日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

春日局/Wikipediaより引用

スポンサーリンク

女性 週刊武春 徳川家

徳川家光は本当にお江の子か? ミネルヴァ日本評伝選『春日局』に衝撃の秘密

更新日:

徳川家光の乳母をつとめた春日局
忠誠心と献身でよく知られた才女であり、大河ドラマをはじめ大奥ものでもよく取り上げられる女性です。

かように歴史ファンなら当たり前の存在でありますが、冷静に考えてみれば乳母でそこまで知名度が高いというのは凄いこと。他に、歴史的な乳母の名前を挙げようとしても、なかなか思いつかないのではないでしょうか。
まさに彼女こそが、日本史上最強の乳母かもしれません。

 

家光vs忠長のカギを握る春日局

そんな春日局について最もよく知られているのが、家光の母であり徳川秀忠の正室である“お江”との激しい対立です。

この二人の確執の原因は、それぞれが支持した家光と弟・忠長が、将軍の座をかけて争ったことが原因でした。近年ではこの争いを背景とした、山田風太郎の『甲賀忍法帖』を漫画・アニメ化した『バジリスク』がヒットしています。

さて、「家光&春日局 vs 忠長&お江」の構造ですが、何か引っかかりを覚えませんか。

家光も秀長も、生母は同じ、正室であるお江です。
家光が暗愚であるとされていますが、成長後の家光は三代目として政治力を発揮しています。江戸幕府将軍としては賢明な部類に入るでしょう。
一方で忠長は成長後、漫画『シグルイ』(原作:南條範夫・作画:山口貴由)で誇張されたような“残酷さ”を発揮するようになるわけです。

そうなると秀忠とお江の偏愛が忠長を世継ぎに据えるための数少ない根拠となるわけですが、どうにも弱い気がします。

生母が同じで長幼の序がある以上、そもそもこの対立構造は本来生じないはず。
しかしこの兄弟が争い、敗れた側の弟・忠長が若くして自害するという結末は史実なのです。
何故この兄弟は対立したのか。

その鍵を握る、とある秘密に迫ったのが、本書『春日局(ミネルヴァ日本評伝選:福田千鶴)』です。

 

スポンサーリンク

家光出生の秘密

そもそも家光は本当に正室であるお江の子であったのか——。

本作が正面切って取り上げているのがこの問題です。
秀忠とお江夫妻の間に生まれた子供の数は、11年間で8人。言われてみれば流石にあまりにペースがはやすぎます。

著者は他に、
・他の子との妊娠間隔
・お江の生前は家光の誕生日が伏せられていたこと
・幼少期は忠長の方が家光よりも格上の小姓がついていたこと
・お江の葬儀は家光ではなく忠長が行ったこと
・お江の死後に従一位を贈ることに否定的な公家がいたこと
……などを根拠としてあげていきます。

しかし、ここで反論したい人もいることでしょう。
「秀忠って恐妻家で側室がいないんでしょう?」
これについても本書では検討されています。

徳川秀忠/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

江戸時代にも「代理母」はいた?

側室というと、愛人をイメージする人が多いことでしょう。
綺麗に着飾らせた美女たちをずらりと並べ、花見を楽しむ豊臣秀吉。そんな姿を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。
このイメージを抱いたままでいると、歴史の本質が見えてこないこともあります。

側室とは、現代で例えるなら「代理母」のような立場の女性もいました。
正室であるからといって、必ず男児を出産できるとは限りません。そうなった場合、事前の策として正室が管理している侍女に子を産ませることもあります。
そして産まれた子は正室のものとして扱われるのです。まさに戦国・江戸の「代理母」といったところです。

つまり秀忠とお江の子とされている中に、実際にはお江が産んでいない子が含まれているとすれば、前述の出産間隔の狭さが解決されます。お江の目から隠された保科正之の場合、生母は秀忠乳母に仕える女中でした。
つまりお江配下の女中ではないため、庶出扱いになったわけです。

こうした「代理母」のような女性は、子を産むことで側室に取り立てるわけでもなく、あくまで一時的に腹を提供する役目を果たしたことになります。それが終われば我が子を手放すことになるわけです。なかなか厳しい運命にあるといえるでしょう。

春日局もこうした女性の一人であったというのが、著者の説です。

彼女が産んだ子は徳川にとって待望の男児でした。しかもこの前に秀忠を父として産まれた男児の長丸は夭折しています。武家に後継者がいない状態、とりわけ天下を担う家にとってそれが危険であることは言うまでもありません。家光誕生時の慶長9年(1604)は、まだ豊臣家も健在です。待望の男児を夭折させることなく育てあげるために、生母である春日局は腹を提供した侍妾から、乳母に役替えされたのでしょう。

 

乳母としての忠義と葛藤

子を産みながら生母を名乗れない春日局。
気の毒ではありますが、乳母になったことにより、生来の気の強さと聡明さを政治力として発揮します。

家光11歳の時、それまで冷遇されていた家光を何としても後継者にするため、伊勢参りに行くと偽り、徳川家康に後継者問題を直訴した「抜け参り」。
家光が病の時には自ら一切今後薬を口にしないと誓った忠義。
生母ならそこまで入れ込むのは当然かもしれませんが、それだけではなく「乳母」として主君に忠義を誓っていたことも確かでしょう。

生母としての愛情を主君に尽くす忠義でくるみ、春日局は全力で家光を将軍の座に就けようと努力しました。
そしてそれは実り、家光は歴史の勝者となったのです。

しかし、その勝利は苦いものでもありました。お江と忠長の人生を変えてしまったものだからです。

武家での後継者順位は、長幼よりも嫡出であることの方が重要視されます。忠長の父である秀忠も、庶出の兄をさしおいて後継者に選ばれているのです。お江も忠長も、まさか後継者から外されるなど思ってもいなかったはずです。忠長が荒んだ日々を送るようになったのも、切腹に追い込まれた理由も、おそらくこのあたりにあるのでしょう。

将軍の乳母として、栄華を極めた春日局。心のどこかには、抱えたままの大きな秘密、そしてお江と忠長の人生を取り返しがつかないほど壊してしまったことへの後ろめたさがあったことでしょう。

本書の読後感は苦いものです。
誰かの秘密をそっと耳打ちされたような気分になります。聞いた直後は高揚感があるのですが、じっくりと考えて当事者の気持ちを想像していると、「こんなことは知らなければよかった」と思えてくるのです。

筆者自身も春日局が抱えた秘密を明かしてしまったことに、戸惑いを感じていることがあとがきからもうかがえます。好奇心やスキャンダルを求めて調べていたわけではないのに、そこを避けて通ることはできず、ついに暴いてしまった……そんな戸惑いが感じられます。

春日局は辞世をこう詠みました。

西に入る 月を誘い 法をへて 今日ぞ火宅を逃れけるかな

死を前にして、やっと燃えさかる家のような現世を離れられると安堵する春日局。彼女の心のうちには、秘密を抱えて生きること、お江と忠長母子の人生を破壊してしまったことの罪悪感が、常に燃えさかっていたのかもしれません。

スポンサーリンク

小檜山青/記




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-女性, 週刊武春, 徳川家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.