日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

意外と優しい!? 織田信長さん

その日、歴史が動いた 明治・大正・昭和時代

元祖ブラック企業「富岡製糸場」は冤罪か?

更新日:

 

今や珍しくもなんともない「働く女性」。
お城への奉公など、家政婦以外の女性が働くというスタイルも、実は、明治時代には既にありました。
もちろん全て順風満帆だったわけではないのですが。

明治五年(1872年)の10月4日、現在の群馬県富岡市で世界遺産になった富岡製糸場が操業を開始しました。

開国と文明開化、富国強兵などなど暗記しなきゃいけない単語がもりだくさんの時代ですから、「ああ、そういえばそんなの聞いた気がする」という人が多いのではないでしょうか。
かつては「女工哀史」や「ああ野麦峠」などの影響で、「女性が劣悪な環境で働かされていたとんでもない場所」というイメージが強かったですよね。
ところが、最近は世界遺産になったからでしょうか「そうでもないんじゃね?むしろ実家で食うや食わずより良かったんじゃね?」なんて見方もされてきています。
どういうことか見ていきましょう。

 

フランスから紡績機を輸入して量産体制へ

明治期の富岡製糸場

開国したばかりの日本の大きな課題のひとつが、外貨を稼ぐこと。
軍を強化するにもインフラを整えるにも、先立つものはまず金です。
というわけで「西欧に素早く・たくさん・高品質で輸出できるもの」として挙げられたのがお茶と生糸(絹糸)でした。
中国(当時は清)と競合しなかったのが不思議ですが、この頃は既にアヘン戦争・アロー戦争でイギリスとフランスに負けてしまってボロボロですから、うまくぶつからずに済んだんですかね。

ちなみに、お茶のほうは中国が大産地ではなくセイロン(スリランカ)でした。この頃のイギリス人、緑茶と紅茶が元は同じ木だということがわかっていましたので、そこに目をつけたのかもしれません。
当時のイギリスは、自国が排水で汚染されていたため生水が飲めず、煮沸してさらに紅茶で殺菌しないと水分摂取すらろくにできなかったので、お茶は嗜好品ではなく必需品だったのです。
そりゃ血眼になって輸入するわけで。

話を戻しまして、生糸を紡ぐのはそれまで手作業でした。
が、輸出と国内需要の両方を満たすとなると、とてもそれでは追いつきません。
そこで明治政府はフランスから紡績機(糸を紡ぐ機械)を輸入し、フランス人の先生も雇って量産体制を整え、工場を作りました。

紡績機ずらり(Wikipediaより)

洋の東西問わず、糸紡ぎは女性の仕事でしたから、工場で働くのも当然女性。
力が要らないというのも大きかったでしょう。

スポンサーリンク

ブラックどころかスペシャルホワイト

さて、いよいよ本題の労働条件です。

・勤務時間は一日平均8時間
・週一日は休みがあった
・寮完備
・食事は三食保証されていた

この他、寮の中には欧米からの香水や化粧品を売る店があり、ここで散財してしまった人もいたそうです。
……あれ?悲劇のひの字もないぞオカシイナー?

時代がもう少し進むと、富岡製糸場で働いた女性が故郷へ戻り、今度は先生となって紡績機の使い方などを教えたそうです。
こうして生糸の生産量は飛躍的に増大し、日本のお財布は分厚くなっていくのでした。
それでも明治時代の間に西南戦争・日清戦争を経て、とどめに日露戦争でほぼすっからかんになってしまうんですが、まあそれは別のお話ですね。

ではなぜ、富岡製糸場は「悪の枢軸」のような扱いをされてきたのでしょう?

経営権が三井財閥へ移ると・・・

当初は官営で超ホワイトな企業運営のため、女工たちは、準公務員あつかい。ところが、そんな学園天国だったため経営は悪化。8年後には事実上の経営破綻となって売りに出されるのです。
でも、民間企業にとっては上記のような労働環境はよほどホワイトすぎたのか、なかなか買い手がつきません。
そして売り出しから13年もたってあらわれたのが、「バスケがやりたいです!」の三井家でした。
ところが、新経営陣はもうけがでるような経営効率化=働き手からすればブラック化します。

のちに映画その他で、以下のような極悪な労働条件であったといわれるのですが、、、

・一日十数時間以上も働かされるブラック企業ぶり
・食事は15分で済ませなければならなかった
一応白米は出されたが、あとは漬物や肥料用のいわしだけ
・寮はあるが、数時間眠りに行くのみ
・逃げ出そうとすると体罰を受ける
・あまりの過酷さに死者が続出

今なら確実に人権問題ですね。しかし、真実はどうだったのでしょう?

