歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

クロティルダ/wikipediaより引用

フランス 女性

そしてフランスが生まれた!妻クロティルダ、夫クローヴィスを改宗させる

投稿日:

現在のフランスとドイツを支配していた王・クローヴィス(466-511年)。

世界史の苦手な方からすれば
「えっ、フランスとドイツって、もとは一緒だったの!?」
と驚かれるかもしれません。

フランク王国~かつてドイツとフランスは同じ国だった(分割相続でアウト!)

このクローヴィス、ローマ帝国からすると帝国を苦しめたフランク族の王でしたが、後年になって彼は、自分こそがローマ帝国の流れを汲む後継者であると自称するようになります。

ターニングポイントは、カトリックへの改宗。
その道のりには、後に聖人となる妻・クロティルダの存在がありました。

その瞬間こそ、ヨーロッパの大国フランスが産声を上げた瞬間でもありました。

 

花嫁は信心深いカトリック

481年に即位したフランク族の王クローヴィス。
彼は493年、当時18才のクロティルダという、ブルクンド王国の王女を妻にしていました。

愛らしい花嫁ですが、夫には気になることがありました。
カトリック教徒の妻は信心深く、常に祈りを欠かさないのです。

「神に祈りを捧げれば、願いが叶います」
真剣なまなざしでそう言う妻の言葉を、「そういうモンなのかなあ」と夫はなんとなく聞いていました。

クローヴィスはアリウス派を信仰しており、カトリックではありません。
かといって、妻のカトリックを否定するわけではありません。
戦場で教会を破壊するようなことはあっても、積極的に否定するほど嫌いでもない。そういう認識でした。

「あなたも改宗しませんか?」
「それはどうかな……」
妻は夫に改宗を勧めてきましたが、クローヴィスは受け流していました。

 

スポンサーリンク

洗礼直後に待望の男児が死んでしまった

494年、夫妻に待望の男子が生まれました。

妻は夫に言います。
「我が子インゴメールには、キリスト教の洗礼を行いたいのです」
「うーん……洗礼、ねえ」

クローヴィスは迷いました。
が、愛妻の懇願に負けて洗礼式を行いました。するとその直後、インゴメールは亡くなってしまったのです。

夫は激怒しました。

「我が神々を信じていれば、息子はまだ生きていたはずだ。お前があんな神なんか信じて、妙な儀式をやったからだ!」
クロティルダは悲嘆にはくれたものの、夫の言葉を信じることはありません。

そして495年。
またも夫妻には男児クロドメールが生まれました。
彼女はまた洗礼を行いたいと主張し、クローヴィスも渋々折れたのです。

このとき嫌な予感が彼らにあったかどうかは不明です。

しかし、洗礼の儀式を行った直後のこと。
クロドメールは病気にかかり、息も絶え絶えになってしまったのです。
クローヴィスは我が子を失いかけている怒りと恐れから、妻を罵りなじりました。

「言っただろう、お前の神の儀式なんかするからだ!」
悲しみ、パニックになったのは、クロティルダも同じです。

彼女は懸命に神に祈りました。
「どうか我が子をお助けください……」

祈るクロティルダ/wikipediaより引用

するとクロドメールは徐々に回復しました。
しかも回復後はすっかり元気な男の子、他の子よりも丈夫な男児に育ったのです。

これにはクローヴィスも心を動かされた様子でした。

「お前の神に改宗するわけではない。だが、お前の神は祈りを聞き届ける力があることはわかった」
クローヴィスは、妻の信仰を尊重し、敬意を払うようになったのです。

 

