絵・富永商太

織田家 信長公記

信長とホームレス~常磐御前を殺め呪われた一族を救え 信長公記122話

激戦だった前回の【長篠の戦い】から一転。

長篠の戦いで信長の戦術眼が鬼当たり!真の勝因は土木工事? 信長公記121話

続きを見る

今回は、信長の日常がうかがえる……かもしれないお話です。

あるホームレスとその集落の民たち、そして信長との興味深いエピソードが『信長公記』巻八に記されております。

こんなお話でした。

 

常磐御前を殺した報いで障害がある

美濃と近江の国境・山中(やまなか)に、身体に障害を抱えたホームレスがいました。

性別は書かれておらず、ここでは仮に「彼」と呼ぶことにします。

山中は中山道の宿場でしたので、織田信長も京都への往来でこのあたりをよく通っておりました。

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

そのたびに彼が毎回同じところにいるので、信長は不思議に思い、近隣の者に尋ねました。

「普通、ああいった者はあちこちへ移動するものだが、なぜあやつはずっとあそこにいるのか?」

「あの者の祖先が常磐御前を殺したので、その報いを受けているのです。代々生まれつきの障害を持ち、あそこでその日暮らしをしています。このあたりでは”山中の猿”と呼んでいますよ」

常磐御前というのは源義朝の側室で、源義経の母親でした。

源義経31年の儚き生涯まとめ! 兄・頼朝とすれ違い続けた悲しき英雄とは

続きを見る

この地を常磐御前が訪れたのは、京に残してきた義経(当時は牛若丸)が東国へ向かったと聞き、後を追う途中だったとか。

そして山中で賊に襲われて命を落とした――そういわれています。

常盤御前(歌川国芳)/wikipediaより引用

現代でも、山中の地には常磐御前の墓がありますね。

他にも常磐御前の墓とされているものはあるので、事実かどうかは不明ですが。

 

「”猿”のために小屋を建ててやってほしい」

信長は、この話を聞いたときはそのままにしておいたようです。

しかし天正三年(1575年)6月26日、急いで京へ向かう途中で、山中に立ち寄りました。

そして「町の者は男女問わず、全員集まるように」と命じます。

信長が【比叡山焼き討ち(1571年)】や【長島一向一揆(1574年)】などで苛烈な処断を下してから、まだわずかな期間しか経過していない頃。

「できるだけ関わりたくない」と思っている者は少なくなかったでしょう。

町人たちが恐る恐る出向いていくと、信長は思わぬ行動に出ました。

木綿二十反を渡し、こう告げたのです。

「この布を売り、その代金の半分で、”猿”のために小屋を建ててやってほしい。それから、近くの者は年に麦を一度、米を一度分け与えてやってくれれば、信長も嬉しく思う」

あまりの意外な情けに”猿”本人はもちろんのこと、町人たちも驚嘆。信長に感謝したといいます。

これには信長の御伴たちも感涙し、”猿”のためにいくらかの米や銭を出し合ったのだとか。

 

舞台が関ヶ原町であることと何らかの因縁が?

当時、木綿は国内生産が始まったばかりで、庶民がしょっちゅう手に入れられるものではありませんでした。

日本の戦国時代では、三河である程度の規模の栽培が始まっていたらしいので、信長はそこから手に入れたのでしょうか。

大河ドラマ『おんな城主 直虎』で、井伊直虎の先導により木綿栽培を手掛ける場面がありましたね。

おそらく、小屋を建てるくらいの費用は簡単に作れたでしょう。全額を”猿”のために使えと言わず、半分というあたりが心憎い配慮です。

町人たちだって、自分らに何らかのメリットがあれば、働きやすくなるでしょう。

この話は後日談がないので、町人たちがその後もずっと”猿”を養ったかどうかはわかりません。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-織田家, 信長公記

© 2020 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)