どうにも「これはないだろう」という可能性が高いのです。

英国の児童労働者は平均寿命15才

実は、この状況とそっくりそのままに近い例は他にありました。
国内ではなく、ちょっと前に清国に殴りこんだあの海ぞ……ゲフンゲフン、ヴィクトリア女王の下全盛期を謳歌していたイギリス。

富岡製糸場ができる半世紀前、19世紀前半のイギリスではこれ以上に過酷な労働をさせられていた子供がたくさんいました。
産業革命によってそれまでより多くの労働力が必要となったため、大人だけでは足りず、子供にできることは子供にやらせるという雇い主が多かったのです。
よく教科書で取り上げられているのは「炭鉱で石炭などを積んだトロッコを曳く子供」の絵ですが、その他に煙突掃除や紡績工場で働かされている子もいました。
子供は体が小さいため、こうした狭い場所で働くのに適しているとされたんですね。
しかも「子供なんだから賃金安くてもいいだろ?」と雇う側が給料を値切りまくる始末。
当然、健康や人権なんて考えもしていません。PM2・5なんて言葉もなかったろうし。

イギリスの炭鉱で働かせられる子どもの絵(Wikipediaより)

彼らの労働環境の悪さについては、しっかり記録が残っています。
一例を挙げると……うわぁ……。

・朝の3時から夜の10時まで働いていた
・工場や煙突の汚いにもほどがある空気を吸い続けたせいで肺病になり、死ぬ子供が多かった
・リヴァプール(ビートルズの出身地)での児童労働者の平均寿命は15歳!

特にこの労働時間と死者が続出というあたりがまんますぎますね。
ちなみに、イギリス議会でこれらが問題になったのは1832年。産業革命が始まってからおおよそ70年ほど後のことでした。

グローバルスタンダードおそロシヤ(´・ω・`)

となれば、それに、富国強兵に焦る明治の日本でイギリスと同じことがなかったともいいきれません。
それでも、映画に出てくるような「サボったら鞭で打たれた」とか「逃げないように枷を嵌められていた」ようなことはなかったでしょう。

コレラや結核の噂が広まったせいでは

では、なぜ過労死でバタバタという話ができてきたのでしょうか。
当時の日本では、コレラや結核が全国的に多くなり始めていました。
おそらく富岡製糸場が「劣悪な環境だった」と噂されたのは、場内で結核もしくはコレラが流行り、一時的に病死者が増えた……というようなことがあったからではないでしょうか。
そして急激に工場で死者が増えたことにより、「あの工場ではひどい働かせ方をしているに違いない!」なんて言われるようになったのかもしれません。

当時は今ほど報道メディアもありませんし、もし病気が流行っていたら誰も調査や取材になんて行きたがらなかったでしょうからね。

仮に過酷な労働条件かつ虐待が頻繁に行われていて、それによって死者が多数出ていたのであれば、富岡製糸場は世界遺産ではなく、とっくのとうに心霊スポットとして名所になっていてもよさそうなものです。
実は現地ではそうだったりするんでしょうか?
すいません、調べる勇気がありませんでしたgkbr。

「ああ野麦峠」の映画にしても、原作とはかけ離れた内容になっていることが指摘されています。
「百円工女」と呼ばれたエリート女性の稼ぎ振りや、雇い主側の苦悩といったシーンが削られてしまっているそうです。
ちなみに当時の百円は今の200万円くらい。
家が建てられるほどの年収でした。
小説やノンフィクションが映像化されると、内容に乖離が生じるのは避けられないんですかねえ。

富岡製糸場は昭和六十二年(1987年)まで稼動し続けていて、現在もかなりきれいな状態で建物が残っています。

世界遺産に登録されるまでに、ぜひ真実を知りたいものと思っていましたが、明治時代の当事者がほとんど生きていない以上、登録は内定したものの、タイムマシンができるまで真相は闇の中ということになってしまうのでしょうか。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

長月 七紀・記
参考:http://indoor-mama.cocolog-nifty.com/turedure/2010/10/post-5249.html
http://www.manabi.pref.gunma.jp/kinu/tatemono/tomioka/tomioka16-2.htm
http://ocha.tv/history/western_tea_history/
http://manabow.com/zatsugaku/column06/2.html

 

 



意外と優しい!? 織田信長さん


毛利元就はナゼ一代で中国地方の覇者となれた?


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!



武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-その日、歴史が動いた, 明治・大正・昭和時代
-, ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.