酒や乱心、暴力でお取り潰し(改易)になった江戸時代の大名たち 「藩主はつらいよ」

 

「ストレス社会」と言われるようになって久しいですよね。
あたかも現代に特有の言い方ですが、それでは昔の人にはストレスがなかったのか?といえば、もちろんそんなことはありません。
本日は江戸時代の、ストレスに対処しきれなくなった……かもしれない人々のお話です。

万治元年(1658年)9月10日は、松下長綱が亡くなった日です。

彼は三春藩主だったのですが……亡くなるまでに、少々一悶着ありました。

 

藩主になって14年 幕府から突然問いつめられて

三春は、元々伊達政宗の正室・愛姫の実家である田村家が治めていた土地でした。
しかし愛姫が一人娘だったこと、田村家が秀吉の小田原征伐に参戦しなかったことで、同地を手放さざるを得なくなってしまいます。
田村家は愛姫の次男に家を継がせることができましたが、平安時代から続いたとされる坂上田村麻呂末裔の血は三春から離れてしまうことになりました。

そのため、三春はあまりこの土地に馴染みのない人によって統治されていきます。
秀吉存命中から江戸時代の初期は蒲生家、次は「賤ヶ岳七本槍」の一人である加藤嘉明の息子・明利。そして、明利の次にやってきたのが松下長綱でした。

長綱は元々二本松藩主である父の跡を継いでいたのですが、「まだ若いから」というだけの理由で三春に移封されています。当時長綱は18歳。若いといえば若いですが、当時の基準からすれば立派な大人です。この辺からもうキナ臭い感じがしますね。

そしてそれは長綱が藩主になって14年も経ってから、いきなり起きました。

「アンタ乱心してヒドイことしたんだって? 改易ね^^」(※イメージです)

幕府から突然イチャモンをつけられて、クビを切られてしまったのです。
寛永二十一年(1644年)。長綱、34歳のときでした。

不幸中の幸いというべきか。切腹や斬首を申し付けられることはなく、長綱は配流先の土佐で静かに暮らしていたようです。しかし、長綱は本当に乱心したのでしょうか。実際は別の理由が囁かれたりしております。

実はこの時、長綱と入れ替わりに二本松藩主になった明利が、兄の起こしたお家騒動に連座して改易されていたため、縁戚にあたる長綱もトバッチリを喰らったのでは? という説があるのです。親戚同士で藩を入れ替えたのは幕府のほうですから、それでもやっぱり不可解というかめちゃくちゃですけども。

江戸時代の前半は改易が多いことで有名ですが、実はその中には、長綱のように「発狂」もしくは「乱心」の二文字で片付けられているものが複数存在します。
いくつか実例を挙げてみましょう。

 

発狂?で改易された大名

・土屋直樹 久留里藩主(千葉)

武田家滅亡の際、最後の最後まで勝頼に付き従い、自害する時間を稼いだといわれる土屋昌恒の子孫にあたります。
延宝七年(1679年)に「狂気」を理由として改易の上、久留里城も破却されるという徹底した始末をされています。
しかも「祖先が勇敢だったから」という理由で、長男が3000石の旗本として家名を残すことを許されているというワケワカメな状態。直樹自身も、長男のもとで余生を送りました。

・堀通周(ほりみちちか) 玉取藩主(茨城)

延宝七年(1680年)に突如錯乱して家臣を斬りつけた&無嗣断絶という理由で改易されました。
しかし、後年に実弟の利雄が家名を存続することを許されています。

・前田茂勝 八上藩主(兵庫)

豊臣家では五奉行を務めていた、前田玄以の息子です。父の跡を継いだ後、八上に移封されました。
真面目に仕事をせず遊び呆け、しまいには「発狂」して家臣をブッコロしまくったから、という理由で改易されたのですが……理由の一端には、茂勝が敬虔なキリシタンであったことが関係していると思われます。
茂勝が改易されたのは慶長十三年(1608年)。秀忠が将軍職を継いでたった三年目ですから、幕閣は一つでも不安要素を潰しておきたかったのではないでしょうか。
その後、大坂の役で行き場をなくしたキリシタンたちが豊臣方についたり、後に島原の乱が起きてしまうわけですが。まあ、大名を一人処分したくらいで信仰心がなくなるわけはないですよねえ。

・森衆利(あつとし) 津山藩主(岡山)

二代めの長継が子沢山で、その二十四子(!)という順番に生まれたため、甥っ子の末期養子になるという不思議な運命をたどっています。
しかし、藩主の座を継いだ直後、将軍へあいさつをしに行く旅の途中で「発狂」し、元禄十年(1697年)7月に改易になりました。
道中で犬小屋の管理が杜撰(ずさん)だという理由で切腹した武士のことを知り、生類憐れみの令に関する疑念を抱いて、幕政を批判したというのが「発狂」の真相のようです。
その後は兄の元に預けられましたが、33歳の若さで亡くなっています。きな臭いとしか。

こうしてみると、「発狂」は体のいい言葉として使われていた感がありますね。
まあ、「狐が憑いて気が狂った」とかがまかり通る時代のことですから、ある意味大名自身の名誉を守ることになる……のかもしれませんが。

