日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

やっぱり天才!? 織田信長の生涯とは

まんが戦国ブギウギ 豊臣家

茶聖千利休 ワビを好んで詫びを好まず……そして秀吉の暴走が始まった 【戦国boogie-woogie122】

更新日:

 

豊富秀吉の暴走はいつから始まったのだろうか。
小田原征伐が終わって奥州仕置も済ませ、懸念だった徳川家康は江戸に封鎖。まさしく天下を統一したとなってくれば、いよいよ朝鮮へと兵を出す――。
この強硬な外交政策こそ失敗! と、真っ先に批判の対象に挙げられたりするが、一方で戦争で生活をしてきた連中が国内にウヨウヨしている以上、ガス抜きのため矛先を外に向けるのは、当時の為政者としては自然なコトとも考えられそうだ。
問題なのは、人の意見に耳を傾けられなくなったときであろう。
人たらしと称された稀代の天才にもやってくる「老害」。それは、あの事件から……。

 

【毎週・月曜日連載】 過去の連載全話を最初から読む

弟子の目を削ぎ、鼻も削ぎ…… 黒茶碗は許しまへんで

戦国ブギウギ20160715-1
◆黄金の茶室を作ったり、日本中の名物を集めたり。
秀吉さんの「茶」ってなんとな~く成金趣味のシンボルにしか見えず、その辺が、織田信長さんとの違いでしょうか。
生まれながらにして貴族の教育を受けさせられた(実際は受けてない)信長さんと、農民の出から天下人まで一代で昇り詰めた秀吉さん。
やっぱり根本的な心持ちが違うと思うんすよね。合戦ではその差がわかりにくいかもしれませんが、文化面では如実に出てしまう。そんな歪があった気がしてなりません。

 

スポンサーリンク

一方愛弟子は、数字に鋭敏でも人の心は全く嫁ズ

戦国ブギウギ20160715-2
◆天下統一した後こそ必要だったのが、ベッドに横たわっている豊臣秀長さんでしょう。
政権の調整に必要なのは、数字に強いことじゃない。ましてや理屈でしか物事を測れないとなれば、人の心のヒダまで見通すことなど土台無理な話です。
まだ若き頃の秀吉さんから直接手ほどきを受けていれば、あるいは三成さんは、もっと大きく化けたのかもしれませんね。この辺、豊臣ファンにとっては、ホントに悩ましいところでしょう。

 

ワビサビこだわるくせに詫び入れない、これ如何に?

戦国ブギウギ20160715-3
◆今なお謎多き、千利休の切腹。
秀吉に真っ向から意見を述べた、あるいは大徳寺に像を飾り、秀吉にその下をくぐらせた、はたまた茶器の鑑定・販売でアコギなボロ儲けをした――なんて話が伝わっておりますように、なんだかスッキリとしない理由で死罪とされてしまいます。
もしも本当に秀吉さんが耄碌していたら。後世の我々では理解不能な論理でそうなってしまったのかもしれませんね。
残念です(´・ω・`)

 

お喋り好きな執行人は首切り名人?

戦国ブギウギ20160715-4

◆千利休には『利休七哲』という当代きっての弟子たちがおりました。

蒲生氏郷
細川忠興
古田重然
芝山宗綱
瀬田正忠
高山長房
牧村利貞

上から3番目までは皆さんにも馴染みの深い武将さんたちでありましょう。あるいは大人気コミック『へうげもの』でお馴染みかもしれません。
織田~豊臣政権でも活躍したメンバーたちであり、中でも忠興と重然(古田織部)は必死になって助命を働きかけたそうですが、結果は叶わず……。
そりゃあ後に彼等も豊臣を見放してしまいますわなぁ。
もったいない(´・ω・`)

 

(来週へ続く)

漫画・アニィたかはし
【毎週・月曜日連載】 ほかの連載全話を最初から読む

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

戦国ブギウギの書籍版です!

最新研究に基づく織田信長の生涯まとめ!【入門編】


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!


武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-まんが戦国ブギウギ, 豊臣家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.