まんが日本史ブギウギ

吉田東洋の暗殺で土佐にもテロルの風が吹く まんが日本史ブギウギ216話

幕末の雄藩には、血気盛んな若者が集うチームがありました。

薩摩なら精忠組

長州なら松下村塾。

土佐なら土佐勤王党。

ただし、若ければ当然暴走に陥ることもあり、それぞれ大きな事件も起こしています。

薩摩では、寺田屋事件

長州では、他ならぬ吉田松陰安政の大獄で自爆(他にも正義派vs俗論派の争い)。

そして土佐では、吉田東洋暗殺事件

藩政改革を担い、藩主の山内容堂にも信頼厚かった吉田東洋が、土佐勤王党によって暗殺されてしまったのです。

それは一体どんな事件だったのか?

当然ながら坂本龍馬も出てくるマンガ『日本史ブギウギ』第216話スタート!

 

お好きな項目に飛べる目次

坂下門外の変

桜田門外の変が世間に与えた影響は最悪でした。

気に入らなかったら暴力でOK!そんな悪しき風潮を蔓延させてしまったんですね。

安藤信正は、色々とタイミングが悪がった……。

安藤信正が襲われた「坂下門外の変」背中に受けた傷が政治的致命傷となる

続きを見る

 

辞令

◆こうして吉田東洋と土佐勤王党の間に亀裂は入り……。

 

脱藩

◆ついに来ました、龍馬!

この方がいないと幕末が始まらない感ありますよね。

そして吉村寅太郎も、なかなか波乱万丈なお人です。

脱藩の後、薩摩の寺田屋事件で捕まって国許へ強制送還され入獄。

懲りずに脱藩して、今度は天誅組の乱を起こし、八月十八日の政変によって幕府の追討を受け、射殺されました。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-まんが日本史ブギウギ