日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

やっぱり天才!? 織田信長の生涯とは

まんが戦国ブギウギ 伊達家

蒲生氏郷と岡左内の東北平定物語 会津をかき乱すのは誰? 独眼竜です【戦国boogie-woogie120】

更新日:

 

織田信長に気に入られ、その娘(冬姫)を妻に娶ったという蒲生氏郷。
高い能力と生真面目な性格は豊臣秀吉にも重宝され、小田原征伐後、氏郷は東北の監視役に任ぜられる。
出向いたのは会津、石高91万――。
数字からも秀吉の期待度が溢れ出ているが、実際、その業務はラクではなかった。
東北には、あのお騒がせな独眼竜が未だ野望を燃やしていたからである。

 

【毎週・月曜日連載】 過去の連載全話を最初から読む

昼寝しまっす! 布団は銭でっす! 銭ゲバじゃねぇっす!

戦国ブギウギ201630-1
◆お金が大好きで家の中にたんまり貯め込んでいたとされる岡左内さん。
裸になってお金の上で昼寝をしているのが趣味だったと『雨月物語』(著:上田秋成)に記されております。
こんな風に描くと、いかにもドケチな吝嗇家みたいに思われますが、岡左内さんが凄いのはそれだけにとどまらなかったことでして……。

 

スポンサーリンク

直江兼続も感服! 本当は凄い岡左内さん

戦国ブギウギ201630-2
◆蒲生氏郷さんが亡くなられた後、上杉家に仕える岡左内さん。
同家は一時120万石というスーパービッグな御家になっておりましたが、関ヶ原で西軍に付いた後は30万石へ減封され、一気に財政が悪化します。
このとき、颯爽と現れたのが岡左内さん。直江兼続に自らの資産を貸し出すと、その後、借金の証文を自ら焼いてチャラに。めちゃめちゃメンタルイケメンな御方だったんすね。
もちろん外見もカッコよかったかもしれませんが……。

 

利休七哲筆頭は文武両道の極みなり

戦国ブギウギ201630-3
◆蒲生氏郷さんが東北会津の地を任されたとき、「いくら石高が高くとも、都から離れすぎている」と嘆いたのは有名な話です。
政治の中心、経済の中心から遠く離され、大名としての先の展望がなくなった――というワケですが、個人的には文化の中心から離れたことも相当辛かったんだろうなぁ思います。
蒲生さんは、当時、文化人として最先端と称された利休七哲の筆頭とされていたのです。
やはり信長さんに気に入られるほどだったのですから、合戦だけじゃなく文化面でも才能に長けていたんすねぇ。

 

蒲生だらけの蒲生家 政宗に盛られる?

戦国ブギウギ201630-4
◆伊達政宗と蒲生氏郷は犬猿の仲でした。
政宗にとって黒川城(若松城・会津城・鶴ケ城とも)は、必死の思いで蘆名から奪いとったシンボル。
そこに氏郷が入ってきて城を近代的に建て替え、城下町も発展させたのですから面白いワケがありません。
この2人は後に、大きな騒動を引き起こしていくのでした……。

 

(来週へ続く)

漫画・アニィたかはし
【毎週・月曜日連載】 ほかの連載全話を最初から読む

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

戦国ブギウギの書籍版です!

最新研究に基づく織田信長の生涯まとめ!【入門編】


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!


武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-まんが戦国ブギウギ, 伊達家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.