日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 中南米

日独伊ではなく南米で勃発した「三国同盟」戦争とは? パラグアイvsアルゼンチン・ブラジル・ウルグアイの構図

更新日:

現実でも創作の世界でも、お決まりの台詞ってありますよね。

「こんなはずじゃなかった!」

というやつもその一つで、個人の問題であれば気の持ちようでどうにかなることもありますが、これが国歌の指針に関わることだと、本当に笑えない事態になってしまいます。
本日はそんな感じのお話です。

1870年(明治三年)3月1日は、三国同盟戦争が終結した日です。

「三国同盟」というと日本では「日独伊」とつけたくなりますが、これは南米大陸でのお話です。もちろん日本もドイツもイタリアも関わっていません。というか、この時期だと日独伊三ヶ国とも自分のことで手一杯で、外国に鑑賞している余裕はありません。
文字通り地球の裏側の話ですので、まずはどの辺の位置にある国なのかをお話しましょう。

トゥユティの戦い/wikipediaより引用

 

アルゼンチン・ブラジル・ボリビアに囲まれたパラグアイ

南米大陸の国といえば、覚えやすい位置にあるのはまずブラジルとチリでしょう。
ブラジルは南米最大の面積を持った国ですし、チリは国土が細長くてインパクトがありますよね。残念ながら、チリは今回のお話にはあまり関係がないのですけれども。

そして、チリの南から3/4ほどに接しているのがアルゼンチンです。以前当コーナーでも取り上げさせていただいた、チェ・ゲバラの出身地としても有名ですね。
それから、アルゼンチンの東端とブラジルの南端両方に接しているのがウルグアイです。サッカーがお好きな方はよくご存じでしょうか。

そして、今日のお話で大きなキーとなるのがパラグアイです。ブラジル・アルゼンチン・ボリビアに囲まれた、完全な内陸国なのでなかなか位置を説明するのに困ります(´・ω・`)

この位置関係が、三国同盟戦争とその後の南米に大きく影響しました。
それでは、この戦争の話に移りましょう。

 

スポンサーリンク

マテ茶などの貿易で富国政策に成功していた

当時、南米はヨーロッパの支配を脱しつつありました。
ブラジルはポルトガルから独立して皇帝を戴くようになり、アルゼンチンも自分たちの政府を持って、近代国家への道を歩んでいた頃です。

パラグアイは独裁者が恐怖政治を敷きましたが、その一方で義務教育の推進や治安の安定には成功しています。国土の98%を公有地としてマテ茶・タバコなどの商品作物栽培を推進し、保護貿易を行うことで国を富ませました。
この時期のパラグアイには債務がなく、逆にイギリス人の技師を雇って国民に技術を学ばせる余裕がありました。

そんな中で、ウルグアイは苦しい状況にありました。
上記の通り、ウルグアイの領土はアルゼンチンとブラジルの間にあります。ウルグアイ政府の中でも「アルゼンチンと仲良くしたほうがいいって!」「ブラジルのほうが頼りになるに決まってんだろ!」といったように、意見が割れていました。
そして親アルゼンチン&保守派のブランコ党と、親ブラジル・自由主義派のコロラド党の間で、ついに内戦に発展します。

ブランコ党はパラグアイに助けを求め、パラグアイのほうでも「ウルグアイが可哀想な感じになってるから、近所のよしみで助けてあげようね!」(超訳)と言い出したのがきっかけとなってブラジルを刺激してしまい、大々的な戦争が始まってしまいました。

戦争を推し進めたパラグアイのロペス元帥/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

助けようとしたら宣戦布告された な、何を言ってるのか……

パラグアイ軍はブラジルの要所を攻め取り、戦局を有利に進めます。パラグアイは元々南米の中では先に発展していた地域で、国民の団結力も優れていたからです。
が、調子に乗ってアルゼンチンに「ウルグアイを助けに行くんで、ちょっとおたくの領土通らせてもらいますね^^」(※イメージです)と言ってしまったのが運の尽きでした。
こんな要求を文字通りに受け取ってそのまま通したら、自分の領土を取られてしまうかもしれないですよね。

パラグアイのほうでもそれはわかっていたので、アルゼンチンの内情を利用して要求を通そうとしました。
当時アルゼンチンは首都vs地方のような対立が起きていたので、地方派のトップに対し「もし首都が俺たちを通してくれなかったら、反乱を起こしてくれない? その隙に通るからさ」(※イメージです)ともちかけたのです。
地方派のほうではこれを受け入れましたが、その後この約束を見事にすっぽかしました。
つまり、パラグアイがアルゼンチンの領地を通ろうとするのは、完全に「侵攻」になってしまうわけです。

パラグアイが意気揚々とアルゼンチンに侵攻する中、助けに向かう先であるウルグアイでは、ブランコ党が耐え切れなくなっていました。

ブラジル軍の後押しを受けたコロラド党が首都を占領し、逆にパラグアイに宣戦布告します。

さらに、コロラド党はアルゼンチンとブラジルに呼びかけて、同盟を結びました。これがこの戦争における「三国同盟」です。
「助けようとした相手が宣戦布告してきた」というのはなかなかにシュールな光景ですが、政権交代が起きればこんなものですよね。

 

国民の半数が死亡 女性を家長とする制度が根付くことに

パラグアイはブラジルに押し戻され、国内に撤退しました。
が、三国同盟軍はそれで収めようとはせず、三方向からパラグアイへ侵攻します。
しかし、アルゼンチンは自国内での反乱を抑えるために宣戦を離れ、ウルグアイも先に手を引きました。とはいえ、ブラジルとパラグアイの一対一になっても、元々の国力が違います。
パラグアイのトップであるソラノ・ロペスは首都アスンシオンを落とされましたがなお諦めず、老人や子供とともに首都を脱出して抵抗を続けました。
ロペスはその後、同盟軍に包囲されて戦死しています。

しかし、その後もパラグアイの領内ではゲリラ戦が続き、さらに流行病でも死者が出て、国民の半数が亡くなったといわれています。
その過半数は、当然の事ながら成人男性でした。そして女性が多数派になったパラグアイでは、女性を家長とする制度が根付いたのだとか。

政治的にはブラジル、経済的にはアルゼンチンとその背後にいたイギリスに大きく影響されました。

ちなみに、イギリスはこの戦争に関わったすべての国にお金を貸して、大幅に儲けています。ついでにいうと、当時のイギリス国王はヴィクトリア女王です。
女王本人は王配アルバートに先立たれて政治への関心を失いつつありましたが、「大英帝国」の栄華の裏で、一国の国民の半分が命を落としていた……というのは、なんとも言えないところですね。
イギリスに限ったことでも、この時代だけのことでもありませんが。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:三国同盟戦争/wikipedia

 

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-その日、歴史が動いた, 中南米

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.