イラスト・富永商太

伊達家

彼氏にしたくない戦国武将は政宗? マザコン・酒癖・逆恨みの危険性

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
彼氏にしたくない戦国武将は政宗
をクリックお願いします。

 

素敵な史実その二「愛は深くて細やかです」

政宗は無茶苦茶なこともしますが、愛は本物です。

いろいろあった母にもプレゼントを贈りますし、それは他の家族に対してもそうなのです。

嫡男・伊達秀宗には、金の使い方から家臣の扱いまで、細やかにアドバイス。

息子の狩の成果を褒めたり、

「手紙は自分で書こうね! そうすると思いやりが伝わるぞ」

と伝えることもある。

なんだかんだで愛情重視なんですよ。

伊達秀宗(政宗の長男)の切なくてイイ話~斬られた重臣のことはさておき

続きを見る

松平忠輝と結婚したばかりに苦労した娘・五郎八姫のことは胸を痛めていたようです。

実家に戻ってからは細やかな気遣いをして、母・愛姫との面会も細やかにセッティングしています。

愛されれば、政宗は素晴らしい相手だとは思うのです。

昭和まで許されなかった家康六男・松平忠輝の不憫な人生は政宗のせい?

続きを見る

 

素敵な史実その三「風流です」

政宗のマザコンぶりを取り上げて来ました。

実際、母子の間に愛はあります。母の菩提寺である保春院からは、そんな敬愛が感じられるものです。

寛永13年(1636年)。

この一~二年前から、政宗は食事中にむせるようになっていました。

健康に気遣っていた政宗は、己の死が近いことを悟るようになったのです。

死因は消化器系のがんと推察されております。

この歳の春、政宗は完成したばかりの保春院を参詣し、ホトトギスの初音を求めて領地を巡ります。

これが人生最期の、ホトトギスの声なのか……。

そう悟っていたのか。

ようやくホトトギスの声を耳にすると、そのまま江戸へと向かってゆきます。

将軍はじめ多くの恩人に別れを告げたのです。

そしてその夏、江戸で世を去りました。

辞世には、彼の満足感が伺えます。

曇りなき 心の月を さきたてて 浮世の闇を 照らしてぞ行く

これが驚くことに、臨終の際、【ホトトギスが屋根に飛んできて、ずっと鳴いていた】という記録もあるのです。

こういう逸話が語り継がれたのも、ホトトギスの初音を求める風流な心があればこそ。

そんな政宗と恋をするなんて最高ですよね!

 

独眼竜よ、このまま世界の恋人になるのだ

言うまでもなく、政宗と恋愛したいかどうかは、個人の自由であります。

そもそもゲームのシナリオはライターさんの力量であって、史実は二の次。

史実云々を言って、個人の嗜好を嘲笑うのは無粋でしょう。

それに乙女ゲー以前に、こういう問いかけはよくありました。

「上司にしたい戦国武将は?」

「父親にしたい戦国武将は?」

「一緒に酒を飲んでみたい戦国武将は?」

どう思います?

私はあまりそうなって欲しくありません。あっさり成敗されそうですし……。

でも、居酒屋トークの定番でもありますよね。

こういうことは結局、ざっくりしたイメージ像で答えているだけの話で、今さらとやかく指摘することこそ無粋ってものでしょう。

とはいえ、史実を踏まえてみると、そうした雑談にも深みをもたらし、楽しくなったりするわけで。

私からのイチ押しは、

【膝枕で寝てしまう相手を前に歌を詠む政宗】

ですね。バッドエンドにも対応できます。

今後、あのNetflixでもドラマが作られる政宗。

◆Netflix、戦国武将・伊達政宗の実録ドラマを製作へ ─ コミックと日本美術に敬意、北米ドキュメンタリー製作チームが手がける(→link

世界でも彼のワイルドな部分が注目されると思うとワクワクします。

独眼竜政宗が世界の恋人になる日も近い!

あわせて読みたい関連記事

伊達政宗
伊達政宗のド派手な逸話はどこまでマジ? 史実で振り返る生涯70年が面白い!

続きを見る

義姫(政宗の母で義光の妹)は有能なネゴシエーター! 毒殺などあるわけない

続きを見る

慶長出羽合戦(北の関ヶ原)
慶長出羽合戦(北の関ヶ原)で上杉・最上・伊達ら大大名が激突!その結果は?

続きを見る

最上義光
最上義光(政宗の伯父)は東北随一の名将! 誤解されがちな鮭様の実力とは

続きを見る

戦国・蘆名家はなぜ滅亡した? 会津が輝宗&政宗親子の手に落ちるとき

続きを見る

細川ガラシャ(明智たま)
細川ガラシャ(光秀の娘・明智たま)壮絶生涯38年!父より激しい散り際とは

続きを見る

伊達秀宗(政宗の長男)の切なくてイイ話~斬られた重臣のことはさておき

続きを見る

昭和まで許されなかった家康六男・松平忠輝の不憫な人生は政宗のせい?

続きを見る

文:小檜山青

【参考文献】
『素顔の伊達政宗~「筆まめ」戦国大名の生き様 (歴史新書)』(→amazon
『伊達政宗 最期の日々』(→amazon
『人物叢書伊達政宗』(→amazon

TOPページへ

 



-伊達家

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)