歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

書籍・映画

ゾウと日本人の歴史が意外と興味深い! 天皇に謁見するため『広南従四位白象』という位階姓名を得た者も

投稿日:

子供から大人まで、動物園で好きなのはやっぱりゾウ。
最近はパンダの赤ちゃんに話題を奪われがちですが、歴史サイト視点から見ますと、800万年前の化石が確認されているジャイアントパンダに比べ、ゾウはもっともっと古い5000万年前でありまして。

今回は書籍『ゾウの知恵 陸上最大の動物の魅力にせまる』を参考に、ゾウの歴史を追っかけてみたいと思います!

 

マンモスが発見されたのは日本じゃ北海道のみでして

前述の通り、最古の化石は約5000万年前の地層から発見されました。

このとき地球上に霊長類はおりましたが、人類はもちろんのこと猿人(約700万年前)すら存在しない時代。これに対しゾウは約340もの種が繁栄していたと考えられます。
ただし現在は、アジアゾウ、アフリカゾウ、マルミミゾウの3種を残すのみで、インドゾウはアジアゾウの亜種になります。

忘れちゃならないのが、比較的最近まで残っていたマンモスとナウマンゾウでしょうか。
この2種は日本でも化石が見つかっており、歴史マンガの最初あたりにチラリと登場することもありますよね。
私たちの遠いご先祖様たちが、いずれかのゾウを食していた可能性は高そうです。

となると、個人的に思い浮かべるのは『はじめ人間ギャートルズ』。
彼らがマンモスを追いかけ、仕留めて、食料としていたのは、このマンガでは定番のシーンです。

ゆえに「日本の原始人が追いかけていたゾウの種類もマンモスであろう」と想像されるかもしれませんが、残念なことにその化石が発見されているのは北海道しかありません。これは正直意外でした。

更には“体格”に関しても、私は誤解しておりました。
何か巨大なものを表現するとき、例えば「マンモス校」といった言葉が使われますよね。
なので、マンモスってのは相当デカイんだ!と考えていたのですが、実はアジアゾウなどと大きさは変わりません。
たしかに牙はでっかいんですけどね。

マンモスは数千年前に絶滅したとされ、日本からはおよそ1万年前に姿を消しております。

 

スポンサーリンク

金閣寺や銀閣寺に対抗して「象閣寺」でも作っていればなぁ

マンモスの化石が北海道でしか見つかっていないのに対し、日本各地で広く生息していたのが「ナウマンゾウ」です。

彼らは約50万年前に出現し、約2~1.6万年前まで生存。
日本では縄文時代が始まるギリギリあたりですね。
国内では、野尻湖(長野県)で大量の化石が発掘されたことで知られております。

体躯は、アジアゾウよりやや小型、かつマンモスと同じで全身が毛むくじゃら。
名前の由来となった『ナウマン』は人名で、明治初期の日本にいたお雇い外国人、ハインリッヒ・エドムント・ナウマンにちなんでおります。

彼はドイツ人の地質学者であり、ナウマンゾウの標本を最初に研究したからだそうで。
東京帝国大学(現:東京大学)地質学教室の初代教授に就任し、フォッサマグナ説も提唱していた人でした。

さて、マンモスとナウマンゾウが絶滅した後、日本からしばらくゾウはいなくなり、次にその姿を確認できるのは1408年(応永15年)のこと。
嵐で若狭国に漂着した南蛮船のゾウでした。
この船は、東南アジアの首長・亜烈進(アラジン)卿のもので、足利将軍への献上品として様々な品を積んでいたそうです。ゾウの他には、クジャクやオウムもいたとか。

若狭から京都まで。ゾウは1ヶ月かけて運ばれ、時の将軍・4代足利義持に贈答。そしてこのゾウは約3年後、将軍から朝鮮国王へプレゼントされます。
人から貰ったものでええんかい!と思ってしまうかもしれませんが、なんせ体の大きな動物ですし、餌代もばかになりませんから、将軍様も手に余ったのかもしれませんね。

金閣寺や銀閣寺に対抗して「象閣寺」でも作っていれば、義持さんも歴史の授業で小中学生に名前を覚えられのになぁ。

足利義満さんの息子・足利義持/wikipediaより引用

 

ゾウと言えども宮中に上がるにはそれなりの資格が必要で

足利将軍家への贈答に続き、2度目の渡来象(渡来人にちなんだ私の造語です・そういう種類がいるわけではありません)は、少し間が開いて1574年(天正2年)、戦国時代のことですね。明の船が博多に運んできました。