ちなみに、情状酌量すべきでないと思われるケースでは、「発狂」ではなくもっと具体的な理由が伝わっています。
例えば、以下のようなものです。

 

酒乱?のため改易

・稲葉通重&津田信成 清水藩(岐阜)主・御牧藩(京都)主

他の人と京都・祇園で遊んでいたとき、タチの悪い酔い方をしてその辺の美女を強引に店に連れ込み、無理やり酒を飲ませるなどの狼藉を働きました。
これが家康にバレ、慶長十二年(1607年)12月に二人とも改易になっています。
二人とも預かり先で亡くなりましたが、信長の時代だったらその場で手打ちだったでしょうね。家康も、豊臣家の件がまだ片付いていないこの時期に頭が痛かったことでしょう。

他に、沢海藩(新潟)の藩主・溝口政親という人が貞享四年(1687年)に酒乱のせいで改易されています。
「酒は飲んでも飲まれるな」、という言葉は当時なかったのでしょうか(´・ω・`)

 

乱暴?で改易

・天野康景 興国寺藩主(静岡)

家康の人質時代から仕えてきた、糟糠の妻にも等しい人です。
家康はその苦労に報いるべく、駿河の興国寺藩を任せたのですが……あるとき、彼が蓄えておいた木材や竹が盗まれるという事件がありました。
天野家の家臣がそれを防ぐべく警戒を強めたのですが、よりにもよって下手人が天領(幕府の直轄地)の住民だったため、幕府から「事情の説明と、下手人の引き渡しをよろしく」という話になってしまいます。
これに康景がブチキレ、慶長十二年(1607年)3月に息子とともに城をほっぽらかして出て行ってしまいました。当然改易です。
その後は、小田原の西念寺というお寺で静かに暮らしたとされています。江戸のすぐ近くとか度胸ありますね。

下手人云々を担当していたのが本多正純だったため、言い回しか何かで誤解が生まれた・もしくは康景を怒らせた可能性が高いヨカーン。それにしたって度胸がありすぎですが。

最後に、ガチで「発狂」としか言えなさそうなケースもご紹介しておきましょう。

 

ガチで発狂したかもしれない藩主たち

・池田輝興 赤穂藩主(兵庫)

「姫路宰相」こと池田輝政と、家康の次女・督姫の息子というエリートな生まれの人です。
正保二年(1645年)3月に突如正室の亀子姫(黒田長政の娘)と侍女数名を斬り殺すという殺戮劇を繰り広げてしまい、改易されました。
その後、甥っ子で本家の池田光政に預けられ、二年後に37歳で亡くなっています。この経緯からすると自殺の可能性が高そうですね。
赤穂といえばやはり赤穂浪士(元禄赤穂事件)が有名ですけれども、その他にもトラブル続きで何かと世間を騒がせる地名だったようです。他の例はまたいずれ。

・松平忠充(ただみつ) 長島藩(三重)

家康の異父弟・松平康元の子孫です。
家督を継いで間もない頃から家臣を追放するなど、奇怪な行動が見られていました。
そして元禄十五年(1702年)8月に重臣三人を切腹させた上、彼らの子供まで死刑にするという暴挙をはたらき、遺族が幕府にチクって改易になりました。
これこそ狂乱ですね。
が、その血筋から息子たちが家名を継ぐことを許され、忠充も79歳まで長生きしています。解せぬ。

この他、寒ブリを巡る誤解で改易になった稲葉紀通(過去記事:魚の寒ブリが原因でお家改易→自決したぶっ飛び大名・稲葉紀通)や、夫婦喧嘩のもつれで改易された水野元知(過去記事:浮気ダメ絶対!夫の不倫相手にゴルゴを放った江戸時代のお姫嫁)など、類似の経緯がない理由の人もいます。

こうなると、事の経緯を報告する各藩の家臣やそれを受ける幕閣、改易を決める代々の将軍も困惑することが多かったでしょうねえ。無闇に改易すると混乱を招きますし。

無理やりまとめると「武士はツラいよ」というところでしょうか。

長月 七紀・記

参考:今日は何の日?徒然日記 松下長綱/Wikipedia 土屋昌恒/Wikipedia 堀通周/Wikipedia 加藤明利/Wikipedia

 








武将ジャパンの全記事データベース!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書籍情報『戦国診察室』

アマゾンの戦国本ランキングで1位(一時)になった書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』
戦国診察室帯アリ450
税込価格1,728円(現在アマゾンでは各小売店様のプレミア価格で発売されてます)

配信先

武将ジャパンでは下記サイトへの記事配信を行っております。

日刊SPA!

シミルボン

facebook

本郷和人歴史キュレーション

東大の歴史研究第一人者、本郷和人教授が登場! 最先端の歴史を堪能しましょう

hongokazutoeye

コミック版『戦国ブギウギ』

当サイトで連載中の『戦国boogie-woogie』(アニィたかはし)がコミックで販売されます!!! 戦国ブギウギ表紙イメージB
ページ上部へ戻る