古代日本にタイムスリップしていたら?(なだ・絵)

ローマ

『テルマエ・ロマエ』で知る 古代ローマのお風呂&奴隷事情

更新日:

コミックだけでなく映画も大ヒット!

テルマエ・ロマエ』はヤマザキマリ氏によるコメディタイムスリップモノの漫画で、現地イタリア紙では
「ついにローマ帝国 日本の漫画を征服」
と報じられたことでも有名だ。

古代ローマと現代日本の入浴設備という絶対に相いれない環境が、主人公ルシウスの繰り返しタイムスリップで見事に融合していく。
実写映画化に至ってはパート2が出るほど人気で、古代ローマ人を日本人の阿部寛が演じるという無茶な設定でありながら、なぜか非常にしっくりと来て、かえって笑ってしまう。

魅力的なのは、やはり古代ローマ人の生活が事細かに描かれた作風であろう。

有り得ないとは分かっていても、なぜだか現実味を感じさせてしまうあの世界観。

一体どこまでが史実でどこからが創作なのか?

 

古代ローマのテルマエ習慣

作者・ヤマザキ氏は
「古代ローマにはお風呂の遺跡が沢山あるのに現代のローマ人は入浴の習慣が無いのがもどかしい」
と語っている。

その通り、古代ローマ遺跡にはお風呂の遺跡も数多く存在する。

1巻にもある通り、タイトルにもある「テルマエ」とは公衆浴場を指す言葉で、古代ローマ人と入浴習慣は密接につながっていた。

しかし、私達がイメージする「入浴」とはかけ離れた意味合い、かつ目的を持っていたのがローマ帝国のテルマエである。

まず入浴時間。

日本人が入る銭湯は、せいぜい30分~1時間程度であろう。
古代ローマでは一日の内、実に数時間をテルマエで過ごすという習慣が根付いていた。

古代ローマ人の富裕層は「平たい顔族」ならぬ「奴隷」を連れ、テルマエへ向かった。
奴隷には脱衣の手伝いや飲み物の運搬といった役割が与えられていたのである。

そんなに長い時間、お湯に浸かっていたらふやけるだろう、と思うかも知れないが古代ローマのテルマエは浴場というより「公共の社交場」。
現代のサウナに近い設備や、低温の冷水プールなど、日本で言う健康ランドのような設備が考古学の発掘などから分かっている。

場所によっては、ジムのようなものが併設された設備もあり、ローマ帝国がいかに進んだ考えや技術を持っていたか……。

皇帝は民衆の支持率を上げるためテルマエ建設には意欲的で、一つ一つの都市に少なくも一つのテルマエを設置した。

テルマエには政治的利用価値もあったのだ。
さらに、地元の権力者たちはテルマエを貸切にし、民衆に無料開放し支持率を集めた。

賄賂的目的まであったとはただならぬ存在――それがテルマエである。

 

ルシウスは実在の人物なのか?

本作でも、テルマエ建設にあたって、ルシウスが現代日本から持ち込んだ技術が瞬く間に流行したり、皇帝との揉め事になったりといったシーンが登場する。

気になるのは、あのリアルに描かれたルシウスが、実在の人物なのかどうか。

単刀直入に言ってしまうと「創作」の人物である。

しかし、五賢帝の一人ハドリアヌス帝(西暦76-138年)など実在の人物も多く登場しており、古代ローマの歴史に興味がある人なら聞いたことのある名前がいくどとなく登場してくるだろう。

にしても、なぜここまでリアルに描けたのか?

それは作者の旦那様が古代ローマオタクという、かなり強力なパートナーがいたからこそ、底知れないリアルさが増しているのだろう。

今となってはルシウス=実在の人として読んでしまうコミックス。
「こんな人、居たんだろうな」と思わずにはいられない。

古代日本にタイムスリップしていたら?(なだ・絵)

古代日本にタイムスリップしていたら?(なだ・絵)

 