更には1597年(慶長2年)にマニラ総督から豊臣秀吉へ、1602(慶長7)年には徳川家康にもベトナムから贈られております。

が、何と言っても、記録によく残されているのは1728年(享保13年)の渡来象でしょう。

このとき献上されたのは享保の改革でお馴染みの徳川吉宗。
中国の商人が、ベトナムから雌雄のゾウを長崎に運んできたものです。

残念ながら雌は到着後3ヶ月で死んでしまいますが、雄は翌1729年3月から2ヶ月かけ、長崎から江戸へ陸路で旅をしました。
陸路でありますから、途中、京都も通ります。
そこには当然、御所もあり、このゾウは光栄なことに中御門天皇に謁見の機会も得ます。

しかし、問題がありました。
ゾウと言えども、宮中に上がるためにはそれなりの身分が必要となります。
前例のないケースだけに、担当者さんたちも困ったことでしょう。
そこで、どうしたか?

このゾウには『広南従四位白象』という位階と姓名が与えられました。
冗談ではありません。

江戸時代の従四位といえば老中クラスか10万石以上の外様大名が頂く位階。かなりのランクです。
かくして天皇に謁見できただけでなく、その姿は人々を驚かせ、瓦版にも描かれました。

江戸についたゾウは吉宗に会い、浜御殿(現在の浜離宮)で12年間飼育されました。
が、餌代がかさむ上に、飼育員の死亡事故があり、中野村のお百姓さんに払い下げられ、その翌年に病没します。
やはり質素倹約の吉宗だけに餌代はネックだったんですかね。
払い下げられた翌年に亡くなったのは、なんだか引っかかりますが…暗転。

その後、幕末の1863年(文久3年)には見せ物のためのゾウも登場。
江戸時代までに計7回の渡来象がやってきましたが、それらはすべてアジアゾウと考えられ、日本人のアフリカゾウとの初対面は戦後のことになります。

 

スポンサーリンク

平和のシンボルながら戦時中には不幸も……

明治になるとゾウの見せ物は盛んになり、単に姿を見せることに加え、芸もするようになります。

動物園ができるまで本格的な飼育施設はなかったのですが、1888年(明治21年)を契機にゾウの飼育ブームが始まります。
キッカケは、上野公園博物館の付属施設だった同動物園に雌雄のゾウが来園したことで、以降は京都市動物園、大正に入って大阪、名古屋などの大都市に施設が作られたのでした。

そして拡大した象ブームは、間もなく悲劇を引き起こしてしまいます。

第二次世界大戦が始まると、当時日本にいたゾウ13頭は餌不足や殺処分で10頭が死亡。
小学生のときに、彼らの殺処分を描いた『かわいそうなゾウ』を読み、涙した方も多いことでしょう。
このとき生き残った3頭のゾウのうち、1頭は過酷な環境のため戦後すぐに亡くなり、命をつなぐことができたのは名古屋市東山動物園の2頭のみでした。
戦後、この2頭に会うため、全国各地からの子供たちを乗せた「ゾウ列車」が運行されました。

かくして子供たちの希望と楽しみのため、1949年(昭和24年)にはタイとインドから上野動物園にゾウが贈呈されると、この動きが加速。
次々と来日することになり、10年後には32の動物園で会えるようになりました。

まさしくゾウは平和のシンボルとなったのです。
最近は周辺国のミサイル実験など物騒な話題もありますが、いつまでも動物園のゾウをのんびりと見られる平和が続いて欲しいと願います。

以上、今回紹介した話は『ゾウの知恵 陸上最大の動物の魅力にせまる(田谷一善 SPP出版)』を参考にさせていただきました。

歴史パートはほんの一部で、本書にはゾウの進化から、生物学的特性、ホルモン動態や繁殖、飼育方法まで、ゾウにまつわるありとあらゆることが詰まっております。

やや難しい内容もありますが、興味の有る部分から読み進めますと、町内一のゾウ博士になれること請け合いです。

ゾウ好きな方は是非~。

文/馬渕まり(忍者とメガネをこよなく愛する歴女医)
本人のamebloはコチラ♪




スポンサーリンク


【参考】

 

織田信長 武田信玄 真田幸村(信繁) 伊達政宗 徳川家康 豊臣秀吉 毛利元就 




×

-書籍・映画

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.