絵・小久ヒロ

織田家

滝川一益こそ信長家臣で最強のオールラウンダー!62年の波乱万丈な生涯まとめ

嫡男・信忠に付けたのは信頼されていたから

こうして実績と信頼を積み重ねてきた滝川一益。
信長は次世代でも、彼を重用しようとしていたフシがあります。

天正十年(1582年)の甲州征伐では、本隊である織田信忠軍の一員として参加しているからです。信忠の家老・河尻秀隆と共に、軍監を務めています。

織田信忠(奇妙丸)信長の長男は家督を譲られるも光秀に命を狙われて

続きを見る

このとき、信長は行軍中の一益に

「信忠はまだ若く、血気にはやりがちなので、うまく制御するように」

という手紙を出していました。

実際は信忠の思い切った進軍により、信長が甲斐へ到着する前に武田家攻略が完了するほどでしたので、これは杞憂だったともいえます。
一益や秀隆から信忠に何かを献言したという話もないので、問題なく事が進んだのでしょう。

もちろん一益も、森長可らと共に、攻略戦の主力として働いています。
武田勝頼を追い詰め、天目山で自害に追い込みました。

この功績により、信長から上野国と信濃国佐久・小県の二郡を与えられ、厩橋城主となっています。

 

所領ではなく茶器を所望

このとき、

”滝川一益は領地よりも、茶器の「珠光小茄子」を所望したが叶わなかった”

という有名なエピソードがあります。

「茄子」とは、全体的に丸みを帯びているタイプの茶入のことで、多くの茶人に愛された茶器です。

珠光小茄子については、他の特徴を示す資料や絵、はたまた来歴の記録が残っておらず、それらについては推測するしかありません。

名前からすると、おそらくは室町時代の茶人・村田珠光(1423~1502)の所有物だったと思われます。当時茶の道を愛していた者ならば、滝川一益ならずともほしくなるのはごく自然といえるでしょう。

その代わり……なのかどうかはわかりませんが、信長は一益へ他にも褒美を与えています。
名馬「海老鹿毛」と短刀を褒美として与えたそうです。

海老鹿毛のほうはこれまたどんな馬だったのか不明なのですが、日本の伝統色として「葡萄色(えびいろ)」という色があります。

伊勢海老の甲羅の色に近いとされる、暗めの赤紫色です。
葡萄(ぶどう)の色にも近いことから、字面が混同されるようになったとか。

この色がもう少し茶色みを帯びると「海老茶」という色になります。
馬の体が紫がかっていた……というのもなかなか考えにくいですし、「鹿毛」=一番一般的な毛色の名もついているからには、海老茶に近い感じの色をした馬だったと考えるのが妥当でしょうか。
もっと黒ければ「黒鹿毛」や「青鹿毛」、「青毛」など、別の毛色名がありますし。

他にも、一益は古備前派の名刀も与えられていました。
現在は静嘉堂文庫美術館(東京都世田谷区)に所蔵されている
「古備前高綱太刀 附 朱塗鞘打刀拵」
という刀です。

「こびぜんたかつなのたち・つけたり・しゅぬりうちがたなこしらえ」
と読みます。

「古備前派の刀工・高綱作の太刀で、朱塗りの鞘がついていますよ」という意味ですね。

 

北条、佐竹に伊達、蘆名とも通じ、そして本能寺で

国宝級の茶器――という望み通りの褒美は得られなかったものの、一益はその後も精力的に働きました。

まず上野周辺の国人たちについては、今までの領地を安堵(保証)することを告げています。

すると、国人たちの多くが人質を差し出し、一益や織田家への従属を申し出てきたそうです。もちろん、関東の武士全員が従ったわけではありませんが。

また、後北条氏や佐竹氏・里見氏だけでなく、東北の伊達氏・蘆名氏とも連絡をとっており、織田家が東日本を支配するための下準備に手を付けていた……といえます。

さらに、国人らを厩橋城に集めて能興行を行うなど、地元との融和に務めていたと思われるフシもあります。
このとき、一益は息子たち二人と共に、「玉鬘たまかずら」を舞ったそうです。

玉鬘とは、源氏物語に出てくる女性の一人。
彼女は亡くなった後も、恋の妄執に囚われていた……という、能ではよくあるタイプのお話です。

滝川一益が何を思ってこの曲を選んだのか、少々興味を惹かれますが……茶の湯といい、これだけあっちこっちで働いていて、よく文化的素養を身につける時間があったものですね。

こうして、その場でできる最善を尽くしてきた一益。
彼の努力は1582年6月2日、【本能寺の変】によって実を結ぶことなく終わってしまいます。

本能寺の変、真相は? なぜ光秀は信長を討ったのか 有名諸説を徹底検証!

続きを見る

変について、一益が知ったのは数日後のこと。
記録によって多少の誤差がありますが、6月7~9日あたりだったといわれています。

変の一件を周囲に隠すか。
あるいは堂々と発表するか。
多くの人ならば、前者を選ぶことでしょう。

しかし一益は、あえて周辺の諸将にこのことを知らせ、

「某(それがし)はこれから上方に帰り、信雄公・信孝公をお守りして主君の仇を討たねばならない。
もしこの機に乗じて一益の首を取ろうというなら、遠慮なく来るがいい。
某はこれから北条勢と決戦してでも上方に向かう」

と宣言した……なんて話が、いくつかの書物に出ています。

が、これはさすがに潔すぎるというもの。
小泉城(群馬県大泉町)の主・富岡秀高に対しての6月12日付けの手紙で「別段変わったことはない」と書いています。

おそらくは、日頃の一益の態度が好ましかったからこそ、このような潔い話が作られたのでしょう。

 

