まんが戦国ブギウギ

まんが戦国ブギウギ118話 茶人利休は“侘び”を好んで”詫び”は好まず

豊臣秀吉の暴走はいつから始まったのだろうか。

小田原征伐が終わって奥州仕置も済ませ、懸念だった徳川家康は江戸に封鎖。

まさしく天下統一したとなれば、いよいよ朝鮮へと兵を出す――。

この強硬な外交政策こそ失敗!

と、真っ先に批判の対象に挙げられたりするが、やはり問題なのは、人の意見に耳を傾けられなくなったときであろう。

人たらしと称された稀代の天才にもやってくる「老害」。

それは、あの事件から……で戦国ブギウギ118話スタート!

 

お好きな項目に飛べる目次

お好きな項目に飛べる目次

黒い茶碗

◆どれだけアタマの良い人でも、下から這い上がって頂点に立ってしまうと、足元が見えなくなってしまうものでしょうか。

人の栄枯盛衰ほど儚いものはない。

そんな切ない展開が漂ってきます。

ちなみに織田信長さんも茶器は大好きで、多くの名物を所有しておりました(以下の記事に詳細あり)。

信長の茶器
信長の愛した茶器まとめ!どんな名物を所持し 配下の者に与えたか?

続きを見る

 

見舞い

◆秀吉が天下統一した後に最も必要だったのが、異父弟の豊臣秀長でしょう。

豊臣秀長(羽柴秀長)
秀吉を支えた偉大過ぎるNO.2豊臣秀長(羽柴秀長)天下統一への功績

続きを見る

政権の調整に必要なのは、数字に強いことじゃない。ましてや理屈でしか物事を測れないとなれば、人の心のヒダまで見通すことなど土台無理な話です。

それこそが秀長の得意ジャンルだったような……。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-まんが戦国ブギウギ