ウィリアム・ホガースの「ジン横丁」/wikipediaより引用

イギリス

飲んだくれイギリス人とジン流行の闇がなぜかストロングゼロ文学とダブる

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
飲んだくれのイギリス人
をクリックお願いします。

 

RPGが酒場で仲間を集める理由も

さて、パブという名は「パブリックハウス(公共の家)」の略です。

酒を飲むわけではなく、様々な役割を果たしてきました。

かつての「イン」は宿場としても機能しました。

旅の途中で休む人々に、酒と食事と宿泊場所を提供していたわけです。

しかし、パブの時代となると鉄道の発展により、そうではなくなっています。

パブは集会所としての役割を果たしました。

照明、新聞、暖房のあるパブは、立ち寄って皆で会合を開くのにはうってつけのわけです。

庶民の社交場として、パブは機能していたのです。

なぜRPGが酒場で仲間を集めるのか疑問に思ったことはありませんか?

酒場は社交場であるからなのです。ゾンビ襲来から逃げてパブに逃げ込むのも、理にかなった行動と言えるかもしれません。

社交の場としてのパブ全盛期は、19世紀でした。

生活が変化すると、以前ほど人はパブに向かわなくなります。

博物館、図書館、遊園地、動物園、映画館、喫茶店……そうした場所と娯楽が増えるにつれ、パブだけが人の居場所ではなくなったのです。

 

酒以外の娯楽が増えた方がよいのでは

どんな街にも教会とパブはある――かつてはそう言われたイギリス。しかし、転機を迎えています。

全国でパブは減少傾向にあります。

ビールの消費が減少し、宅飲みが増え、パブ需要が急激に減りつつあるのです。

パブといえば煙草の煙がつきものでしたが、世界的な流れで禁煙の店も増えつつあります。

不景気や酒税増税の影響も、人々のパブ離れに拍車をかけています。

個人経営が立ちゆかなくなり、大手チェーンに買収される店も増えてきました。

「最近のパブはチェーンばかりで、個性がなくってねえ」

そう嘆く人々も多いとか。

パブ全盛期には酒量が社会問題になり、パブがその一因として敵視されていました。

しかし現在、減少傾向にあるというのは寂しい話ではあります。

イギリス人のライフスタイルの変化ですかねえ。

ここで思い出していただきたいのが、ジンブームの頃の悲惨な労働者の姿です。

安酒に逃げるしかなかった彼らよりも、酒以外の娯楽が増えて、そちらに消費できるようになった現代イギリス人の方が豊かな生活なのではないでしょうか。

ジンブームはそう示しているように思えるのです。

 

コロナ禍下でパブはどうなるのか?

2020年、世界的なコロナ禍はイギリスをも襲いました。

チャールズ王太子、ジョンソン首相が感染したことは、衝撃的なニュースに他なりません。

エリザベス女王(エリザベス2世)在位68年の英国女王が歩んできた激動の生涯

続きを見る

そんな中、パブもまた苦境に立たされています。

客の距離を取るため、なんと電気柵を設置する店まで登場したとか。

◆イギリスのパブ内に電気フェンス 酔客の社会的距離を確保(→link

隣の人とは1メートル距離を開け、音楽もひっそりと流すだけ。

盛り上がって笑いあいながら話すこともできないし、スタッフとの接触も最低限にしなければいけない。

注文はオンラインでもできるっていうけど……。

出会った相手を覚えていて、その行動を確認しないと感染した場合に困る。出会った人と一晩だけ楽しんで飲むなんて、もうできない。

こんなことでパブに行く意味あるのかよ!

そんな悩みに、イギリスも直面しています。

そもそもパブには、コロナ対策が難しい要素が揃っていたのでした。

◆酒を提供する場です

理性が吹っ飛び、コロナのことすら考えられなくなる客は当然出て来ます。

◆ソーシャル・ディスタンスがなかなか取れません

社交の場ですから、そこは苦しい。距離を開けて楽しめと言われてましても。

◆密集しています

これは従来から指摘されるパブの欠点。なまじ歴史が長いだけに、段差があり、狭い店も多いもの。バリアフリー対応ができないことは弱点として指摘されていました。天井が低い店も多く、距離を取ることもなかなかできないのです。

◆経営が苦しいことは指摘されておりまして……

伝統のあるパブが潰れて、大手チェーンだらけになってしまう。そんな悩みは指摘されていたことなのです。

このままでは閉店するパブが続出する――そう戦々恐々としているんですね。

パブとはイギリスの歴史そのもの。最古の部類のものとなれば十字軍百年戦争に向かう前の兵士が、ビールを飲んだ店もあるわけです。

数百年の歴史とされますが、「パブ」という名称や概念ならばそうでも、それ以前の旅館や酒場としてまで遡ればもっと古い。

パブは、歴史の目撃者でもあります。

味わいのある看板や店の名前も愛されてきました。

中には「バケツ一杯の血亭」という名前のものまであります。血の入ったバケツにショックを受けるおじさんの看板ともども、愛されているお店で、なんでも過去にあった殺人事件を元ネタとしてるとか、していないとか……。

グレンコーのパブには「行商とキャンベルはお断り」という看板があります。

グレンコーの虐殺】の悲劇を伝えているのです。

安心させて殺す「グレンコーの虐殺」が凶悪すぎ!レッド・ウェディングの元ネタ

続きを見る

ただ酔っ払いが集まってウェイウェイしている場所ではなく、立派な歴史的な遺産です。

地球の裏側で、酔っ払いたちが困っているだけ。そんな他人事でいてよいのでしょうか。歴史的存亡をかけた攻防であり、学べることもあると認識する必要があるのではないでしょうか?

パブをどうするのか?

どう守るのか?

この歴史的な戦いを、今後も見守りつつ応援したいと思います。

 

あわせて読みたい関連記事

ヴィクトリア女王
ヴィクトリア女王ってどんな人? 大英帝国全盛期の象徴と人間くさい素顔

続きを見る

英国王室200年前の私生活 アルバートとヴィクトリア女王は仲睦まじきかな

続きを見る

6000年もの歴史あり!ビールは最初「液体のパン」と呼ばれていた

続きを見る

産業革命の闇が異常に深い大英帝国ロンドン~悪臭漂う街で子供たちはドブさらい

続きを見る

救貧法
人がゴミのようだ!った英国「救貧法」地獄のブラック労働どんな職があった?

続きを見る

エリザベス女王(エリザベス2世)在位68年の英国女王が歩んできた激動の生涯

続きを見る

安心させて殺す「グレンコーの虐殺」が凶悪すぎ!レッド・ウェディングの元ネタ

続きを見る

文:小檜山青

【参考文献】

角山 栄 (編集),‎ 川北 稔 (編集)『路地裏の大英帝国』(→amazon

TOPページへ

 



-イギリス

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)