命からがら関東甲信越を脱出

むろん、信長が死ぬという一大事をいつまでも隠し通せるものではありません。
滝川一益は織田家の安全圏に戻ろうとします。

案の定、近隣の沼田城は、武田氏の旧臣・藤田信吉に攻められ、さらには後北条軍が上州に侵攻してきたり、周囲の状況は一変。
一筋縄ではいきませんでした。

藤田信吉については鎮圧できたものの、北条家となればそう簡単にはいきません。
戦闘の結果、滝川軍に500人以上もの犠牲が出ています。

一益は彼らの供養をした後、上州の人々に別れを告げて宴を開き、この地を離れました。

道中、木曽郡の木曾義昌に通行を拒否されながら、滝川一益が「人質を出そう」と申し出たため、なんとか丸く収まっています。
そして6月末に清洲で三法師(のちの織田秀信・信長の嫡孫)に挨拶を済ませると、7月1日頃に伊勢に戻ってきました。

不運にも、この間、6月27日に行われた【清州会議】には参加できておりません。

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

当然ながら、一益の立場は悪くなってしまいます。

武田家旧領を担当していた河尻秀隆が、本能寺の変を知った武田旧臣らによって殺害されていることを考えると、無事に帰れただけでも御の字なので仕方ない話なんですけどね。

これも天運の一つなのでしょう。
ともかく信長の後継者争いで羽柴秀吉に先手を取られると、その後、大徳寺で催された織田信長の葬儀からは閉め出されてしまうという有様。
一益は、織田信孝柴田勝家と結び、これに対抗しようとします。

他の重臣たち同様、滝川一益も古くから信長に仕えてきていますから、仇を討ったとはいえ秀吉に出し抜かれたのは、さぞ悔しかったでしょうね。
一時期は、ほぼ同格に扱われていましたし。

しかし、秀吉の勢いはあまりに凄まじいものでした。

 

秀吉に屈服し小牧長久手へ

賤ヶ岳の戦い】を経て柴田勝家と織田信孝にそれぞれ切腹という処置が下されると、一益はそれから二ヶ月ほど粘って降伏。
最終的に北伊勢五郡を差し出します。

賤ヶ岳の戦いで秀吉と勝家が激突! 勝敗を決めたのは利家の裏切り?

続きを見る

さらに頭を丸めて出家し、丹羽長秀のいる越前での蟄居を選びました。
清々しいほどの引退ぶりですめ。

しかし、だからといって楽隠居……とはならないのが戦国時代。
その後、秀吉と徳川家康織田信雄の溝が深まると、一益は秀吉の要請に応じて戦場へ復帰せざるを得なくなります。

そのため、天正十二年(1584年)の小牧・長久手の戦いにはじまる一連の戦に、秀吉側で参加しています。

蒲生氏郷堀秀政らと共に、勝手知ったる伊勢方面へ出陣し、かつてタッグを組んでいた九鬼嘉隆などを内応させると、その後いくつかの城を奪い、しかし家康・信雄の主力軍に奪い返され、逆に追い込まれます。

一益はここでも半月以上粘りまがら、最終的には降伏しています。
秀吉は一益らの救援を考えていたようですが、間に合いませんでした。

その後、秀吉は織田信雄と電光石火の和睦を結び、拳を振り上げた家康は行き場をなくして失速。

滝川一益に対して秀吉は、次男に一時家督を継がせて1万2000石を、一益本人にも隠居料として、3000石を与えます。
以前「一益に1万5000石を与える」という約束をしていたため、敗戦の責任を加味してこのような処分にしたようです。

なお、一益と共に家康らと戦った長男・滝川一忠は追放処分となり、その後はどこにも仕えず生涯を終えたとか……。

 

子孫は血脈を保っている

当時、滝川一益は60歳でした。
還暦でもあり、戦国時代にしてはかなり長生きの部類です。

秀吉は天文六年(1537年)生まれなので、一益のほうが一回り以上年上ということになります。
以前にも自ら出家した殊勝さと、老い先短い身であることを考慮して、秀吉は滝川一益を厳罰にはしなかったのでしょうか。

その後は信長の時代と同じく、後北条氏や佐竹氏など、関東の大名との連絡役を担当していました。
また、秀吉を招いて茶会を催したこともあったようです。

亡くなったのは、天正十四年(1586年)9月9日。
享年62でした。

信長時代からの武将としては、比較的穏やかに最期を迎えたほうでしょう。

一益の子孫は、それぞれ違った形で存続しています。

長男・一忠は前述の通りで、その孫(一益のひ孫)が後に江戸幕府に召し出されて旗本となり、武家に復帰しております。

次男・一時の系統は、滝川本家として存続。
三男・辰政はさまざまな大名に仕えましたが、最終的に池田輝政のもとに落ち着き、その子孫は岡山藩士となりました。

四男・知ト斎の子孫たちも、岡山・鳥取の池田氏に仕えています。

これは、輝政の祖父・恒利が元々滝川家から養子入りしたこと、岡山・鳥取両藩の池田氏はいずれもその子孫であることなどが影響したと思われます。
また、彼の子孫は医師の家として存続しており、現在も末裔の方がクリニックを開いておられるようです。ネット上では話題になった滝川クリステルさんは関係ないでしょう。

江戸時代以降、滝川家の人々が歴史の大舞台に出るということはありません。
それでも子孫がきっちり存続しているということを考えれば、一益も十二分に”勝ち組”ではないでしょうか。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『織田信長家臣人名辞典(吉川弘文館)』(→amazon
滝川一益/wikipedia

 



-織田家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.