日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

織田家 その日、歴史が動いた

織田信秀(織田信長の父ちゃん)って、どんな人? 斎藤道三や今川義元を相手に大立ち回り

更新日:

「とんびが鷹を生む」という例がないわけではありませんけれど、やっぱりほとんどの場合は優秀な親から優秀な子供って生まれるものですよね。時代を問わず、ある一定の力を持った家が続いたのも、血筋と能力という無二の遺産が受け継がれてきたからなのでしょう。

そして新しい家が勃興を繰り返した戦国時代においては、同じ家の中でも系統によって命運が分かれることも多々ありました。
それは最も有名な戦国武将も例外ではなく・・・。

天文二十年(1551年)の3月3日、織田信秀が亡くなりました。姓名からご想像できる通り、織田信長のお父さんです。

息子があまりにもいろいろな意味でインパクトが強いので忘れられがちですが、コアな歴史ファンの間では「親父の土台がなかったら信長もキツかったんじゃね?」といわれることが多いようで、やはり一角(ひとかど)の人物でした。

今回は、信長さんの父ちゃんネタです

今回は、信長さんではなく、父ちゃんネタです

 

17歳で家督を継ぎ、足利義輝にも拝謁

実は、信秀の系統は織田家の本筋ではありませんでした。
織田の本家は守護代という室町時代の役職の一つを受け継いでいて、信秀が生まれたのは本家を支えるいわば分家筋です。

17歳で父親の生前に家督を継いでいるので、信秀は若い頃からデキる奴と思われていたのでしょうね。
23歳の頃には名古屋城(当時は”那古屋”城)を奪って本拠とし、現在の地名で言えば同じ名古屋市内に古渡城や末森城などを築いてたびたび引っ越しておりました。

よくそんなお金と人手があったものですが、この上さらに朝廷や伊勢神宮などの寺社にも献金をしています。トーチャンの財テクぱねえ。
ときの将軍・足利義輝にも拝謁したことがあり、お金と顔を両方売っていつしか本家よりもよく知られた存在になっていきます。何せ前述の通り、この時期荒れに荒れていた朝廷にお金を出しているので感謝のされようがハンパなく、本家やその主である斯波家よりも高い位をもらっているほどです。

剣豪将軍と呼ばれた足利義輝さん/wikipediaより引用

剣豪将軍と呼ばれた足利義輝さん/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

三河の松平へ攻め込んだり、美濃の斎藤道三とやりあったり 

さらに弟達にも城をやったりと危ないどころではありませんでしたが、その力は本家や主家ではなく他の地域に向かいました。この辺がエライというかうまいというか。

お隣・三河で松平清康(狸のジーチャン)が不慮の死を遂げる『森山崩れ』という事件が起きたため、信秀はその隙をついて三河に攻め込んだのです。しかしこれによって今度は「東海一の弓取り(武士)」とされていた今川義元と対立することになりました。

同時期にまた別方向のお隣・美濃では蝮こと斎藤道三が下克上を成功させており、新たな敵が増えてしまいます。この方面ではさすがに苦戦しており、城を取ったり取られたりと一進一退でした。

その上、家中では長男をうつけ呼ばわりして、アレコレ良からぬことを企み始める輩が出始めるわ、身内の反乱が起きるわで、信秀にしてみればまさに内憂外患といったところだったでしょう。半分くらいは自分で種蒔いてますけど。

家康の父・清康があえなく没すると・・・/wikipediaより引用

家康の祖父・清康があえなく没すると・・・/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

「斎藤家の姫をもらって和睦の道を開け!」 

ともかく織田家は今川家にも押され始め、何とかして打開を図らねばなりませんでした。

そこで信秀が信長のじいやこと平手政秀に命じたのが、「斎藤家の姫をもらって和睦の道を開け!」というものだったのです。じいやの頑張りによってこれはうまくいき、斎藤の姫こと濃姫が信長の元に嫁いでくると、ひとまず美濃方面は片付きました。

しかし同じ手は今川家に使えず、攻めあぐねていたところ信秀は流行り病で亡くなってしまうのです。

一説には、40過ぎてなお昼も夜もお盛んだったために命を縮めたともいわれますが、はてさてどうだったやら。確認されているだけで信秀には20人以上の子供がいますので、あながち「ナイナイ(ヾノ・∀・`)」とも言い切れませんねぇ。

美濃のマムシこと斎藤道三です!/wikipediaより引用

美濃のマムシこと斎藤道三です!/wikipediaより引用

 

生きていればやはり天下を目指したか

信秀がどこまで天下を意識していたかはわかりません。

ただ、もしも生前、信長に家督を継承させ、そのまま桶狭間まで時代が進んでいたとしたら、やはり天下統一を目指したのではないでしょうか。
斎藤家には和睦を、今川家には戦と外交手段を使い分けているということは、相手の力量や性格を見定めた上で方針を決めたのでしょう。

となると、弟のほうが評判が良いの知った上で信長の器を見抜き、跡継ぎにした可能性が高いワケですから、隠居後は信長の方針を後押しするような形で動いたんじゃないかなあと思います。

その場合、伊達輝宗のように信秀が非業の死を遂げていた可能性も高いですけどね。

いずれにせよ、この信秀の早過ぎる死も、戦国好きにはたまらないIFネタになっていることでしょう。

長月 七紀・記

【関連記事】

織田信長は意外と優しい!?【入門】桶狭間から本能寺までの49年を最新解説!

スポンサーリンク

参考:織田信秀/wikipedia

 

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-織田家, その日、歴史が動いた
-, , ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.