まんが日本史ブギウギ

徳川幕府vs朝廷は静かにバッチバチ! まんが日本史ブギウギ189話

天皇に娘を嫁がせて、生まれてきた皇子がその後に即位、祖父(外戚)として実権を握る――。

藤原政治のド定番ですよね。

武家が政権を樹立した鎌倉幕府以降、その重要性は薄れていきましたが、そうは言っても名目上、政治の中心にいるのは天皇であり、そもそも将軍職も朝廷から授けられるもの。

なんだか非常に難しい関係で、無視することもできない。

徳川政権においてはどう対処した?

と、もちろんその対策は取られました。

禁中並公家諸法度』など各種の法整備をすすめると同時に、徳川秀忠の娘・徳川和子を入内させたのです。

歴史の授業ではあまり習わない。されど一つの転換点でもあった徳川家の婚姻政策――マンガ『日本史ブギウギ』第189話で注目です!

 

お好きな項目に飛べる目次

後西院

明暦の大火(振袖火事)
明暦の大火(振袖火事)は日本史上最大! 3~10万人が亡くなり城も焼失した

続きを見る

 

和子

徳川和子
皇室に嫁いだ秀忠の娘・徳川和子の苦悩~その他の姫たちはどうなった?

続きを見る

 

将軍の乳母

春日局(明智家重臣の娘)の波乱万丈~夫と別れて徳川に仕え家光の乳母に

続きを見る

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-まんが日本史ブギウギ

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)