武田・上杉家 まんが戦国ブギウギ

まんが戦国ブギウギ26話 ねらえ高天神城! オレが甲斐武田家17代目の当主だ

浅井・朝倉を滅ぼし、一息ついた織田家に対し、混乱を極めた甲斐の国。
偉大すぎる武田信玄が西上の途中で病に倒れ、そのまま死亡すると跡を継いだのが武田勝頼である。

武田信玄が戦国最強「甲斐の虎」と呼ばれる理由~知略に塗れた53年の生涯

続きを見る

信州の名門・諏訪家の姫と信玄の間に生まれた勝頼は、もともとは諏訪家の当主となり、親族衆として武田家を盛り立てていくはずだった。ところが……。

武田義信の廃嫡&死により、急遽、強国の主君としての立場に立たされる。

武田義信(信玄の嫡男)はなぜ自害へ追い込まれたか?儚い30年の生涯

続きを見る

もとより甲斐は、信玄祖父の世代以前から激しい争いが続いており、武田信虎の時代にようやく国がまとまったばかり。クセの強い家臣たちをまとめるのが困難であるともされてきた。

勝頼は、いかにしてこの窮地を脱しようとしたのか――。

 

お好きな項目に飛べる目次

カツヨリ君

◆諏訪家の跡取りとして育てられたため、どちらかと言うと他所者(よそもの)扱いの勝頼さん。それは【通字】からもわかります。

【信】の字:武田氏の通字(義信)
【虎】の字:武田信虎から
【昌】の字:武田中興の祖・信昌から
【勝】の字:信玄の幼名・勝千代から(勝頼)

当主クラスでしたら【信】がやっぱり欲しいところ。しかし実際は……。

武田勝頼(信玄の四男)風林火山を使えぬ悲劇が武田家の滅亡へ 37年の生涯

続きを見る

 

山県昌景

◆武田四天王(山県昌景・馬場信春・春日虎綱・内藤昌豊)をはじめとした信玄時代からの重臣たち。勝頼とは折り合いが悪かった――というより「若造」扱いされてしまったんですね。
最初から当主候補として育成された嫡男・義信でしたらそんなこともなかったでしょうに……不運としか言いようがありません。

 

高天神城

◆勝頼は、信玄の死後、領土を拡大させていきます。そしてそれは武田家最大の版図となりました。

 

救援要請

◆難攻不落とされた高天神城――信玄も攻めあぐねたこの城を勝頼は手中に収めます。しかし、これが後に……。

高天神城は命を喰らう超絶肉食系!信玄すら諦めた道を行く【戦国最強山城譚】

続きを見る

著者:アニィたかはし

書籍版『戦国ブギウギ』です!

 



-武田・上杉家, まんが戦国ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.