神よ! この戦いに勝てたらば洗礼を受けます

496年から497年にかけて、クローヴィスはアラマン族と激しい戦いを繰り広げていました。

トルアビックの戦い(戦場は現在のツュルピッヒ)/wikipediaより引用

戦況が不利になる中、クローヴィスの脳裏に妻クロティルダが祈る姿が思い浮かびました。
「そうだ、妻の神に助けを求めてみよう」

必死で神の名を呼ぶクローヴィス。
しかし、事態は悪くなるばかりです。ここで「やっぱ神頼みではあかんわ」とならずに、彼はさらに頼みました。

「ええい、ちっとも助けてくれんではないか! わかりました、心を入れ替えます。もしこの戦いで勝利をもたらせてくれるのならば、私は洗礼を受けましょう」

するとなんということでしょう!
フランク族は勢いを盛り返し、敵を敗走させたのです。

神の助けを得て勝利するフランク族の軍勢/wikipediaより引用

勝利をおさめ、戦場を眺めながらクローヴィスは考えました。

「ああいうふうに考えたからには、洗礼を受けないといかんだろうな、うん」
本当に神の力で勝利できたか、それはこの際どうでもいいのです。
これから先の展開が、重要です。

 

スポンサーリンク

洗礼を受けるクローヴィス

クローヴィスは、その年のクリスマスに洗礼を受けました。
真冬で寒く、ほぼ全裸で洗礼盤に浸かることはなかなか大変なことでしょう。

ランス司教セミギウスが王の背中に聖油を塗り、頭から聖水をかけました。

洗礼を受けるクローヴィス/wikipediaより引用

さらに彼の配下の将兵3000名も、同時に洗礼を受けます。

それからはあっという間でした。フランク族はカトリックを信じるようになったのです。

これはまさに、歴史が動いた瞬間でした。

そもそも、クローヴィスのフランク族は、蛮族と呼ばれる中でもカトリックを信じるローマ人に近い存在でした。
彼らは、遅くとも3世紀にはローマ帝国の支配下にあったのです。

何世代もローマ軍兵士として戦ううちに、フランク族は「俺らはローマ戦士だから」とアイデンティティを持つようになりました。
ラテン語を理解できる者もいました。
彼らはローマ領であったガリアを支配する際、ラテン語を話しました。そのほうが便利であったのです。

こうなったらもう、フランク族が乗り込んでいった先のガリアの人々との違いとは、宗教だけでした。
その最後の違いは、クローヴィスの改宗によって取り除かれました。

 

そしてフランク人とガリア人はひとつになる

宗教が同じになれば、結婚もできるようになります。
戦う理由もいつの間にか消滅し、ひとつの民族として融合してしまうわけです。

クローヴィスは後年「自分はローマ帝国の後継者である」と考えるようになりました。ローマ帝国のもとにいたガリアの人々にとって、それは歓迎すべきことでした。

「ここは、ローマ帝国の流れを汲むフランク人の国である」
そう言えば、フランク人もガリア人も「そうだそうだ!」と納得したわけです。
「フランク人の国」は、いつの間にか「フランス」という言葉に変化しました。

フランク人の国である「フランス」という国がいつ産声をあげたかといえば、クローヴィスが洗礼を受けたその瞬間でしょう。
ここから民族の融合が始まったのです。

クローヴィスに洗礼を施したセミギウスはフランスの守護聖人となりました。
クロティルダも聖人として崇拝の対象になりました。
それは彼らが、フランスという国の誕生に貢献したからに他なりません。

クロティルダ像/wikipediaより引用

フランスという国が、溶け合った民族から生まれたことは、実に幸運なことでした。
肥沃な大地は戦乱で荒れ果てず、人々が殺戮しあうことも少なくてすみました。

温暖な気候、肥沃な大地、そして豊かな人口。
この国をヨーロッパ大陸における強国に押し上げるには十分な資源があり、実はその恩恵は、今日まで継続しているのです。

クロティルドの夫への影響力を見ていると、戦国時代のある人物を思い出してしまいます。

それは、細川ガラシャの名で知られる明智玉です。

クリスチャンだけど自刃した38歳女子 細川ガラシャの「武士女力」

「もしもガラシャ様が聖クロティルドのように、あの野蛮な異教徒の夫を改宗させることができたら、領民も従うのではないか……」

そう宣教師が考えてもおかしくはなかったのではないでしょうか。

文:小檜山青




スポンサーリンク


【参考文献】

 

織田信長 武田信玄 真田幸村(信繁) 伊達政宗 徳川家康 豊臣秀吉 毛利元就 




×

-フランス, 女性

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.