古代ローマの温泉事情

古代ローマ側の事情を知ることができるだけでなく、平たい顔族(我々日本人)と着々と交流を深めるルシウスの日本での行動も魅力の一つだ。

3巻ではついに両替に成功し、ラーメン屋を開いた挙句、現代日本人技師と交流を深めて金閣寺の発想から月見風呂を建築してしまう。

気になるのはローマの温泉事情である。
ラーメン屋があればラーメンの発祥地が変わってしまうし、日本人の心とも言うべき露天風呂も発祥が変わってしまう。

有り得ない話だが、現代のイタリアなどヨーロッパの温泉事情を見てみよう。

驚くのは古代ローマでの公衆浴場の多さである。

紀元前1世紀から始まったと言われているテルマエ建設。
4世紀ごろには400のテルマエがあったと言うから驚きだ。

紀元前1世紀といえば日本人は、バリバリ弥生時代の頃じゃないですか。
一生懸命に土器を作って生活し、ようやく米が作れたと喜んでいる頃です。

風呂も無ければほぼ文字も無い。それと比較してしまうと古代ローマの技術、思考は恐るべしでありましょう。

さて、話が脱線したが、ローマ、今でいうイタリアにも温泉は存在する。

有名なのは露天風呂。
日本人と違い、水着を着用して入浴するのが現代スタイルである。
サトゥルニア温泉などは保養地として現地の方にも人気のスポットで観光客も多い。

イタリアには火山があり温泉も湧き出ている。

しかし、である。
実はヨーロッパで最も温泉施設が多い国は意外にもドイツだ。

温泉は何もローマだけのものではない。
ヨーロッパ各地に古代ローマ人の軌跡と共に温泉は存在している。

イギリスのバースには、古代ローマ期、イギリスを制圧したローマ人によって開かれた温泉が存在する。
現在でも現役の温泉地だ。

他にもドイツ、フランス、スイス、オーストリア、等ヨーロッパの各地に温泉が存在し、温泉地として発展。
ベルギーにはスパという街が有り、これも同様にローマ期に発展した温泉地だ。

そう。
気付いた方も居るかもしれないが「Bath」「Spa」という今でも使われる単語は、実は古代ローマ期発展した温泉地の土地名に由来するのだ。

当たり前のように使っている単語が実は古代ローマから続いていたのである。

 

平たい顔族=奴隷?

ルシウスは最初、日本人を見て「平たい顔族」「奴隷」と勘違いしている。

実際ローマでは奴隷制度があった。

実にその数10万人規模。
ローマ市民が15万人という記録もあるほど多くの奴隷が存在していた。

奴隷というと、エジプトのピラミッド建設に借り出され過酷な肉体労働者をイメージするが、ローマではかなり違っていた。

もちろん、肉体労働に借り出される奴隷も居たが、家庭教師や学者といった立場を持った奴隷もおり、難しい役職にあればあるほど報酬は相当のものがあったとされている。
高齢になったり、任務を終えた奴隷の中には主人から解放される者も居た。

中には官僚や属州の長官の立場にまで上り詰める者や、借金の肩に奴隷の身分になるというパターンもあったというから、一概に「○○族だから奴隷」という、現代のような民族差別が定着していたとは言いにくい。
あくまで貧富の差から起こる主従関係もあったのだ。

もちろん、テルマエでも奴隷は活躍している。

主人の着替えを手伝う者、垢すりなど富裕層の入浴に対しサービスをする者などが居た。
ルシウスの設定を見るかぎり、奴隷を一人か二人抱えても良いような身分だと思うが、作中で奴隷を使う所を見ないのは、現代人向けにアレンジされているためだろう。

しかし、奴隷市場や差別があったのは事実で、古代ローマにおいても奴隷の発起した戦いが何度か起こっている。
古代ローマ終焉の理由は未だに不透明な所も多いが、身分差別の社会が終わったという意味も含んでいるのかも知れない。

ともかくこれだけ広く深い知識を運んできてくれる同作品には感謝しかない。

漫画『ヒストリエ』で97%の読者がのけぞった「ば~~っかじゃねえの!?」真相

漫 ...

続きを見る

【歴史マンガウソホント】秘めた恋も難しかった源平時代の恋愛住宅事情 「ジパング深蒼海流」評

武 ...

続きを見る

ビッグデーターで見た源平一の谷の戦いの本当の動員兵力

古 ...

続きを見る

坂本龍馬暗殺の謎は解けていた!「お~い竜馬」は当たりか?

歴 ...

続きを見る

【歴史マンガウソホント】手塚治虫「火の鳥 鳳凰編」で古代史を学ぼう!はちょっと待った

& ...

続きを見る

天才戦略家・魯粛の名誉を回復します!孔明や周瑜の引き立て役ではないぞ

往 ...

続きを見る

春原沙菜・記

戊辰戦争終焉の地、函館出身、こよなく箱館を愛するものの何故か伊予勝山藩(愛媛県松山市)に在住。
ライター、イラストレーターとして地味に活動中
日本史オタクの趣味が高じ、BUSHOO!JAPANへ定期的に旅ルポ、史跡ルポなどを執筆中。
旅ルポをすると、絶妙な運の悪さで美味しい所を取り逃すためお笑い記事になってしまうのが最近の悩み。
直近の帰省では函館山を一望できるスポットに散歩するも、景観の変化と天気の悪さという悪運を発動し、函館山を拝むことができなかった。

 



-ローマ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.