日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク



その日、歴史が動いた 江戸時代

徳川八代将軍が尾張藩の徳川継友ではなく紀州藩の吉宗に収まった理由とは?

更新日:

 

人の評価をするのは難しいものです。
小さなプラス面がいくつかあっても、巨大なマイナス点があればそちらに目が行ってしまいますし、逆もまた然り。「プラスかマイナスか」だけでなく、「総合してどうか」という視点が大切ですよね。
本日はそんな感じで、評判のよろしくないとある大名の生涯を見てみましょう。

享保十五年(1730年)11月27日は、尾張藩の第六代藩主・徳川継友(つぐとも)が亡くなった日です。

後世では「御三家で唯一将軍を出せなかった家」という不名誉なイメージが定着してしまいましたが、家格的には尾張藩が一番上だったりします。
また、継友自身の評判も、決して高いものではありません。
しかしそうなった理由はといえば、「そこまで言うのはさすがに可哀想じゃない?(´・ω・`)」と思えなくもなかったりして。

 

40人以上いた兄弟たちの大半が幼くして亡くなっている

継友(つぐとも)は、元々は跡継ぎになるはずのない存在でした。父で三代藩主の綱誠(つなのぶorつななり)が子沢山過ぎたので、継友の上に男兄弟が何人もいたのです。
しかし、この時代の乳幼児死亡率の高さはハンパではありません。無事に生まれてくればまだいいほうで、その前になくなる子供もたくさんいました。
全部で40人(!)いた継友の兄弟たちもまた、幼くして大半が命を落としてしまいます。

そんなこんなで継友の順番が繰り上がり、正徳三年(1713年)、21歳のときに第六代藩主となりました。
武家の男子というのは、次男以下の場合は結構窮屈なもの。婿養子先が見つかれば、その家で頑張ることもできますが、藩主に何かあったときのための「お控え」として、家にとどめ置かれる人も多かったといいます。
子供が増えまくると藩の財政が傾くので、「結婚できず、また高禄も与えられず」という……人生の意義を問いたくなるような生活をしている人も珍しくありませんでした。

継友もそういった生活から一躍藩主の座をゲットしたので、最初はかなり喜んでいたようです。
が、喜びすぎて、次の藩主になるはずだった五郎太(継友の兄・吉通の息子)が亡くなった“翌日”に盛大な藩主就任パーティーを開いてしまい、家老に怒られています。そりゃあな。
むしろこんなことをいちいち諌めないといけないご家老に同情しますわ。

 

スポンサーリンク

七代家継の次は尾張藩から就いてもらえばよいのでは?

一方、将軍家でもこの頃、跡継ぎ問題が起きておりました。
ときの将軍は六代・家宣。
将軍になった時点で48歳になっており、当時の感覚としては「急いで跡継ぎを決めておかないと、何かあったときヤバイ」という年齢です。しかも、家宣の息子は一人しか生き残っていませんでした。

そこで家宣は「私の次は鍋松(後の家継)になるが、昔から幼君の世には問題が多い。こういうときのために御三家が作られたのだから、私の後は尾張家の吉通に任せたい」と言っていました。
しかし、側近である新井白石らが「私どもがしっかり鍋松様をお支えしますので、尾張家にお願いするには及びません」とゴリ押ししたため、尾張家が将軍になることはありませんでした。

その後、吉通が亡くなり、家継が七代将軍になってよかった……と思いきや、家継は病弱な体質のため、世継ぎをもうけるどころか、成人するかどうかも怪しいと考えられます。
そんなわけで、「家継の次代を誰にすべきか?」という話になったのです。
我々後世の一般人からすると「最初から尾張家に頼んどけばよかったじゃん」と思ってしまいますけれどね。

尾張家は家格が一番高く、また血筋としても御三家の中では将軍家に最も近かったため、世間的には「もし将軍家に何かあれば、尾張家の人が将軍位に就くだろう」と考えられていました。
しかし尾張家の中では「ウチの藩主様が将軍になるとか勘弁」(超訳)という考えが強く、そのため幕閣や大奥などに働きかけていませんでした。

そこに、家宣の正室だった天英院が「次は紀州藩の吉宗殿が良いんじゃなくて?」と言ってしまったため、ものの見事に八代将軍は徳川吉宗に決まります。

徳川吉宗/wikipediaより引用

 

吉宗もケチはケチだが、ちゃんと財政状況を回復している

継友の正室・安己君(あこぎみ)は近衛家の姫で、天英院にとっては姪っ子でした。
血縁関係を重視して政治をするのが常識な当時、天英院がなぜ姪の嫁ぎ先を推さなかったのか、ちょっと不思議ですよね。

これはおそらく、継友と吉宗の藩政をみて判断したものと思われます。
継友はその立場上、若い頃からお金をケチって溜め込む癖がついていました。上記の通り、どこかへ養子入りすることもできず、少ない収入でやりくりしなければならなかったのですから、そういった癖がつくのも仕方のないことです。

吉宗も節倹に務めてなんやかんやの末に紀州藩主になっていますけれども、両者の違いは「藩主になってからどうだったか」という点。
継友は領民からも「ケチな殿様」といわれていましたが、吉宗はケチはケチでも、きちんと藩の財政状況を回復させたため、「吉宗様は素晴らしい藩主様だ!」と高評価を得ていました。
天英院はこの評判を聴き比べて、「ただのケチより、実績を挙げている方に将軍職をお任せすべき」と考えたのでしょう。
また、上記の就任パーティーといい、継友には「そのタイミングでそれをやるのはマズイ」ということがたびたびあったらしく、それもマイナスな印象になったと考えられます。

江戸城では先代までの将軍の命日など、「お慎み」をしなければならない日がたくさんありますので、そういったものを無視しかねないとも思われたでしょう。朝廷からの使者を迎えることもありますしね。
一応、継友も財政再建のためにいろいろやっていて、成果も挙げているのですが……。いかんせん、比較対象が悪すぎました。

 

徳川宗春に釣られすぎでは……(´・ω・`)

継友が亡くなって、跡を継いだのは弟の宗春でした。
この人のことは以前も取り上げているので(過去記事:これって江戸時代のアベノミクス?やりたい放題で名古屋を空前の好景気にして…散った殿様徳川宗春)、ここでは詳述しませんが、ものすごく省略すると“「将軍様はケチれケチれとおっしゃるが、それでうまくいくなら苦労はせんわい」とばかりに、吉宗の真逆を行く政治を行った”人です。
それが派手好みの尾張の人々にウケたものですから、相対的に継友の評判が下がりっぱなしになりました。
亡くなった後までディスらんでも(´・ω・`)

KYだったことは間違いないでしょう。
しかし、継友は亡くなったとき39歳と早めなことも考えると、なんだか可哀相な点のほうが多いような気がしてきます。

豪遊して藩政を台無しにした、とかではないのですから、もう少し彼の努力を認めてもいいのではないでしょうか。

長月 七紀・記



スポンサーリンク

スポンサーリンク

参考:徳川継友/Wikipedia

 

意外と優しい!? 織田信長さん



生誕450周年!伊達政宗さんの生涯



毛利元就はナゼ一代で中国地方の覇者となれた?


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!



武将ジャパン・TOPページへ戻る



-その日、歴史が動いた, 江戸時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.