からやってきた彼には宮廷内に居場所もなく、孤立してしまいます。

そんな二人ですが、子宝には恵まれました。結婚生活の17年間は4男5女を授かります。

これだけ子宝に恵まれたのも、ヴィクトリアが健康であったことも大きいのでしょう。女王の侍医たちは女王の苦痛をやわらげるために、世界初の無痛分娩を行ったといわれています。
女王夫妻の家庭は当時の理想とされましたが、女王本人は「うまれたての赤ん坊は醜くてかわいいと思えない」というなかなか辛辣な言葉を日記に書き残しています。

この出産ラッシュに救われたのはアルバートでした。

夫のアルバート/Wikipediaより引用

女王の妊娠出産の間、女王の補佐役として注目をあびたのです。

補佐としてふるまううちに、アルバートの高い政治能力が周囲にも目に見えるようになりました。
アルバートは女王のお気に入りであったメルバーンと対立したピールが苦手でしたが、アルバートはピールの政治力を見抜き、女王に推薦します。

メルバーンからピールへの政権交代がスムーズに進んだのは、アルバートの尽力もあったのです。

 

ウェディングドレスが白いのもヴィクトリアが由来

ウェディングドレスといえば白が定番ですが、実はこれもヴィクトリア女王の結婚式が由来です。

それまでのドレスは、花嫁が持つ気に入ったドレスであればどれでもよかったため、特に色は指定されていなかったのです。むしろウェディングドレスに白はあまり用いられていませんでした。

ところが、女王が敢えて白を用いたことで当時の富裕層を中心に人気の色となり、定番色として定着するまでになったのです。

木の化石である宝石の一種「ジェット」も、ヴィクトリア女王が夫の喪に服した際に用いたことから人気が出たと言います。
彼女のファッションは世間の女性にとって注目の的でした。なぜなら……。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-イギリス
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.