松寿丸の殺害命令

竹中半兵衛(左)と黒田長政/wikipediaより引用

黒田家

官兵衛の子・松寿丸に殺害命令~半兵衛が匿うことを秀吉は知ってた?

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
松寿丸を匿った半兵衛と秀吉
をクリックお願いします。

 

荒木村重の反乱

天正6年(1578年)10月、有岡城の荒木村重が叛旗を翻しました。

村重は、信長軍の対毛利戦線の後衛を務める、中国軍団(秀吉がトップ)のNo.2とも言える超大物でした。

荒木村重
信長を裏切り妻子を捨てて逃亡した荒木村重~道糞と蔑まれた生涯52年

続きを見る

逆に官兵衛ははるかに格下の存在です。

どれぐらいなのか?

というと秀吉配下の幹部数十人の一人ぐらいが実情でしょう。

村重の説得には、蜂須賀氏はじめ何人もが挑戦していて、ドラマなどでは官兵衛が最後の切り札として描かれがちですが、ちょっと買いかぶりかもしれません。

ともかく一年間にわたり幽閉されてしまうのは、ご存じの通り。

官兵衛救出2

 

半兵衛が松寿の命を救ったことを秀吉は知っていた!

信長にしてみれば、官兵衛が音信不通になるのは裏切ったからこそだ――そう思うのも仕方のないことです。

なにせ官兵衛直属の主である小寺氏も裏切っていたのが濃厚だったからです。

直接的に、松寿の命を救ったのは、秀吉のもうひとりの軍師・竹中半兵衛です。

竹中半兵衛重治
竹中半兵衛36年の生涯まとめ 官兵衛と並び称される天才軍師の実像

続きを見る

半兵衛は、怒り狂う信長に申し上げました。

「官兵衛は忠義の者で、裏切る理由がありません。黒田家を敵にまわすと毛利攻略が危うくなります」

そこで、半兵衛はこっそりと安土城から自身の領地である岐阜県垂井町へ松寿丸を連れ出します。

あるいは松寿丸は、このとき秀吉の長浜城にいたのかもしれませんね。

豊臣秀吉
ド派手すぎる豊臣秀吉の逸話はドコまで本当か?62年の生涯まとめ

続きを見る

信長は各地から人質を集めており、すべてを安土城下で管理するのは難しいでしょうから、各軍団長のもとに預けていたという方が自然でしょう。

では、秀吉がそれを知っていたのか?

結論から言えば、知っていた、可能性が高いです。

証拠は2つあります。

 

わざわざ半兵衛の忠言を伝えている

一つは、幽閉中に秀吉が官兵衛の叔父に改めて忠誠を誓うように書状を出している(黒田家譜)のですが、そこに、半兵衛が信長に対して異議をとなえたことが記されています。

中国エリア戦線で、黒田家の重要性を知っていたのは、半兵衛以上に秀吉でした。

秀吉にしてみれば、万が一、官兵衛に裏切られたとしても、黒田家本体が秀吉の味方をしている限りは、松寿丸を活かしておいた方が得策なのです。

 

半兵衛の死後も松寿は生きていた

もう一つは、竹中半兵衛が官兵衛幽閉中に病気で死んでしまうことです。

天正7年(1579年)6月、官兵衛が解放される4か月前のことでした。

もしも竹中半兵衛が単独で、信長・秀吉の意向に反して松寿を匿っていたとしたら、この時点で、竹中家の家中は、家の存続のために松寿を処分していたでしょう。

ところが4か月間も生き延びていることは、竹中家にとって主の秀吉からの了解があると推察できます。

ゆえに半兵衛は秀吉の了承のもと松寿丸を生かしていたと考えるのが自然。

大河ドラマ『軍師官兵衛』では、秀吉の妻・ねねが「松の扇子」を黒田家に渡して「松寿丸生存」の意図を暗に伝えておりましたが、史実でも黒田家を重視した秀吉の画策と見てよろしいのではないでしょうか。

あわせて読みたい関連記事

浅井長政
信長を裏切った男・浅井長政29年の生涯とは?その血は皇室へ続く

続きを見る

竹中半兵衛重治
竹中半兵衛36年の生涯まとめ 官兵衛と並び称される天才軍師の実像

続きを見る

黒田官兵衛
史実の黒田官兵衛は本当に軍師や天下人の器だったか?生涯59年まとめ

続きを見る

櫛橋光
官兵衛の妻・櫛橋光の生涯~最大のピンチを救ったのはガラシャだった

続きを見る

豊臣秀吉
ド派手すぎる豊臣秀吉の逸話はドコまで本当か?62年の生涯まとめ

続きを見る

織田信長
史実の織田信長ってどんな人?生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ

続きを見る

荒木村重
信長を裏切り妻子を捨てて逃亡した荒木村重~道糞と蔑まれた生涯52年

続きを見る

文・川和二十六
絵・富永商太

【参考】
『国史大辞典』
渡邉大門『黒田官兵衛 作られた軍師像 (講談社現代新書)』(→amazon

TOPページへ

 



-黒田家

×