日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 明治・大正・昭和時代

地租改正をキッカケに始まった伊勢暴動 「竹槍でドンと突き出す二分五厘」

更新日:

 

常識を変えるのは難しいものです。
現代でも「女はどうせ腰掛け就職しかしないから、お茶くみだけさせておけばいい」なんて男性管理職がいますし、逆に「男の人なら大工仕事は全部できて当然」と無茶苦茶なことを女性もいますよね。
そういった問題は異性に関する思い込みが多いような気がしますが、お上と庶民の間でも、常識という名の隔たりはたくさんあります。
本日はその辺が絡んで割とシャレにならない事態になった、とある事件のお話です。

明治九年(1876年)12月19日は、伊勢暴動が始まった日です。

名前からして穏やかな感じはしませんが、よくよく見ると「そりゃそうなるわ」と納得できてしまうようなことが原因の一件でした。

月岡芳年・三重県下頌民暴動之事件/Wikipediaより引用

 

大久保利通も「税の軽減を図るべきか?」と一瞬考えたが……

この暴動が起きたきっかけは、明治時代初期の重要な単語としておなじみの「地租改正」です。それまで米で納めていた税を、現金で払うようにしろ、というアレですね。

当時は、地方ごとに制度の整う速度に差がありました。そして伊勢=三重県では北部には比較的早く広がったものの、南部にはなかなかこの考えが浸透していなかったのです。
こういうのはだいたい中央省庁からの距離と比例しますから、それ自体は不自然なことではありません。

それ以上に問題になったのが、「税の金額は前年の米の価格を基準として決める」という点でした。現在の住民税とほぼ同じですね。転職したことがある方はわかると思いますが、前年よりも収入が下がった場合、住民税の支払いは結構負担になります。
しかもこのときは前年の方が米価が高く税負担が大きくなったのですから、農民たちが怒るのも無理からぬコト。やがて地租改正そのものに反対する地域がでてきます。

実は、三重県の事件の半月ほど前に、茨城県でも農民約300人による強訴が起きていました。
大久保利通はこれを受けて、「税の軽減を図るべきか?」と一瞬だけ考えたのですが、すぐ鎮圧できたので減税を取りやめています。この判断が、伊勢での暴動を招いたといってもいいかもしれません。

 

スポンサーリンク

農民を挑発する警察官がいて村人たちが激高!

そして140年前の今日12月19日、三重県で徴税するための会議が開かれることになり、18日の朝に各村の長が会場に向けて出発していました。
その隙に、各地の村人が集まって徴税の延期を願い出ようと言い始めます。皆腹を立てながら集まっているので、時間が経つにつれて騒ぎが大きくなり、落ち着かせるために警察や村のお偉いさんが説得を試みました。

最終的にお偉いさんのほうが折れて、三重県宛てに徴税延期の嘆願書を作ったところまではよかったのですが……。警察の中の誰かが農民を挑発するような言動をとったため、村人たちが激高し、実力行使に発展してしまいました。
余計なことを言うヤツほど声がデカいんですよね、こういうときって。
「農民たちが暖を取るために焚いた火を、少し離れたところにいた人が”決行”の狼煙だと勘違いした」という説もあるようです。

そして納税窓口となっていた銀行や学校・役所などあっちこっちで焼き討ちのターゲットになった他、徴税に関わる者の屋敷を打ち壊すなど、一揆勢はかなり過激な行動に出ました。
また、この暴動は距離的に近い愛知県や岐阜県の一部にまで波及します。

三重県は自分たちでは鎮圧しきれないとみて、中央政府に軍の派遣を依頼しました。しかしそれだけでは追いつかず、士族が徴用されて一揆勢と戦闘になったところもありました。
一揆勢も場所によっては数千人単位になりましたが、リーダー不在の上に、戦闘のプロである士族や軍を相手にあっさり鎮圧されてしまっています。
場所によって鎮圧までにかかった時間は異なものの、24日にはおおむね収まりました。

暴動は上記のように広まった/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

地租を慌てて3%→2.5%へ軽減するドタバタぶり

これを受けて大久保は12月31日に閣議を招集。年明けの1月4日に地租を3%から2.5%に引き下げています。「竹槍でドンと突き出す二分五厘」なんていわれるのは、この数字からきたものです。
これは全国での数字なので少なく見えますが、県単位ではもっと大きな減税率となりました。一揆勢の目的は一応達成されたことになりますね。

これは明治政府にとっては結構痛い話で、1000万以上の税収減になっています。その分は官僚削減や役所の統合・整理で対応したとか。……まずそこから手を付ければ、暴動ももう少し小規模で済んだんじゃね? というのは禁句でしょうか。

伊勢暴動の人的被害は死者35人、負傷者48人、公的処分者50773人(うち絞首刑1人、終身刑3人)とされています。
お偉方が工夫できなかっただけで、これほどの死傷者と”犯罪者”を生んでしまったことのほうが問題のような……。

また、上記の通り暴動鎮圧には士族が使われています。この働きを認めて、政府に取り込むことを思いついていれば後の西南戦争は起きなかったかもしれませんね。

現代でも「増税する前に議員の給料か定数減らせよ」等々のツッコミをしたくなることは多々ありますが、「お役所の考え方や対応が明治時代とほとんど変わっていない」というのが一番問題でしょうか。
徳政令(武士の借金帳消し令)などもそうですが、なぜ反感を買うであろうことをやって、タダで済むと思うのか不思議でなりません。それが権力というものなのですかねぇ……。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:伊勢暴動/Wikipedia

 

 




1位 意外と優しい!? 織田信長さん


2位 伊達政宗さんは史実も最高!


3位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


4位 毛利元就の中国制覇物語


5位 ホントは熱い!徳川家康



6位 最上義光 名将の証明


7位 最期は切ない豊臣秀吉


8位 史実の井伊直虎とは?



9位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?



10位 小野政次 34日間の天下



武将ジャパン・TOPページへ戻る



-その日、歴史が動いた, 明治・大正・昭和時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.