まんが日本史ブギウギ

まんが日本史ブギウギ215話 和宮降嫁問題でイケイケ土下座だ岩倉さん

幾度も事件が起きた激動の幕末。

とりわけ【安政の大獄】から【桜田門外の変】へと続く流れは、幕府の権威を失墜させ、テロ上等!の攘夷派を勢いづかせることになりました。

幕府サイドから見て、悪い意味で、その中心にいたのが徳川斉昭でしょう。

無茶乱暴な攘夷を全国へ拡散させただけでなく、黒船などの外交案件で朝廷を巻き込み、御三家なのになぜ?という疑問が湧くばかり。

そうした混乱の中で進められていった公武合体(幕府と朝廷)。

和宮降嫁問題も持ち上がります。

当初は反対していた孝明天皇と、それを説得したい岩倉具視

ズンドコと混迷を極めていく幕末はどうなるのか?

マンガ『日本史ブギウギ』第215話スタート!

 

お好きな項目に飛べる目次

瓦版

◆瓦版――というと現在だと、新聞社が出す号外のイメージに近いですかね。

江戸時代当時は最も有力なメディアでした。

識字率の高さも相まって幕末の様相も割と庶民に伝えられ、黒船の見物人も集まっています。

江戸時代の有力メディア「瓦版」から見る 幕末維新は「おはぎとおいも」

続きを見る

福沢諭吉は、後に勝海舟を真正面から物申してますね。慶応ボーイのイメージとは真逆な方です。

福沢諭吉
勝や榎本にケンカを売った福沢諭吉~慶応ボーイの先生は誇り高き武士だぞ!

続きを見る

 

辞令

◆勝海舟は、阿部正弘に対して海軍の必要性を説き、そして重用された経緯があったんですね。

実は江戸幕府の海軍力は、非常に優秀。

後に鳥羽・伏見の戦いで敗戦した徳川慶喜が、戦わず逃げ帰ったときに勝海舟はそこでも「海軍があるでしょ!」と嘆いています。

中島三郎助
江戸幕府の海軍て実はイケイケ!しかし慶喜に逃げられ中島三郎助は箱館に散る

続きを見る

鳥羽・伏見の戦い
鳥羽・伏見の戦いで注目すべきは慶喜の大失態~幕府の敗北 当たり前?

続きを見る

 

公武合体

◆孝明天皇は、取り付く島もないほどの外国嫌いな御方。

孝明天皇
孝明天皇の生涯を知れば幕末のゴタゴタが超わかる! 謎に包まれた御意志

続きを見る

本来なら、外交の場に朝廷を引っ張り出さねばよかったのですが……。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-まんが日本史ブギウギ