壬申の乱前夜~天智天皇の崩御で大友皇子にのしかかる強大なプレッシャー

 

日本史ブギウギを全部読む!】
(前回までのあらすじは……)乙巳の変を経て大化の改新へ邁進する天智天皇。
しかしその矢先、白村江の戦いで唐・新羅連合軍に破れ、国防の必要性に追われて防人を設置したり、都を近江へ移したり。政治改革を進める一方で国外からの脅威に後手を踏まされる展開に見舞われる。
時同じくして盟友・中臣鎌足は、藤原姓を授けると共に死してしまい、大友皇子を自身の後釜に擁立するも、にわかに暗雲が立ち込めるのであった……。

第6話、スタート!!!


死を意識した天智天皇に対し、跡を継ぐ意欲を伏せて吉野へ降った大海人皇子。
一緒に付いていったのが妻の鸕野讃良皇女(うののさららのおうじょ・後の持統天皇)でした。
親と叔父に挟まれ、なんか複雑っす。

 


日本を大きく変えた天智天皇は672年に崩御されました。
後を託された大友皇子の不安感たるや……と思うのは、歴史を知っている者のオゴリですかね。
デキる叔父が、そうは言っても遠くはない地方で虎視眈々に構えているのかと考えると、そのプレッシャーたるや並大抵のことではなかったでしょう。
学校の授業ではアッサリ流されてしまう、この一連の出来事。大友皇子の立場からあらためて考えて見ますと、かなり怖いものがございます。

 


死してなお、大海人皇子を脅かす、天智天皇。
いや、まぁ、常識的jにありえないとしても、政治状況を考えると、とても単身では乗り込んでいけない場面でしょう。

 


大海人皇子、ついに挙兵を決意! 古代の内乱としてよく知られる【壬申の乱】へと発展して参ります。
続きは次回へ!

日本史ブギウギを全部読む!】

著者:アニィたかはし

武将ジャパンで新感覚の戦国武将を描いた『戦国ブギウギ』を連載。
従来の歴史マンガでは見られない角度やキャラ設定で、日本史の中に斬新すぎる空気を送り続けている。間もなく爆発予感の描き手である(編集部評)

 

 


やっぱり天才!?
織田信長【入門編】
桶狭間から本能寺までの49年を最新解説!





関連記事

コメント

    • BUSHOO!JAPAN
    • 2017年 1月 23日

    >匿名様
    いつもご愛顧いただきありがとうございます。編集部です。
    「邁進する」の「邁進」を造語にして「邁進む」としようとしたところ
    誤って表記してしまいました。
    編集部サイドの誤りで筆者とは関係なく、
    混乱させて申し訳ありません。

    ややこしいので「邁進する」とさせていただきますね。
    大変失礼いたしましたm(_ _)m

    • 匿名
    • 2017年 1月 23日

    マンガとは関係ないですけど、冒頭の「舞い進む」という日本語を初めてみました。
    神事関係の言葉ですか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本史受験の参考書!

「日本史オモシロ参考書vol.1」
著:長月七紀

井伊直弼って本当は悪い人じゃない!?
織田信長の前にも幾度か攻め込まれている、暴れん坊の比叡山延暦寺。

などなど日本史受験と関係のある人物・事柄のトホホな話を一冊の参考書としてマトメてみました!

価格250円※Kindle読み放題対応

書籍情報『戦国診察室』

アマゾンの戦国本ランキングで1位(一時)になった書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』
戦国診察室帯アリ450
税込価格1,728円(現在アマゾンでは各小売店様のプレミア価格で発売されてます)

配信先

武将ジャパンでは下記サイトへの記事配信を行っております。

日刊SPA!

シミルボン

facebook

本郷和人歴史キュレーション

東大の歴史研究第一人者、本郷和人教授が登場! 最先端の歴史を堪能しましょう

hongokazutoeye

コミック版『戦国ブギウギ』

当サイトで連載中の『戦国boogie-woogie』(アニィたかはし)がコミックで販売されます!!! 戦国ブギウギ表紙イメージB
ページ上部へ戻る