まんが戦国ブギウギ

お金大好きな戦国武将・岡左内はケチに非ず!まんが戦国ブギウギ116話

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
岡左内
をクリックお願いします。

 

お好きな項目に飛べる目次

お好きな項目に飛べる目次

安達ケ原

蒲生氏郷さんが東北会津の地を任されたとき、「いくら石高が高くとも、都から離れすぎている」と嘆いたのは有名な話です。

政治の中心、経済の中心から遠く離され、大名としての先の展望がなくなった――というワケですが、個人的には文化の中心から離れたことも相当辛かったんだろうなぁ思います。

蒲生さんは、当時、文化人として最先端と称された利休七哲の筆頭とされていたのです。

やはり信長さんに気に入られるほどだったのですから、合戦だけじゃなく文化面でも才能に長けていたんすねぇ。

 

創作料理

伊達政宗と蒲生氏郷は犬猿の仲でした。

政宗にとって黒川城(若松城・会津城・鶴ケ城とも)は、必死の思いで蘆名から奪いとったシンボル。

そこに氏郷が入ってきて城を近代的に建て替え、城下町も発展させたのですから面白いワケがありません。

天下人というより「会津の支配者」になりたかったんすね。

秀吉に逆らってでも領土にしたい! なぜ政宗は会津に執着したのか?

続きを見る

この2人は後に、大きな騒動を引き起こしていくのでした……。

みんなが読んでる関連記事

蒲生氏郷
信長のお気に入り蒲生氏郷は史実でどんな実績が? 40年の生涯まとめ

続きを見る

伊達政宗
史実の伊達政宗 ド派手な逸話はどこまで本当?生涯70年の検証まとめ

続きを見る

上田秋成『雨月物語』
怪談話『雨月物語』著者の上田秋成~鹿島稲荷の予言を超えて長生き

続きを見る

上杉家の大減封
収入75%減(120万石→30万石)大減封を喰らった上杉家はどう対処した?

続きを見る

秀吉に逆らってでも領土にしたい! なぜ政宗は会津に執着したのか?

続きを見る

著者:アニィたかはし
文:五十嵐利休

書籍版『戦国ブギウギ』です!

TOPページへ

 



-まんが戦国ブギウギ